ピクシブ百科事典

一寸法師

いっすんぼうし

一寸法師とは、日本の昔話の一つ。
目次[非表示]

概要

日本に伝わる昔話
室町時代江戸時代おとぎ話御伽草子』に書かれた物語の一つであり、か弱い小さな者が強大な悪を打ち破る話として現在も語り継がれている。

あらすじ

昔々ある所に、子供の出来ない老夫婦が居た。
二人が神に祈ると子供を授かる事が出来たが、生まれた子供は一寸(=3cm)しか無く、体も成長しなかった為『一寸法師』と呼ばれるようになる。
しかし身長が伸びなくとも、やがて彼は小さな体に負けない強い心の持ち主となり、武士になる為に旅へ出る事を決意した。

針を刀に、茶碗を船の代わりにし、一寸法師は京都を訪ね、公家の屋敷で働かせてもらった。
そして公家の娘と恋仲に落ちるが、そこにが現れて彼女を攫おうと迫って来た。
娘を守ろうとする一寸法師を鬼は嘲笑い飲み込んでしまうが、彼はその体内を針で突き回り、見事鬼に勝つ事に成功する。

降参した鬼は『打ち出の小槌』なる道具を置いて逃げていった。
娘が一寸法師の頭上にて小槌を振ると、彼の体は大きくなり、立派な青年の姿に変わる。更に小槌を振ると金銀財宝や食べ物が現れた。

彼は後にに招かれ中納言に出世し、娘と共にいつまでも幸せに暮らしたという。

補足

多くの地方にて長く広められた話である為か、書物によっては内容が異なる場合もあり『老夫婦に物の怪と思われ始めて一寸法師は旅に出た』『娘との恋を親が認めなかったので冤罪をふっかけて家出させくっついた』など、中には若干ブラックなパターンもある模様。
漫画鬼灯の冷徹』では後者のエピソードにより、「女をだまして手籠めにした」ことで地獄に落とされたものの、一寸法師自身が差別され続けていたこと、姫もまんざらではなかったことなどから情状酌量され、地獄の職員になったというエピソードになっている。詳細は一寸法師(鬼灯の冷徹)を参照。

なお、妖怪をテーマにした歌の本『狂歌百鬼夜狂』などでは、一寸法師は妖怪の一種としても扱われている。

関連タグ

物語 昔話 おとぎ話 御伽草子
 鬼退治 小人
日本 京都
名探偵コナン 親指姫 
少名針妙丸

pixivに投稿された作品 pixivで「一寸法師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 808223

コメント