ピクシブ百科事典

日本刀

にほんとう

日本固有の刀剣のうち、平安時代中期以降に作られた一定の様式のもの。
目次[非表示]

概要

日本の刀剣類のうち、日本独自の作剣法にもとづいて製作された、一定の様式のの総称。長いものは太刀打刀、短いものは脇差あるいは短刀と呼ぶ。

特に代名詞といえるのは打刀であり、日本刀と言えば大抵打刀を指していると言っても過言ではない。また、打刀はしばしばと略称される。
本来このというものは、厳密には刀剣類の内、斬撃用の刃先が刀身の片方のみにある刀剣を示しているのだが、英語圏やサブカルチャー界隈では、刀(KATANA・カタナ)=日本刀と定義されることが多い。とくに後者の場合は、例え片刃の刀剣であってもそれが非日本的あるいは西洋的と解釈されれば片刃の○○或いは片刃○○(○○には剣や刀などが入る。)と呼称され、しばしば日本刀とは別枠として分類される。

タグとしては和風もしくは片刃刃物等の含まれる作品にも付けられる傾向がある。

特徴

刃が片方にあり、刀身が反った「曲刀」に分類され、刀身と柄が一体成型ではなく、柄に差し込んだ刀身の一部(中茎)を目釘により固定する。(薙刀はもちろんのこと、日本式の槍も反りがないことを除けば同様の構造である。)

切れ味が良く、細身で長さの割に軽い(とはいえ鉄の長刀なのでそれなりの重さがあるが)。
細く長いにもかかわらず独特の鍛造工程により極めて丈夫にできている。日本では、この日本刀の使用を前提に独特の剣術(剣道)や抜刀術(居合)が発達した。

中国でもその切れ味を古くから知られ、多くの日本刀が輸出され実際に明王朝後半には武器として使われた。「日本刀」という名称も、欧陽脩の詩「日本刀歌」に出てくるのが初見とされる(詩の主題は日本刀ではなく、日本にしか残されていない中国の古典籍だが)。刀剣を美術品として観賞する習慣のなかった中国では、日本刀は実戦に供され使い潰されてしまったのか、確実な伝世品は伝えられていない。

ただし、倭寇(後期倭寇)による被害が大きかった明朝では、対策のために戚継光などが日本の兵法の研究を行い、その一環で日本刀を模した「苗刀」が作られ、剣術も込みで中国武術の一部の流派に採り入れられている。

利用(主に打刀・太刀)

戦時

実際の戦場での用途は、(南北朝の動乱から使われ始めた大太刀長巻を除けば)主要武器の弱点を埋める補助兵器であった。平安~室町時代の主兵装は騎馬武者及び歩兵の戦国時代にかけて足軽が主兵装となり、安土桃山時代には鉄砲が主兵装となっていく。刀剣は携帯性が良いという特性から、洋の東西問わず補助・予備的な立ち位置に付くことが多かったが、使う前に自身が戦闘不能・戦闘そのものが終了する可能性を考慮すれば主兵装と比べ使用率は低くくなったであろう。とはいえ主兵装だけでは対応できない場面もあるため、その備えとして武士や足軽・雑兵関係なく多くの兵士が携帯していた。

(山がちな起伏の激しい土地では、ピュドナの戦いやテルシオ成立以前のスペイン歩兵などのように間合いの長い長槍よりも小回りの利く刀剣の方が有用であった例もある。また、スイス傭兵などは方陣を組んだ長槍兵の最前列から数列目までの兵士は乱戦に備え刀剣を携帯していた。ただし、これらは海外の例なので差し引いて考える必要もある。他には、16世紀後半に日本を訪れたカトリック司祭パードレ・ガスパル・ビレラ曰く「(日本の合戦では)双方まづ矢を放ち、更に近づきて槍を用い、最後に剣を交ふ」としている。)

なお、トーマス・D・コンラン氏(『日本の史的構造(古代・中世):南北朝期合戦の一考察』)は南北朝の乱に起きた合戦における戦死・負傷の記録を調べた結果、全体的には弓矢による傷が一番多く、太刀(薙刀含む)による傷は、戦乱が最も激しい時期でも4割に満たないが、戦死者と負傷者の割合においては、矢傷は20対80、太刀傷は53対47、であり(槍傷は負傷が一例のみ・石礫は効果なし)
弓矢こそが南北朝期におけるもっとも重要な立場にある武器だったとしながらも殺害効率は太刀に劣ると評した。

また、戦国時代においては小和田哲男氏(『戦国の合戦』)は鉄砲伝来後の合戦における負傷記録を調べ、槍傷、鉄砲傷、矢傷に比べて刀傷の記録がないことを示し、刀の主な用途は敵の首を確保することであったろうと評している。
(ただし、これらの負傷記録は軍忠状や手負い注文などのように、戦場から生還した兵士たちの自己申告が中心であり、その申告も士分のみで、基本的には片方の軍勢のみを記載した記録である。手負い注文状や軍忠状は史料としては一級品だが、合戦の情報は断片的なモノでしかない。また首を確保するのは後述にもあるが主に馬手差しや短刀などの役目であることにも注意しなければならない。)

平時

一方、特に江戸時代以前は、法律や治安組織が極狭い範囲でしか機能していない自力救済の時代であり、強盗・野武士の略奪や敵対勢力による暗殺はもちろんのこと、些細なもめごとでも刀傷沙汰(あるいは村同士の水場・境界線争い)に発展することも少なくなく、当然、襲撃側もそれを持ち込んでくることは珍しくなかった。(このほか、社会的地位のある者が粗相を犯した目下の者や罪人の対する処罰にも使われた。これらは治安が安定した江戸期でも行われた。)
そのため一定年齢に達した武士の男児は枕元に太刀を置き襲撃に備え、さらに武士だけでなく商人や百姓も場に応じ、武器(刀剣)を携帯する必要性があり、日常の護身としても(体面を保つ武器としても)重要だった。
また後述もするが、戦国時代ごろになると成人した男は、武士でなくとも一本の脇差か打刀あるいは、その両方を差す風習も生まれた。
江戸時代以前は武士のみならず民衆にとっても、刀剣は大切な役目を持っていたのである。

(ちなみに、村同士の抗争・合戦のために、刀や脇差だけでなく、槍・薙刀や弓矢や鉄砲も所持する場合も多かった。特に弓矢・鉄砲・槍は害獣駆除にも使われた。)


その他

ごく一部の高級品は、拵えや刃文(刃紋)等が評価され、美術的価値も高い。鞘や柄などの拵えだけではなく、刀身そのものが芸術品としての価値を持っている。こうした物は、寺社に奉納されるか大名などに所有され続けるかで実戦で使われなかった物も多く、現在まで伝わり文化財に指定されている物も多い。

実用品は大量生産された物(数打ち)も多い。近代になって軍刀用に作られた「昭和刀」の大半はこのような品である。大量生産品の日本刀も、美的にはともかく、武器としての資質は古刀に決して劣るものではない。古くから伝わる著名な刀でも、同田貫のように、切れ味は良く頑丈でも外見が悪いと評価されない例がある。

歴史

古代の西日本における刀剣は大陸からもたらされた作剣法に基づいて製作され、反りのない片刃の直刀(ちょくとう)が使われていた(両刃の直剣もあったが、当時の中国と同様に主流ではなかった)。日本固有の作剣法に基づいて製作された日本刀が発生したのは平安時代頃のことである。日本刀の成立には、東北地方北部から北海道に住んでいた蝦夷が使っていた蕨手刀が影響していると考えられている。平安時代から鎌倉時代にかけての戦闘は騎馬武者同士の騎射が中心であった為、接近戦に備える武器として日本刀(以下、「刀」と表記)が活用された。
(なお、鎌倉時代以降戦闘規模の拡大により騎射が上手ではない兵士が増加するとともに太刀での戦闘が増えたという説もある。)もちろん、補助の軽装歩兵もおり彼らは薙刀・太刀が主武器であった。

南北朝時代には、鎌倉時代とは逆に弓は徒歩の兵士が主に使い、馬上での白兵戦が主体となる。馬上で使用する太刀を発展・長大化させた「大太刀」が流行、さらに大太刀から、その柄を延長して操作性を改善した「長巻」が派生したりといった変化もあり、野戦での威力を重視して武器が長めに作られるようになった。

室町時代(室町時代中期)には、南北朝時代で使われたような長大な太刀の使用は激減、一旦は定寸(約69㎝)と呼ばれるサイズに落ち着く、その後戦国時代に突入すると南北朝時代でも流行した足軽と呼ばれる軽装歩兵のゲリラ戦が主体になったためかどうかは知らないが、「片手打ち」と呼ばれる短寸の刀がおおくなった。戦乱が激化し軍勢の規模が拡大した戦国時代後半~江戸初期にかけて再び長くなっていき、定寸よりやや長めの直刀に近い刀が流行した。

文化面においては、武士以外の庶民にも武装が普及して、宣教師に「成人男子は全員帯刀している」と報告されるほど広まった。もっとも、刀の品質は様々であり、品質の悪い量産品や、高級品でも実戦向きの物はあちこちで使い潰されたため、伝世率は低い。

江戸時代には、もはや実戦で使われる事も稀となり、戦国時代より短めの一般生活に支障の少ない大きさに落ち着く。重い刀を差すのを嫌い、普段は竹光を持ち歩く侍も多かった。上意討ち・仇討ち・闇討ちなどでは鉄砲も槍も持ち出すのが難しいため、刀が主な武器として使われた。また、これまでに作られた刀の(主に美術品としての)評価が最終的に固まったのもこの時期である。

幕末には刀が武器として注目され、中世風の長い刀が一時は流行するが、長過ぎると狭い場所での戦闘では使い辛い事が判明し、再び適度な長さに戻る。狭い市街地や屋内での戦闘をこととした新撰組や攘夷派の志士は刀や短槍で戦ったが、広い場所での野戦になると銃には対抗できるわけもなく、戊辰戦争で会津藩・新撰組・彰義隊などが敗北していくのとともに、刀も槍もろとも退場して行った。

ただし、帯刀が禁止されても多くの家では行事に使う刀を所有し続けたし、昭和に入ると軍刀として従来のサーベルに代わって日本刀が使われるようになり、実戦用の武器として日本刀が大量に製作された。一般に目にしなくなるのは第二次大戦後の大々的な(銃器・槍含む)没収による。

現在では、刀は伝統的工法のものしか製造・所持できず、所持は最寄りの市町村の教育委員会に届け出る必要がある。

思想・文化(伝承・伝説含む)

日本では古来より、剣には悪しきものを祓い断ち切る力があるとされてきており、神道において八百万の神の中には剣にまつわる神々が、武神守護神として存在している。
古事記日本書紀にある日本神話の時代には、布都御霊剣天叢雲剣などの神剣霊剣が存在し、それらを振るった須佐之男命建御雷之男神神武天皇日本武尊など、英雄の逸話が伝えられている。
現在も、一部の神社では、刀を御神刀として祀る習慣がある。

現代いう日本刀の成立は、平安時代、すなわち武士の成立とほぼ同時期であった。武家の棟梁たちは、代々名刀を珍重して伝え、名刀には伝説が伴う。例えば童子切安綱は源義光酒呑童子を切った刀と伝わり、渡辺綱が一条戻橋のを斬ったという髭切は源氏の棟梁の象徴とされた。

「刀は武士の魂」とは言われることがあるが、この言葉自体は近代に生まれた言葉とも言われている。先述の通り実際には鎌倉の武士の武術は「弓馬の道」、戦国時代の功名の代名詞は「槍働き」である。
中世の太刀・打刀はあくまでも戦時では、槍薙刀や弓の弱点を補填する補助武器であり、平時では護身(あるいは凶器)であった。同時に武士・非武士問わず成人男子にとっての精神的支柱的な道具としての面もあり、特に非武士同士の抗争では相手の刀(または脇差し)を奪うことは重罪であった。 しかし、戦国時代後期から江戸時代にかけて各大名から施行された刀狩り、及び豊臣政権や徳川幕府が制定した喧嘩停止令によって庶民が武装を失い、武士も実際に所持する武装は刀だけとなったことで、刀は武士の象徴となっていったと考えられる。

しかし実際にはこれらの法令・政策は徹底的なモノとは言えず、実質的に無許可の携帯所持、一揆への持ち出しが禁止されただけで多くの武器(当然無許可の物も含む)がまだ庶民の家に残っていたといわれている。江戸中期以降には大金を払えば、商人や百姓でも苗字、帯刀できるようにもなった。

主な日本刀

【修正版】刀の分類(短刀、脇差、小太刀、打刀、太刀)


現代においてと言えば大方は、打刀(うちがたな・うちかたな)の事を指す。
しかし戦国時代頃までは太刀が一般的であり、武功やそれに関する慣用句などには太刀が付くことが多い。 (例、太刀打の功名、一番太刀打)

以下は現代日本におけるおおまかな分類を記す。

太刀・打刀

どちらも刃渡り(刀身の長さ)が二尺(約60cm)以上三尺(約90cm)未満の物を指す。

基本的に太刀の方が長く他にも細かな違いはあるが、刀身自体はどちらも日本刀である。そもそも太刀・打刀は、刀身と拵えが別である。単純なパターン分けだけでも「刀身太刀」「刀身打刀」×「太刀拵え」「打刀拵え」で4パターンある。実際に、昔ながらの長い太刀の刀身を室町時代以降に刷り上げ打刀拵えに作り変えた例がみられる。

太刀拵えはストラップみたいにぶらさげ(刃を下向きに佩くという)、打刀拵えは刃を下向きにして「帯に差す」。ゆえに太刀の鞘には「一の足」「二の足」「帯執」というぶらさげパーツがついている。

太刀は打刀よりも全体的に刀身の反りが深い傾向にある。また、太刀の方が歴史が古く、先の方が両刃になっているから刀へ移行する過渡期に制作されたと言われる物もある。
一般的に打刀は切れ味を重視した構造で刃こぼれしやすく、太刀は頑強に作られている反面、その分切れ味は打刀に劣るとされ、「剃刀」と「出刃包丁」に例えられるが、
誤りであり、原型こそ太刀と少し異なるものの大した差異はない。単に戦乱期に造られたか安定期に作られたか、新品か中古品かの違いであり、安定期に造られたものや使い古された物は太刀も打刀も幅狭で薄い。

大太刀

刃渡り三尺以上の物を指し、「野太刀」とも呼ばれる。
当時の日本人の体格等から実戦で使いこなせる者は少なく、力や権威を誇示したり神に奉納したりといった目的で作られた物も多かったとも考えられている。このあたりは巨大武器的な側面を持つと言えなくもない。
よく誤解されるが斬馬刀とは別物。

脇差(わきざし)

刃渡り一尺(約30cm)以上二尺未満の物を指す。名称は打刀の方を「本差」とした場合の脇に差す物である事から。
携行する場合は打刀とほぼ同じで、本差と両方を差している姿を「二本差し」とも呼びこれは武士そのものの別称の一つとなっている。
「本差が折れた時等の際のスペア」・「本差と併用しての二刀流」・「いざという時の切腹(自害)用」・「病気等の魔除け」・「成人男子の印(江戸期以前)」等、その存在の意味合いは多い。

小太刀(こだち)
簡単に言えば「脇差にしては長いが、二尺未満で打刀より短い」刀。定義は曖昧だがサイズからすれば脇差に分類され、「長脇差・大脇差」とも呼ばれる。
その短さから護身用的扱われ方が多く専門の術技も在り、剣道大会等でも演舞を普通に見ることが出来る。
また江戸時代に武士以外では刀と脇差の併用、および市街地での帯刀が禁止されていたため、侠客(つまりヤクザ)等にとっては合法的に持てる最大の武器として「ドス」と呼んでこれらで武装していた。

短刀

刃渡り一尺未満の物を指す。馬手差しとも呼ばれる場合がある。主に民間人や女性が扱う懐刀・道中差が有名だが、中世の戦場においては敵兵の首を切断し首級を確保したり耳や鼻を削ぐことに重宝された。これらは戦場での活躍の証拠であり、これらを献上することにより位が上がったりご褒美をもらうことができた。(ただし、一定未満の階級の者が首級や削いだ鼻・耳を献上した場合や死体や女子供の物を確保しても手柄になり難く、むしろ後者は処罰の対象になる場合もあった。)

日本刀の構造の種類 (鋼の簡単な分類:硬・中軟・軟)※ある人の文献参照

 ・無垢(丸鍛え):平安の時代から、日本刀の基本は無垢(という説もある)。但し、その古い鋼の作り方、鍛錬の仕方は、現在完全に失伝している。現在の日本刀の製造方法の多くは、戦国以降、とりわけ新刀、幕末新新刀の製造方法なのであり、国宝の刀剣類の製法である古式鍛錬ではない。
 ・割り鋼:を硬、残りを中軟
 ・まくり:、刃を硬、心鉄に軟、さらその心鉄の中に中軟
 ・甲伏せ:刃を硬、心鉄を軟
 ・本三枚:刃を硬、鎬、心鉄を軟
 ・四方詰:刃を硬、鎬、棟を中軟、心鉄を軟
 ・三枚合わせ:鎬を中軟、棟、刃を硬
 ・折り返し三枚:刃を硬、鎬を中軟、心鉄を二つにして軟

隕鉄を使用して鍛えた刀

隕鉄を使用して鍛えた刀は隕石に含まれる鉱物(主にいろんな鉱物を含む隕鉄)で作り上げた刀である。ちなみに隕鉄を使用して鍛えた刀の正式な一般名詞はまだ無さそうである(文部科学省の中の人は隕鉄を使用して鍛えた刀の一般名詞を考えてみてよ!)。
有名な物には明治時代に榎本武揚が刀工である岡吉国宗に製作を依頼した隕鉄を使用して鍛えた4振りの刀が存在する。岡吉国宗によって製作された「4振り全てに対して榎本武揚がつけられた称」が流星刀である。あくまで(いわゆる呼び名だよ!あだ名じゃないからね!)で刀の号(固有の通称・刀工の名称)ではないので注意してね!
現代では刀工である吉原義人が製作した天鉄刀が存在する。
ちなみに大野裕明が依頼し刀工の藤安将平が製作した隕星剣(隕星剣は両刃の剣である。こちらも号じゃなくて称かな?)がある。
隕石の鉄である隕鉄は入手困難で原材料が高いからあんまり長いのは存在しないんじゃないかなぁ・・・。

刀のイメージ

下記の番組を始めとした人気時代劇の多くは打刀が主流である江戸時代を舞台にしており、それがイメージに影響を与えていると推測される。

 

使い方

基本的には騎乗の場合は片手、徒歩の場合は両手で扱う場合が多い。たまに二刀流を用いることもある(二刀流は多くはないが、二本装備する事自体は普通であるし、補助的な扱いではあるが二刀流を扱う流派は少なくない)。
ほとんどの刃物に言えることだが刃筋を立てないと立てた時と比べ切れ味が減衰し破損しやすい。しかし達人でも実戦では刃筋を立て続けることは困難だという。
また、よく言われる切断対象に対し当たってから意識して引いて切るが正しいだの、日本刀同士の戦闘では刃で受けず鎬で受け流すものだのといわれるが、(古武術の)流派によって異なるため正しいとも誤りともいえない。(さらに、たとえ同じような動作であってもそれを行う理由が、流派ごとに異なる場合がある。)
しかし、今ある多く流派も江戸時代に成形されたものも少なくない上、それ以前の時代の成立したモノでもどちらかと言えば金と暇がある人向けで、中世の剣術(武術)は誰もが習えるような普及している技法とは言い難かった。
そのため中世の平均的な刀法は不明ではあるが、防御法に関しては江戸時代以前から存在する戦に関連した「鎬を削る」「火花を散らす」という慣用句が存在するがいずれも刃で受けるという前提から生まれた言葉でもあり、古流剣術では単なる受けを避ける傾向が強いため、逆説的に書けば鎬で受け流す・回避する方法より刃で直接防御をする方式が主流だった可能性が高い。また、古流剣術の中には鍔迫り合いを忌避する流派も多いことから、こちらも鍔迫り合いをする(してしまう)のは珍しいことではなかったのかもしれない。
(時代が異なるので差し引く必要があるが、元新選組だった斉藤一によれば「実際の乱戦では刀を振り回すのが手一杯であり、突きも仲間に言われなければなかなか入らず、技を使うことも困難であった。気が付けば相手が倒れていたという有様だった」と回想している。)

よく知られているもので「峰打ち」がある。峰打ちは固い物に棟(峰)でぶつけた時は叩いた時に刃が耐えられずに刀身が開いてしまう。弾く時に峰打ちをするとぶつけた時と加わる力が違い、刀には力が加わらない為、棟に傷があるものがよくある。

一方、鎧で武装した兵士同士の戦闘では、一般に言われるような時代劇のようなチャンバラでもなく、だからといって甲冑の隙間を単に突き合ったわけでもないようである。

根拠としては、兵法書である『雑兵物語』には、「(無防備な)手足を狙って切れ、真っ向(ここでは甲冑部分)を狙うな」と、注意書きが文体を変えて二回登場し、比較的信頼性の高い「太平記」「平家物語」「信長公記」などの軍記物からは膝を切る、兜の鉢を打つ 腕を切ったなどの記述が多くみられること、柳生心眼流の甲冑剣術も敵が切り付けてくる(打ち付けてくる?)ことを想定した技が多いことから、鎧のすき間や非装甲部分を斬突するだけでなく、甲冑越しから殴りつけたりするような非常に乱暴な使い方が多かったと思われる。

(刀剣では鎧は切れないので、有効ではなかったという意見もある。しかしそれは槍薙刀も同様である。また、中世の多くの兵士は財力の関係上、簡素な鎧で済まさざるを得ない場合が多く、四肢、とくに膝周りの防護は雑兵でなくとも軽装になりがちで、戦国時代には裸同然の兵士も中にはいた。介者剣術の演武などに見られるような甲冑を着用できた兵士はそれほど多くはなかった。)

さらに武術流派の天真正伝香取神道流の大竹利典師範曰く「鎧の縫い目をヒュッと斬れば動脈まで斬れる。首にほんの少し押し込めば半分くらいまで斬れる」と説明されている。
刀で最も斬れる個所は「ものうち三寸」、切っ先から数㎝がよく斬れ、試し斬りなどの映像を見ると切っ先で斬っているものが多い。
刀の切れ味にもよるが刃をただ手に置いただけでは斬れないが引いただけで刀の重さで切れてしまう。

関連イラスト

セーラー服と日本刀
【素材】日本刀用ブラシ


軍装の清盛
無銘の太刀と脇差



関連タグ

武器   薙刀 剣術 剣道 二刀流
 剣客 帯刀女子高生

記事のある日本刀

銘がキャラクター名に流用されることが多く刀の方が扱われてる作品を探すのは難しい。
天下五剣


あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行・わ行

他の記事言語

Japanese Katana

外部リンク

名刀幻想辞典
wikipedia
日本刀一覧 - wikipdia

pixivに投稿された作品 pixivで「日本刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19723427

コメント