ピクシブ百科事典

仮面ライダーNEW電王

かめんらいだーにゅーでんおう

「仮面ライダー電王」に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

「カウントは10・・いや8でいける!!」

その名の通り、新世代の電王。「レッツゴー仮面ライダー」では「仮面ライダー電王」と名乗っていた。
デザインの中には、ウイングフォームの別案の「悪の電王」「黒いソードフォーム」のデザイン画を元にしている。

フォーム

ストライクフォーム

NEW電王の基本フォーム。
電王と同じく、ライダーパスをベルトの装置に読み込んで変身する。電王と違い、自らのオーラをフリーエネルギーに変換して変身している。基本カラーは藍色。(ちなみに色の元ネタは当時販売された高級缶ビールらしい)
「ヨーロッパの超特急」のような洗練されたテーマがあり、ライナーフォームに酷似した鋭利な電仮面、胴体のターンテーブル、全身を走るデンレールが特徴。まさに、「未来の電王」なのだ。
基本武器は相棒のイマジンテディが変形した銃剣マチェーテディや、電王と同じくデンガッシャーを使う。
俊敏なフットワークや剣術を駆使して戦う。また、自分の実力に絶対的な自信を持っていた時は、敵を見下す形で、あらかじめ宣言したカウント内で敵を倒す戦法を好んでいたが、後に敗北し、幸太郎の心境の変化や成長により、自分への目標や制約の物へと変わっていった。

必殺技

カウンタースラッシュ
マチェーテディにフリーエネルギーを込め、敵を切り裂く。フルチャージなしでも使用可能。
テディがカウントダウンするのが名前の由来。反撃のカウンターではなく数字を数える意味のカウンター。

ストライクスパート
フルチャージしたエネルギーを右足に集め、跳び蹴り。所謂ライダーキック
威力は22t。

俺の場合こうなるみたい
ガンバライドでの必殺技。
最初にキンタオノ登場が登場するが攻撃失敗し退場、次にウラタザオが登場するがこちらも攻撃失敗し退場、
最後にモモタケンが登場し、初撃は回避されるが切り返しの斬撃で敵を撃破。

ベガフォーム

KC用-V電王


鬼ヶ島の戦艦」にて登場した特殊形態。
モモタロス達がディケイドディエンドが召還したライダー達に次々と憑依していく様を見ていたデネブが、我慢できずに無理矢理憑依した姿。ゼロノスベガフォームと酷似しており、ゴーグル状の目の奥にうっすらと複眼が見える。
スペックはゼロノスのそれと同様。武器はデンガッシャーナギナタモード。

必殺技

ブランディッシュダイブ
フルチャージしたデンガッシャーナギナタモードで敵を両断する。

ツール

ライダーパス

NEW電王ベルト

音声、金色のカラーリング、変身待機音以外は電王の物と同じ。一応イマジン切り替えのボタンも付いているのだが、フォームチェンジ機能はオミットされている。

デンガッシャー

こちらも電王の物と同じ。
ソードモード、ナギナタモードを使用した。

能力

電王のように、憑依したイマジンによるフォームチェンジが出来ない変わりに、NEW電王には憑依したイマジンをフリーエネルギーによって武器に変形させる事が可能。
(ディケイドのファイナルフォームライドのようなモノ)

マチェーテディ

テディが変形した大型の銃剣。幸太郎が指を2度弾くのを合図に変形する。意志を持つため、自力で動くことも可能。
強力な斬撃の他、銃口から破壊光線を発射する。

キンタオノ

キンタロスが変形した斧。あらゆる物をぶった斬るトンデモ兵器だが、本人の体重のせいでとてつもなく重い。

ウラタザオ

ウラタロスが変形する釣り竿。鞭のように攻撃することが可能だが、威力は皆無。
要するにただの釣り竿である。

モモタケン

モモタロスが変形する炎剣。炎のような刀身で敵を焼き切る他、本人の顔を模した分銅で振り回して攻撃することも出来る。
マチェーテディに続いて最も使いこなせた武器。

専用ビークル

マシンデンバード

ベース車両:ホンダXR250
スペック、外見は電王の物と同等。

ガンバライジング

ガシャットヘンシン4弾にて放送10周年に合わせて参戦。

関連タグ

仮面ライダー電王 野上幸太郎 テディ ストライクフォーム ベガフォーム
さらば電王 鬼ヶ島の戦艦 超・電王トリロジー レッツゴー仮面ライダー
劇場版限定ライダー 劇場版限定フォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーNEW電王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50548

コメント