ピクシブ百科事典

時代劇

じだいげき

明治維新前後より前の日本が舞台の創作作品。
目次[非表示]

時代劇とは、創作におけるジャンルの一つである。

解説

主に【近世前後の日本を舞台とした物語】を指す。実写アニメ漫画演劇などを包括する。小説については『時代劇』ではなく「時代小説」と呼ばれることが多いが、このジャンルに包括して考えることができるであろう。

戦国時代明治維新辺り(特に文化・文政期の江戸幕末)を舞台としたものが多く、南北朝時代以前や明治時代中期(西南戦争)以降を題材とした作品は『時代劇』というより『歴史ドラマ』とカテゴライズされることが多い。西郷隆盛大久保利通ら幕末と明治にわたって活躍した人物が登場する作品など、このジャンルに含まれるか曖昧な作品も多い。

『時代劇』に分類される物語に多く見られる特徴

  • 戦国時代明治維新前後までの日本を舞台としている。
  • 時代背景に沿った設定・シナリオで物語が動く。
  • 特定の人物よりも、集団や事件を中心に物語が進む。

……等々(無論、例外は数多くある)

作品一覧

実写

※原作は小説・漫画・演劇など他ジャンルのものであることが多い。


演劇

国定忠治

アニメ・漫画

※実写化されたものもある
赤胴鈴之助 あんみつ姫 アッパレ戦国大合戦(クレヨンしんちゃん) 一休さん 犬夜叉 江戸の検屍官 影武者徳川家康 義風堂々!!直江兼続 公家侍秘録 シグルイ どろろ 信長の忍 バガボンド バジリスク〜甲賀忍法帖〜 花の慶次 へうげもの まんが水戸黄門 ムカデ戦旗 無限の住人 もののけ姫 るろうに剣心

ゲーム

鬼武者 がんばれゴエモン 戦国BASARA 戦国無双 信長の野望 薄桜鬼

特撮

仮面の忍者赤影 変身忍者嵐 快傑ライオン丸 風雲ライオン丸
白獅子仮面 魔人ハンターミツルギ 未来忍者

テレビ時代劇・絶滅の危機

実写時代劇については、大道具・小道具等の制作や調達の困難化、開発による日本の景観破壊によりロケ地の確保が困難になったことなどから、時代劇の製作数は先細りの傾向にあり、「時代劇作りのノウハウが失われている」という声も多数存在する。
特に中心的な視聴者層の高齢化は極めて深刻であり、1996年に発売された必殺シリーズサウンドトラック(オリジナル・サウンドトラック全集15)のジャケットの作品解説(必殺仕事人Ⅳ)にも、冒頭で「時代劇が完全に高齢者向けになってしまった現在では考えられないことだが、(以下略)」と書かれており、既にそれ以前から時代劇の衰退は始まっていたのである。

実際、時代劇に使用された舞台セットの制作技術・技法は非常に緻密かつ高度なものが多く、CG技術では補い切れないリアリティある質感を表現することが出来ることから、技術の喪失を惜しむ声は多い

さらに時代劇はフィルム撮影ならびにVTR撮影からハイビジョン撮影に移行する際に画質による違和感が出てくる事も散見された。これは前者が単にSD画質だからハイビジョンにそぐわないというわけではなく、むしろそのなのである。特に夜のシーンの撮影だとくっきりしすぎてしまう等リアリティや迫力に欠ける画になってしまうのである。
そこでハイビジョン化が進んだ現在では時代物ドラマではフィルム撮影の質感を再現する補正が加えていたりする。

近年、地上波テレビ放送を前提とした新作時代劇は少なくなり、新作はBS映画へと移行する傾向がある。内容も勧善懲悪の作品は少なくなり、現代人がタイムスリップしたりその時代に存在しないものを登場させたりするなど特殊な設定のものが多い。(例:JIN-仁-)なお、アニメについては映像表現やロケ地等の制約がなく、若年層への訴求力が期待できるとあって、近年はアニメによる時代劇の制作がむしろ盛んである。

ライトノベル業界ジンクス

ライトノベル業界では「ラノベに時代劇は無理」というジンクスが存在する。
これは単純な迷信と言い得ない、ラノベ特有の事情も絡んでいる。

  • 時代劇である以上、時代考証や当時の文化への理解は不可欠。
    • その点を理由とした時代劇・歴史作劇ファンからの厳しいツッコミの想定。
  • 時代劇特有のお約束(人情劇、勧善懲悪、「雨降って地固まる」の筋書き)への許容の可否。
    • 上記を手堅く守るとシナリオの自由度が低くなるデメリット。
  • 時代劇そのものに対する認識が芳しくない。
    • 「古臭い」「テンプレートで味気ない」「意外性に欠く」といったマイナスイメージが拭えない。

上述の要素は、読者としてターゲットにする多感な時期の青少年にはいささか窮屈で刺激が薄く、奇想天外でファンタスティックな冒険活劇バトルアクションと比べてると、どうしても堅苦しく感じてしまう。
また書き手も、上述の条件(特に時代考証にかかわる箇所)を「ある程度は」守って書いていかなければならないため、自由な発想と奇抜なアイデアを採用しづらい。何より描く時代に対する豊富な知識を要求される。

つまり書き手にも読み手にもある程度の教養が必要になり、決して読書素人が気軽に取り付ける題材とは言い難い側面が、ラノベの題材にする際に大きな壁となっている。

2017年から大きなムーブメントを巻き起こした蝸牛くも氏の『ゴブリンスレイヤー』も、元は氏が執筆した『天下一蹴今川氏真無用剣』の代案としてやる夫スレで執筆していた当作が起用されたという経緯があり、少なからず「時代劇のタブー」が出自にかかわっている。

関連タグ

歴史 殺陣 
悪代官 山吹色の菓子
西部劇・・・アメリカの時代劇
エンターテインメント作品のジャンル一覧

関連記事

親記事

演劇 えんげき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「時代劇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2976826

コメント