ピクシブ百科事典

三太郎シリーズ

さんたろうしりーず

携帯会社、auが発信しているテレビCMシリーズ。
目次[非表示]

概要

携帯会社、auが発信しているテレビCMシリーズ。
『昔話でおなじみの英雄達が実はトモダチだった』という自由な発想の下、
「桃ちゃん」、「浦ちゃん」、「金ちゃん」の三人の英雄が本家のストーリーを無視したコミカルな掛け合いをしていく。既成概念にとらわれず、それを超えていく”あたらしい自由”を提供していきたいと言う思いを、このCMを通じて届けたいと言う。
テレビCMの調査機関がCMの好感度を調べた所、好感度一位を獲得し、
ネット上ではドラマ化してほしいとの声も。

主要人物

桃太郎

演:松田翔太
通称「桃ちゃん」。三太郎の中ではイケメンポジションであり、クールなツッコミ役。
いつもキビ団子を持ち歩いているが、たまに忘れる。
かぐちゃんこと嫁の「かぐや姫」には一切頭が上がらない模様。

浦島太郎

演:桐谷健太
通称「浦ちゃん」。ビーチフラッグのルールも理解できない愛すべきおバカ。
キャバ…もとい竜宮城に10年以上通い詰めている常連。
竜宮城に連れていってくれた亀はかなり小さい。
乙姫に対して、客と女将以上の想いを抱いている。
原作の活躍範囲が範囲のためか、砂浜での駆け足の速さはレギュラー三人中最速。

浦島太郎の演者である桐谷氏が歌う海の声FNS歌謡祭にて生歌披露された後、
一躍話題となった。

金太郎

演:濱田岳
通称「金ちゃん」。感受性豊かだが、若干ネガティブな性格。
自由すぎる二人に付いていけない時があり、
他の二人に比べ、あまりパッとしないことにコンプレックスを抱いている。
とある時期から共学の寺子屋に通い始めた。
形から入るタイプなのか、寺子屋絡みの話題になると丁寧口調になる。
最近では「どんどん」というワードを聞くと儲け話をし始めてしまう癖が出てきた。
(通称「金(カネ)太郎」)

その他登場人物

演:菅田将暉
通称「鬼ちゃん」。三太郎達が向かった鬼ヶ島に暮らすチャラ鬼。時々副業で雷様をやっている。
非常にノリが軽く、超フレンドリー。昔桃太郎に倒されたが現在は友人になっており、
金太郎が退治しに訪れた際も「鬼退治とかマジ勘弁ッスよ~。」と自ら鬼退治終了宣言をした。
妻子持ちのイクメンで、最近三つ子が生まれ、8人の大家族となった。
だが子供のネーミングセンスはぶっちゃけ微妙。
『auSTAR』の「鬼ちゃんの秘訣」篇では、なんと156歳(結婚歴25年)であることが判明し、お茶の間を驚かせた。

演者である菅田氏は最近子供に「鬼ちゃんだー!」とよく話しかけられるようになったそうだが、
「お前ら鬼は怖くないのか」と少し困惑している。

かぐや姫

演:有村架純
通称「かぐちゃん」。桃太郎の妻であり、乙姫の妹。怒ると怖い所は姉と似ている。
桃太郎とは「パッカーン」繋がりで意気投合し、まさかの逆プロポーズによって結婚した。
月を見ると何やら物悲しくなるようで…。

乙姫

演:菜々緒
通称「乙ちゃん」。竜宮城の女将さんであり、かぐや姫の姉。
浦島太郎にはデレデレだが、それ以外の者には容赦がないドSの一面を持つ。いわゆるツンデレ
勝手に玉手箱を開けようとした金太郎にマジギレした場面では、「イメージ通りすぎる…」と周囲を戦慄させたらしい。
最近では寺子屋の教師になったのだが、後述の海外のお姫様に影響されお姫様ヘアになったり、鞭を振るったり…とかなり暴走している。

織姫

演:川栄李奈
空から隕石のように落下した大きな桃が山を転げ落ち、
「パッカーンする?」などと盛り上がる中、大きな桃が割れた中から現れ、
しかも彼女はかぐや姫の妹だったと言う事が発覚。
あ然とする三人を前に、早くも「織ちゃんって呼んでいいぞっ!」と大物キャラで接してくる。
一体何をしに来たのかとかぐや姫に聞かれると「カレシ探し!」に来たらしい。
金太郎は「そっか~、カレシ欲しいんだ~」と、自分の存在をアピールして握手を交わし、
“織姫&金太郎”という新たな恋の始まりが…?

花咲か爺さん

演:笹野高史
通称「花じい」。桃太郎とかぐや姫が住んでいる家のご近所さん。
桃太郎が飼っていた柴犬を借りていたらしく、
「おかげで小判ドンドンでウハウハ!」と喜びながら返してきた。
自ら持っていた灰を桜の木にふりかけ、時間差で満開にさせた。

実は笹野氏がTwitterでつぶやいたことから、実現したものだそうで、
希望が叶った笹野氏は、ノリノリで演技し、アドリブも連発だったとか。

一寸法師

演:前野朋哉
通称「一寸」。画面のどこかにこっそりと写りこんでいた隠しキャラ
態度は大きいが、かなり気弱な性格。つまりヘタレ
かぐや姫が花じいからもらった「何でも大きくなる灰」を浦島太郎が彼を真似て、
「どーん!」と金太郎に灰を投げつけた際、その流れ弾を浴びたことで(当の金太郎は間一髪で避けた)念願の実寸サイズで姿を現わした。
だが、その外見は意外にも素朴で小柄な青年であった。
一同はてっきり美少年だと思っていたらしく、彼に対して冷めた態度をとり続けているが、
本人は「変えてこうぜ!イメージ」とメゲずに(ウザ)明るく振舞っている。
しかし、すんなりと仲間入りを果たしたのも束の間、鬼が作った「雷おこし」を食べた時の電撃で、再び小さくなってしまった…。

彦星

演:前野朋哉
織姫の元カレだが、一年に一度会う関係。
(演者が同じことからわかるように)顔は一寸そっくりで、三太郎も紹介されてびっくりしていた。

海外の人

演:アリーシャ・コリンズ
三太郎&一寸がフェスに行こうとしたら森の中で倒れていた海外の人。眠れる森の美女か、はたまた白雪姫か。
日本語は話せないようだが、桃ちゃんが英語を話せたためことなきを得た模様。

赤鬼

演:鈴木福
鬼ちゃんの長男。勉強が好きな頭のいい子で家族思い。
家の為に働こうとしていたが父の強い勧めで寺子屋に通うようになった。
最近好きな子が出来た様子。

声:波田陽区

声:山田ルイ53世

声:つぶやきシロー
桃太郎のお供達。

余談

ソフトバンクauに挑発したと思われるCMが流れた時期があったが、
放映後、「あのCMにケンカ売りやがった!」炎上寸前にまでなったと言う。
その内容と言うのは、白戸夫婦が岡山の奧津渓を訪れていた時、
きび団子を食べながら桃太郎の話をしていると、
川で洗濯をしていたお婆さんの所に大きな桃が流れてきた。
しかしその時、お爺さんから電話が掛かってきてしまい、大きな桃はそのまま流れてしまう。
流れに流れて行き着いた先は屈強な鬼達が暮らす鬼ヶ島。
その鬼達が桃を”パッカーン”とする場面で終了した。恐らく続きはない。

ちなみに、桃太郎の演者である松田氏はかつてソフトバンクのCMに
「新しいおじいちゃん」役で出演していたことがある。

関連タグ

桃太郎伝説・・・元ネタの一つ?

pixivに投稿された作品 pixivで「三太郎シリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1745099

コメント