ピクシブ百科事典

一休さん

いっきゅうさん

「一休さん」とは昔話を元にしたテレビアニメ、またはその主人公のこと。
目次[非表示]

「あわてない あわてない ひとやすみ ひとやすみ」
CV:藤田淑子(2012年に放送されたテレビドラマ版でもナレーションとして参加)

概要

1975年10月から1982年6月にかけて(NET→)テレビ朝日系列局ほかにて放送された。全296話。
アニメーション製作は東映動画(現在の東映アニメーション)。
最高視聴率は関東で27.2%、関西で42%を記録している。
今でも懐かしなアニメ特集では、常連で古き良きジャパンの大人気作品である。

その人気ぶりから、1985年から2012年の間に四度の実写化がされている。全てフジテレビ系列局にて放送された(ただし放送されなかった系列局もあったが)。

内容

日本の禅僧・一休宗純の子供時代の説話とされる昔話『一休咄』が元になっている。

殿様「毎晩夜になると、屏風に描いてある絵の中から虎が飛び出してくる。どうにかして捕まえてくれ」
一休「お殿様、屏風の後ろに回って虎を追い出してください。出てきたらわたしがすぐに捕まえます!」
殿様「・・・そんなことはできない。実はお前を困らせようとしてついた嘘だったんだ。すまなかった」

この有名なエピソード「屏風の虎」に代表されるように
一休がユーモアたっぷりのとんちをきかせて様々な問題を解決していく。
基本的には痛快なギャグタッチのストーリーだが、一休が母親の言葉に傷ついて
自殺未遂をするなど、ときたまシリアスな展開になることもある。

ちなみに「屏風の虎」の話は禅問答をアレンジしたもので、一休さんのとんち話は禅問答とよく似たものが多い。なお、禅問答はとんち話に出てくる意地悪な無理難題以上に不条理さと意味不明な問答が多い。

関連動画

関連記事

親記事

昔話 むかしばなし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「一休さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 896515

コメント