ピクシブ百科事典

桃太郎

ももたろう

日本の昔話(民話)のひとつ。 桃から生まれた男の子「桃太郎」が、お供を連れて村を困らせる鬼を退治しに行く物語。
目次[非表示]

概要

桃太郎とは、日本の昔話のひとつである。
おばあさんが川で拾った巨大なから生まれた桃太郎が成長し、鬼退治に行く物語。
これをモチーフにした作品やキャラクターも多い。

物語

とある村に老夫婦が住んでいた。
ある日お爺さんは柴刈り(集め)、お婆さんは洗濯へと出かけた。
そして、お婆さんはから流れてきたとても大きなを拾い、手土産に家へと持って帰る。
その桃を割ってみると、なんと中から元気な男の赤ん坊が出てきたのだった。
二人はこの子を『桃太郎』と名付けて大層可愛がって育て、桃太郎も数年たたずにあっという間にたくましい少年へと成長していった。
その頃、村に頻繁にが出入りしてを荒らしまわっていた。
このことに憤った桃太郎は、鬼退治を決心し、彼らの根城である「鬼ヶ島」へと旅立つことにした。
それを聞いた老夫婦は、桃太郎のために武器衣装を用意し、またお婆さんはきびだんごを持たせてくれた。
道中、と出会い、きびだんごを与えてお供につける。
そして鬼ヶ島にて鬼たちと激闘を繰り広げ、見事勝利して彼らを改心させた。
彼らから反省の印として荷車いっぱいの財宝を渡され、桃太郎は無事に村に帰って幸せに暮らしたという。

原形

桃太郎の原点には諸説あり、その発祥の地も数多存在する。
有力とされるのは、第7代孝霊天皇の第3皇子彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと、吉備津彦命)、稚武彦命(わかたけひこのみこと)兄弟の吉備国平定における活躍と、岡山県(吉備国)の温羅(うら)伝説に由来するものとする説がある。ともに古代の大和政権と吉備国の対立構図を、桃太郎と鬼の争いになぞらえたとするものである。
つまり、鬼とは当時の地元民の抵抗勢力の隠喩であり、蝦夷などの古来民族を敵視する古事記日本書紀などの流れを組んだ部分が強いことを示唆している。

伝説

岡山県において広く語り継がれている伝説によると、鬼ノ城に住んで地域を荒らした温羅(うら)というを、吉備津彦命(きびつひこのみこと)犬飼健(いぬかいたける)楽々森彦(ささもりひこ)留玉臣(とめたまおみ)という3人の家来と共に討ち倒し、その祟りを鎮めるために温羅を吉備津神社の釜の下に封じたとされており、後に上田秋成が手掛けた読本『雨月物語』中の1編である『吉備津の釜』に登場する 、同神社の御釜殿(重要文化財)における鳴釜神事の謂われともなっている。一説では、この吉備津彦命の家来である犬飼健を『犬』、楽々森彦を『猿』、留玉臣を『雉』と見て、お伽話「桃太郎」になったとも言われている。

ちなみに、家来の1人である犬飼健は犬養氏の始祖で、五・一五事件で暗殺された犬養毅首相の祖先であると言われている。

余談

1.室町時代江戸時代までの桃太郎の原典では、文献によって内容の細部が異なっており、「桃太郎は川で拾った桃から生まれたのではなく、川で拾った桃を食べたおじいさんとおばあさんが若いころの体に戻り、その若くなった夫婦の間に生まれた」「桃太郎が怠け者でなかなか働こうとせず、渋々山へ柴刈りに行ったと思ったら怪力で柴の木ごと引き抜いて持ち帰ったせいで家やおじいさんとおばあさんが木に潰されてしまう」といった筋書きの物も存在する。特に「川で拾った桃を食べたおじいさんとおばあさんから桃太郎が生まれた」とするものは以前は「桃から生まれた」という現代でよく知られている話よりもメジャーであったとされる。これが逆転したのは明治時代になって教科書に載せる際に、子供が読む教科書に「ア~ン♡」な表現があるのは拙かろうということで後者のバージョンを採用したためらしい。

2.江戸時代には、以前「トリビアの泉」でも紹介された「桃太郎元服姿」を始め、いくつかの続編が書かれた。参考動画

3.太平洋戦争時の1945年昭和20年)に国策長編アニメ映画として『桃太郎海の神兵』が製作された。内容は鬼畜米英に占領された南方の島を開放するため、桃太郎率いる軍隊が南方の島にやってきて、現地の動物達に日本語を教えながら、悪い鬼に戦いを挑むストーリー。

4.現代(戦後)では桃太郎のような勧善懲悪の物語に対するアンチテーゼや後日談、一味加えた話しも多い。(→哀しき悪役)
桃太郎とは対照的に「泣いた赤鬼」のような、鬼と人が仲良くなるお話もある。

憎しみの連鎖


泣いた赤鬼
節分でしたね


また、とくに多いのが「鬼ヶ島に押しかけた桃太郎こそが悪者なのでは?」というもので、福沢諭吉はこの点で桃太郎を非難している。芥川龍之介に至っては、桃太郎一派が無抵抗の非戦闘員まで残らずうちのめし、猿は鬼娘を犯し宝物を残らず奪い去っていくという凄まじい虐殺を描き、ラストでは「復讐は単に復讐を呼ぶに過ぎない」という寓意も含めた地獄絵図をその筆致で描き出している。今でも鬼退治が暴力的なのでオブラートに包んだ表現に変えたものもあれば、作中の諸所が時代にそぐわない型通りなものという批判もあれば、今どきの青少年像という時代を反映してか、上述した「実は怠け者だった」とする人物像を加えたものもある。

5.最近では桃太郎が鬼から奪い取った金銀財宝をきちんと村人に返すようなシーンが追加されている絵本などもある(というか、一部地域ではそういう伝承として伝わっている)。

6.『妖怪ウォッチ』作中ミニシリーズ「妖怪むかしばなし」でネタとして登場し、後半は鬼とパワードアーマーで戦うストーリーにされている。

7.ちなみに香川県では桃太郎は女の子として伝承されていたりする。これでは桃『太郎』ではないのでは…という事なのか、「美しい娘だったので鬼に存在を気付かれると浚われるということで、敢えて男性名を付けて存在を隠した」と説明付けられたりもしている。ともかく、近年のフィクションで桃太郎が女体化される事が多いが、原型は昔の日本人が既に作っていたというわけである。もうやだこの国

8.おなじみの伝承以外だと、お供はおなじみの三匹ではなく、石臼・針・馬の糞・百足・蜂・蟹、あるいは蟹・臼・蜂・糞・卵・水桶だと言う。これってただの猿蟹合戦なのではなかろうか。ムカデや水桶やら卵やら聞き慣れない面子や他の昔話の悪役も混じっているが、ムカデ毘沙門天の使いとされる為、味方側でもなんら問題ない。と言うか猿蟹合戦なんておっ始めたら原典のお供である猿涙目である。

9.有吉反省会にて小沢仁志が「自らを猿蟹合戦できびだんごを分け与える役」と称し、有吉に「桃太郎でしょ」と突っ込まれたが、上記の伝承的には間違いは無い…はず。

10.桃とは東アジア圏において、古来より神聖な植物で邪悪を遠ざけるとされ、日本神話ではイザナギノミコトを追って来たヨモツシコメに投げつける事で追い払ったという逸話がある。
また、桃の形を女性の下半身に例えた事から桃太郎が桃から生まれたという逸話に転じたという説も。

桃太郎をモチーフにしたキャラクター/作品

特撮

アニメ

ゲーム

漫画

その他

関連タグ

昔話 民話
おじいさん おばあさん   洗濯 
犬猿雉(//)
 鬼ヶ島
その他の昔話
金太郎 浦島太郎

関連記事

親記事

昔話 むかしばなし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桃太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7457957

コメント