2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

シルバラ

しるばら

『劇場版 仮面ライダー超・電王&ディケイド NEOジェネレーション 鬼ヶ島の戦艦』に登場する敵キャラクター。
目次[非表示]

「や~めた!お前……潰し甲斐が無さすぎる!!」

CV:柳沢慎吾
スーツアクター:伊藤教人

概要

オニ一族のミミヒコが純銀の金棒を天に掲げることで変身した姿。大地震による時空の歪みの影響で変身能力を得た。
ミミヒコの「金棒で何でも潰して、その音を聞くのが好き」という破壊狂で乱暴な性格も相まって、金棒を振り回す豪快な力業で敵を粉砕する。

一方で、頭の良い兄のクチヒコ/ゴルドラのことは慕っている。

スペック

身長198cm
体重132kg
パンチ力9t
キック力10t
ジャンプ力25m
走力100mを6.2秒


デザイン

鬼のイメージどおり2本の角が生えていて、全身から棘が生えた怪人に近い姿をしている。
燻んだ銀色の甲冑を身に纏ったような姿が特徴。背面には所謂「仮面ライダーの顔」を思わせる意匠が存在する。
イメージは「室町時代の仮面ライダー」であり、仮面ライダーV3をオマージュしたデザインになっている。頭部やベルトなどにその意匠が見られ、ダブルタイフーンに似たベルトにV3ホッパーに似た道具がマウントされている。
また、福眼にクリアパーツが採用されておらず、翡翠瑪瑙のような半透明の宝石をイメージした造形となっている。

最期

最終決戦時仮面ライダーNEW電王 ベガフォームの必殺技で大ダメージを負い、その後ゴルドラを庇い仮面ライダー電王 超クライマックスフォームの「超ボイスターズキック」を受け致命傷を負う。そしてゴルドラの腕の中で死亡した。
散り際には、中の人ネタ「あばよ!」のセリフを残し消えていった(スーツアクターの伊藤氏がアドリブで付けた動きに柳沢氏がアフレコしたもの)。

仮面ライダーか否か

劇場パンフレットには「仮面ライダー」と記載されているが、現在の公式媒体では「仮面ライダーに似た姿の怪人」として扱われている場合が多く、ゴルドラともども正式な仮面ライダーとしてはカウントされていないようである。
なお、2013年に発売された『THE仮面ライダーSUMMER』(小学館)の付録「今さら聞けない『平成仮面ライダー』の疑問」ではオルタナティブおよびオルタナティブ・ゼロと共に「擬似ライダー」に分類されている。

仮面ライダー図鑑では、「仮面ライダーではないが怪人よりも仮面ライダーに近いキャラクター」は便宜上「仮面ライダー」の項目に掲載するが「仮面ライダーじゃない」の条件でヒットする、という扱いになっている。
ゴルドラ&シルバラはこの「仮面ライダーじゃない」に該当しており、いわゆる擬似ライダーであるオルタナティブ・ゼロナイトローグなどもこれに該当するが、石ノ森ヒーローのリブートなども該当するため、該当するキャラクターすべてが擬似ライダーというわけではない。

ガンバライド

第9弾でSRのスペシャルカードとして登場。しかもアビリティ名は「あばよ!」

スキルとしては、必殺技をくらった次のラウンドから味方が強化がされるというもの。だが普通ひっさつをくらえば結構な確率でタイリョクが0になるので、実質ライダーガッツ(稀に起こるタイリョクが0になっても復活するシステム)が起こるかの運ゲーである。
本人は必殺技を耐えられてなかったじゃないかとは言ってはいけない。
サポートアタック系SPカードや、メダルスキャンやスイッチスキャンによるサポートアタックも必殺技扱いとなるため、通常の必殺技より威力の低いこれらに対して発動出来れば有利に戦える。

余談

NHK教育のドキュメンタリ番組『あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑』は2009年4月14日放送の「身体(からだ)で勝負だ!〜アクション俳優〜」がシルバラ役のスーツアクターである伊藤教人を特集しており、『鬼ヶ島の戦艦』の撮影風景も放送された。

関連タグ

仮面ライダー電王 鬼ヶ島の戦艦 ゴルドラ 仮面ライダーNEW電王 擬似ライダー

外部リンク

シルバラ | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

ミミヒコ みみひこ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9437

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました