ピクシブ百科事典

仮面ライダー電王

かめんらいだーでんおう

仮面ライダー電王とは、2007年から放送された『平成仮面ライダーシリーズ』第8作目である。全49話。
目次[非表示]

時間(とき)を越えて俺、参上!!

全員集合!クライマックスだぜっ!!
冬のクライマックス


概要

2007年1月28日から2008年1月20日まで、テレビ朝日系列で放映された特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。

主人公の野上良太郎が、5人の仲間と共にイマジンの魔の手から未来を守るストーリー。
メインライターは小林靖子。また本作以降、これまでTV情報誌・テレビ朝日公式サイト等でしか判明しなかった各話のサブタイトルが、全ての作品で正式に付けられるようになった(サブタイトルが正式に付いていた作品自体は『クウガ』『響鬼』といった前例がある)。
登場ライダー数は平成ライダーとしては平均的だが、それぞれのフォームに別の人格が設定されるのが基本なので、あたかも別のライダーのように見え多く感じることがある。

主要キャラクターに人気声優を多く起用した事も特徴で、声優ファンを取り入れたことでも名高い。全体的にコメディタッチな雰囲気(あくまで雰囲気の話であって、本筋自体はおなじみの黒靖子)もあってストーリー面でも人気が高く、TVシリーズ終了後も映画が制作された他、続編として「超・電王」シリーズが制作された。

派生作品においては『時間を渡る』と言う設定と、必ずしも俳優を出す必要がない事が非常に便利なため、横に世界を繋ぐ仮面ライダーディケイドと同じく縦に時間を繋ぐ作品として、仮面ライダーシリーズの接着剤として登場することも多い。

あらすじ

常に運が悪い青年「野上良太郎」は、ある日偶然、時間旅行する列車「デンライナー」の乗車券「ライダーパス」を拾ってしまい、時を同じくして歴史を改変しようとする「イマジン」の1人「モモタロス」に取り憑かれてしまう。更には自分に取り付いたイマジンとは別のイマジンが起こした騒動にも巻き込まれてしまう。

しかし良太郎は"特異点"という素質を持っており、他の人間とは違い、自分に取り付いたイマジンをある程度制御したり、ライダーパスを使って仮面ライダー電王に変身する事が可能だった。ケンカもからっきしで気も弱い良太郎だが、とにかく暴れる事だけに興味がある奇妙なイマジン、モモタロスと協力しながら、歴史を改変しようと企むイマジン達と戦っていく。

登場人物

※各人物の詳細は当該項目を参照。

デンライナー陣営

本作の主人公である青年。ある日特異点の特性を見込まれて、時の守護者として戦う事となる。
ありえないレベルの不運体質で、臆病かつ引っ込み思案、喧嘩も弱く揉めごとを嫌う。

電王になって戦う際は憑依イマジンに負うところが大きく、良太郎本人の身体能力の低さや打たれ弱さもあって『(本人のみなら)史上最弱の仮面ライダー』と言って差し支えないが、精神力などの総合力では引けを取らない。

良太郎に憑依した赤色のイマジン。その姿は『桃太郎』に出てくる赤鬼のイメージが具現化されたもの。
特異点である良太郎に偶然憑依してしまうが、元々イマジンの使命には興味がなかったため、「強くカッコよく戦う」という信条のために協力者となり、良太郎とも次第に強い信頼で結ばれていく。

短気かつ好戦的で粗野だが、人情味に溢れ涙脆く、日頃口汚く罵っている相手に対しても彼なりに愛情を持っている。
また、良識もある程度は弁えており、良太郎を気遣ったり危機に誰よりも先に気づくなど責任感も強く、単純で憎めない性格。

2番目に登場した青色のイマジン。その姿は『浦島太郎』に出てくる海亀のイメージが具現化されたもの。
特異点の特性とメリットを知り、討伐対象にされる事を避けるため良太郎に憑依する。

冷静沈着で頭の回転も早いが、かなりの自信家な上にキザで女好き。嘘をついて人を騙すことを好み、口八丁で周囲の人間を手玉に取る詐欺師のような性格。
他人を手玉に取る反面、リュウタロスに対して世話を焼く等、面倒見がいい面もある。

3番目に登場した金色のイマジン。その姿は『金太郎』に出てくるのイメージが具現化されたもの。
当初は良太郎ではない別の人物に憑依したイマジンで、過去の世界で契約者を庇って消滅しかかるが、その善性を見込んだ良太郎の提案で彼に憑依し共に戦うようになった。

人情に厚く、世話好きな性格で、勘違いで色々と問題を引き起こすこともあるが、責任感は強く、人の為に自分を犠牲にしようとする一面もある。
自分を救ってくれた良太郎に恩義を感じている他、彼の本質的な強さについてはイマジンたちの中で最も理解している。

4番目に登場した紫色のイマジン。その姿は『龍の子太郎』に出てくるドラゴンのイメージが具現化されたもの。
当初は深層意識に潜伏したため、誰もその存在に気づかなかったが、良太郎が催眠治療を受けたことをきっかけに行動を開始した。

その名の通り龍のように凶暴な外見と高い能力を持つが、口調は無邪気、性格は我が侭で気分屋、甘えん坊である等、非常に子供っぽい。

オーナーと契約してイマジンを追っている謎の少女。2007年に落としたパスを拾った良太郎が特異点だと気づき、電王に変身させた張本人。
負けず嫌いで勇敢であり、良太郎を守ることが自分の役割と認識している。素手での格闘能力も極めて高く、問題児だらけなイマジン達の制裁役。
良太郎の体調を常に気づかう心優しい性格だが、気が強く口調もキツいため、自覚なく相手を怖がらせてしまうことには悩んでいる。

デンライナーのオーナー。ハナがイマジン討伐のために契約している、素性や目的などは一切不明の壮年の男性。
特異点かは不明だが、時間の干渉を受けない存在。
デンライナーや時の運行、分岐点などの詳細を知るようだが、そのことを他人に漏らすことはない。

デンライナーでアルバイトをしている客室乗務員。
コーヒーのクリームが、アメリカのスイーツも驚きの滅茶苦茶派手な色。
天真爛漫かつ能天気な性格で、デンライナー内でのイマジン達の騒動をむしろ楽しみ、必要以上に煽ることもある。

ゼロライナー陣営

良太郎の姉・愛理の婚約者と同姓同名を名乗る青年。良太郎が外套の男と接触したことにより姿を見せる。
ある人物からゼロライナーを預かり、契約したイマジン・デネブと共に時の運行を守る使命を担う。
普段はクールな印象だが実は強がりで、デネブに対しては子供のように我が侭に振る舞う。

侑斗と契約した緑色のイマジン。その姿は『平家物語』に出てくる弁慶烏天狗のイメージが具現化されたもので、名前の由来は夏の大三角の恒星デネブ。

既に望みを聞いて契約しているため、現実世界でも実体化が可能である。
誰に対しても低姿勢で温和かつお節介焼きで、炊事や金銭管理など侑斗の世話全般を負担するなど家事好きで働き者。
正しい行いを旨とし侑斗の不遜な態度を諌めたり、戦闘中であっても侑斗の荒っぽい戦い方やイマジンの行いを非難することもある。

NEWデンライナー陣営

未来(2057年前後)にいる良太郎の孫。本編後の『さらば電王』にて初登場。
祖父やハナと同じ特異点で、良太郎達を助けるために度々未来からやって来る。
良太郎と違い生意気で口が悪く、戦闘技術・身体能力も高いが、運の悪さとやろうとしたことはやり遂げるという意思は良太郎譲りである。

幸太郎の相棒である藍色の青鬼型イマジン。
彼がオーナーから聞いたモモタロス達をイメージして誕生したイマジンで、他のイマジンとは異なり、童話ではなくイマジンそのものを基盤としている。
アクが無く個性には乏しいが、礼儀正しく謙虚な性格で、誰よりも幸太郎を気に掛け彼の不運を陰ながら防御したりしている。

その他

大金持ちの奥様とその子供に憑依していた白色のイマジン。その姿は『白鳥の湖』に出てくる白鳥のイメージが具現化されたもの。
契約上の問題で消滅しかけたことがあり、その際助けてもらった恩もあって良太郎たちに助太刀することがある。

実力はあるが、自身を「高貴なプリンス」と称して高飛車な立ち居ふるまいを好むなど、自己中心的で空気をまったく読めないハタ迷惑な性格。
イマジンとしての使命にもやる気を持たず、色んな時間や世界を気ままに放浪している。

良太郎の姉。星をテーマにしたライブラリーカフェ「ミルクディッパー」を営む。
店には常に彼女目当ての男性客が多数たむろする程の美貌の持ち主だが、マイペースかつ天然ボケなため、店の切り盛りと美味しいコーヒーを入れること、そして夜空にきらめく星にしか興味を示さない。
常に不幸続きの良太郎を優しく見守り、弟同様少々のことには動じない。
桜井と婚約していたが、その失踪と共に桜井に関する記憶を全て失っている。

ミルクディッパーの常連客で、三流ゴシップ雑誌の編集者兼記者。
テンションが高くおしゃべり。
愛理に好意を寄せる男の一人で、彼女に近づく為に良太郎にも気さくに接する。

ミルクディッパーの常連客。
愛理に好意を寄せる男の一人で、尾崎とはライバル関係だが、口のうまい尾崎からはいいようにあしらわれがち。
催眠療法をかける等の心理カウンセラーの技術も持ち、自らを「スーパーカウンセラー」と称する。

  • 駅長 (演:石丸謙二郎)
時の空間に存在するターミナル「キングライナー」の駅長を務める壮年の男性。
陽気な口調以外はデンライナーのオーナーとそっくりだが、両者の関係性については不明。

  • 桜井さん (演:岡野友信)
ミルクディッパーの常連客で愛理とは婚約関係にあったが、突如失踪した。
彼を知る人物の証言や過去の姿からは、純粋で聡明な人物であることが推測される。

呼称表

が\に良太郎モモタロスウラタロスキンタロスリュウタロス侑斗デネブハナ
良太郎モモタロスウラタロスキンタロスリュウタロス侑斗デネブハナさん
モモタロス良太郎カメクマ小僧侑斗おデブハナクソ女
ウラタロス良太郎先輩キンちゃんリュウタボクちゃんおデブちゃんハナちゃん
キンタロス良太郎モモの字カメの字リュウタ侑斗デネブハナ
リュウタロス良太郎モモタロスカメちゃんクマちゃん侑斗おデブちゃんハナちゃん
侑斗野上モモタロスウラタロスキンタロスリュウタロスデネブハナ
デネブ野上モモタロスカメタロスクマゴローリュウタロス侑斗俺/僕(憑依時に使うことがある)ハナ
ハナ良太郎モモタロスウラタロスキンタロスリュウタロス侑斗デネブ


ライダーとしての説明

情報量が多いため、能力・使用マシン等の詳細はそれぞれの別項目を参照。

野上良太郎と彼に憑依するイマジン達が変身する主役ライダー。
本作は5人のイマジンが主人公に憑依してそれぞれのフォームで戦う。
ライダーとしての能力・使用マシンは「電王」に記載する。

桜井侑斗と彼に憑依するデネブが変身する2号ライダー。
良太郎が住む時代の自分から提供される硬券型パスで変身するが、提供者側の桜井侑斗を知る人物が関わった時の記憶から作る為、変身自体に限度がある。
物語後半では、提供者側の桜井侑斗も変身する。

野上幸太郎が変身する次世代ライダー。
基本的には幸太郎自身の「ストライクフォーム」を主として戦い、テディを始めとした憑依イマジンを武器に変化させて戦うスタイルを取る。
鬼ヶ島の戦艦」ではデネブが憑依し、「ベガフォーム」となった。

映画第1作目「俺、誕生!」に登場する悪の仮面ライダー。
牙王が、所有者であるオーナーから強奪したライダーパスを使用し変身する。

映画第2作目「クライマックス刑事」に登場する悪の仮面ライダー。
完璧な悪の組織を築こうとするネガタロスが変身する。

映画第3作目「さらば電王」にて登場する悪の仮面ライダー。
変身者により、「スカルフォーム」と「ハイジャックフォーム」になる。

映画第4作目「鬼ヶ島の戦艦」にて登場する悪の仮面ライダー。
自分達の時代を築く為に、未来へ侵攻したオニ一族の兄弟。

映画第5~7作目「超電王トリロジー」にて登場する悪の仮面ライダー。
時間警察で開発された存在。電王達を排除し自分達の秩序を敷こうとする。

怪人

イマジン

存在しなくなった未来から来た侵略者。
目的は未来を自分達の存在するイマジンの世界にする為、現代の歴史を改変する事。
普段は光球の姿をしており、憑依した人間の持っているおとぎ話のイメージを元とした怪人の姿になって、その人間の願い事を叶えるべく行動する。

ただし、その叶え方はイマジン個人の解釈で且つ強引に遂行し、その報酬として叶えた瞬間、フラッシュバックする記憶にタイムスリップする。
その後、その時代で破壊工作を行いタイムパラドックスを生み、拠点を置く現代を改変する。

ギガンデス

神話の巨人「ギガンテス」+「デス:死」の造語。
イマジンによっては、倒された際に姿を形成するイメージが暴走する場合があり、その際の姿をそう呼ぶ。
イマジンの姿によって形成するギガンデスも変わり、

  1. 陸上生物のイメージならベヒーモス型のギガンデスヘル
  2. 水生生物ならリヴァイアサンのギガンデスハデス
  3. 鳥類やウサギなどの羽・空に関するイメージならジズ型のギガンデスヘブン
となる。
イマジンのイメージが暴走している為、まれに複数のギガンデスが生まれる時がある。

関連動画

新番組予告①


新番組予告②


関連タグ

俺、参上! 最初からクライマックス

俺、誕生! クライマックス刑事 さらば電王 鬼ヶ島の戦艦
超電王トリロジー レッツゴー仮面ライダー
スーパーヒーロー大戦

平成仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーカブト⇒今作⇒仮面ライダーキバ

烈車戦隊トッキュウジャー:スーパー戦隊第38作、同じく列車モチーフ、脚本家繋がり、仮面ライダー大戦ではデンライナーとトッキュウオーの合体シーンもあった。

関連記事

親記事

平成一期 へいせいいいっき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー電王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6897154

コメント