ピクシブ百科事典

仮面ライダーキカイ

かめんらいだーきかい

特撮番組『仮面ライダージオウ』に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

デカイ!ハカイ!ゴーカイ!仮面ライダーキカイ!

「鋼のボディに熱いハート……仮面ライダーキカイ!」

CV:入江甚儀

概要

仮面ライダージオウ』EP23「キカイだー!2121」より登場する、機械の青年・真紀那レントが変身する仮面ライダー。
常磐ソウゴの夢に現れた2121年の仮面ライダーであり、人間たちに成り代わり地球を支配する機械生命体ヒューマノイズと戦っている。

元々はヒューマノイズ用の強化装備で、外装の一部をコールドメタリウム製の物に換装し、改造した物である。
「リッパーグローブ」は岩石やコンクリートをも破砕するほか、生卵を壊さずに掴んだりギターを演奏したりとあらゆる精密な作業をこなす事ができる。
なお、頭部マスクには「EMGクラッシュボルト」という、何らかの理由でキカイの装備がコントロール不能になった際に爆裂ボルトを使い、物理的に回線を遮断することのできる緊急停止装置が取り付けられているようだが……。

また、キカイの力を持つ仮面ライダーウォズ/フューチャーリングキカイ頭部アンテナからナノツールを放出し、人間に取りつかせてセミヒューマノイズ化させる能力を使用している。
元々がヒューマノイズ用の装備であったことを踏まえると、オリジナルであるキカイの方は人間を完全にヒューマノイズ化させる機能を持っている可能性がある。

スペック

身長210.5cm
体重1.8t
パンチ力20.4t
キック力58.3t
ジャンプ力20.9m(ひと跳び)
走力100mを7.5秒


機械という設定のためか体重は1.8tと重く、等身大の仮面ライダーの中ではトップクラスである(それどころか一般的なライダーマシンさえも上回る)。数値上は仮面ライダーとの比較なら3m以上の巨体を誇る仮面ライダーアークの約5倍、ライダーマシンとの比較なら4輪自動車+αのブースタートライドロンの重量と同等。
スペックは基本形態のライダーにしてはかなり高い方で、歴代平成ライダーの中間形態に迫る。
まさにデカイ!ハカイ!ゴーカイ!を地で行くスペックである。

使用アイテム

  • キカイドライバー

CV:江川央生
ジクウドライバーに酷似した変身ベルト
2つのイグニッションキーが装填されることで操業を開始し、製造マニュアルに従いキカイの各種装備を生産する。
全行程完了にかかる時間は0.8±0.05秒。

  • スクリューダー&スパナーダー
イグニッションキーとなる金のスパナとマイナスドライバーを模したアイテム。

必殺技

キカイドライバーの左右ユニットに両手をかざすことで発動する。
中の人の前世の影響か、氷系の必殺技となっている。機械をフリーズさせるというイメージにも掛かっているのだろうか?(この際に飛び散る雪の結晶はよく見るとナットで出来ている事が分かる。)

  • キカイデハカイダー
脚部にエネルギーをチャージし、回し蹴りでヒューマノイズを停止させる。
技名はキカイダーライバル戦士が元ネタと思われる。
      
腕部にエネルギーをチャージし、パンチでヒューマノイズを凍結・爆散させる。
公式サイトでは「アルティメタルブレーク」。

上半身全体にチャージしたエネルギーで足先に氷柱を生成し、キックでヒューマノイズを貫く。
名前の由来はキカイダーの必殺技デンジエンド

立体物

食玩「装動 仮面ライダージオウ RIDE PLUS」にラインナップが決定。 同じく販売されるオプションパーツセットを使用すると、アクションの幅が更に拡がる。

関連イラスト

Wキカイ
仮面ライダーキカイ



余談

現時点では初にして唯一の22世紀の仮面ライダーである。
スーツはガーディアンの改造。に囲まれた世界で人間を護る機械の守護者』という意味ではうってつけの人選であると言える。しかし、皮肉にも敵の思惑次第で人間の敵にもなりうるという特徴も受け継いでしまった。

ベルト音声の江川氏は「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で変身者の入江氏が演じる敵幹部のザミーゴ・デルマといがみ合うライモン・ガオルファングの役を演じており、反目する敵幹部同士がライダーの変身者とその変身ベルトの音声として共演するという皮肉な組み合わせとなっている。

また、これまでに登場した未来の仮面ライダー達の中で、敵対する組織の大まかな詳細がわかっている初のライダーである。また、歴代主人公の中で出自が完全な人外であるという珍しいライダーでもある。

なお、終始人間の姿をしたヒューマノイズが仮面ライダーキカイに倒される絵面は人々を襲っている機械をキカイが倒しているのにも関わらず、何も知らない第三者から見れば、キカイが人々を襲っているようにしか見えないという声も。
仮にネット配信や小説などで「仮面ライダーキカイ」という単一の作品になった場合、相当重い展開になる事が考えられる。
また、時代的にはオーマジオウが支配する2068年より先の未来のライダーである為、「オーマジオウが世界を支配しなかった事でこのような最悪な未来が生まれたのでは?」とも解釈できる。

この「終始人間の姿をしたアンドロイドが敵」という構図は『キカイダー01』の後半で見られた、虚無僧などが敵アンドロイドとして出てくる展開のオマージュと思われる。
ちなみにこの展開は敵アンドロイド用スーツを作る予算の不足からくるものと言われており、そのせいか「2121年も予算が厳しいのか」とネタにされることも…。

次回作『仮面ライダーゼロワン』の世界観が明らかになった途端、登場する敵アンドロイドの名前がヒューマギアとどことなくヒューマノイズを連想させる単語のため、キカイはゼロワンの最悪な未来像だとも話題にされている。どちらもソウゴが夢で見た未来という共通点もあり、キカイは歪められたゼロワンの世界とも考えることが出来る。あるいはゼロワンに対するゼロツーこそがキカイなのだとも……。

ちなみに現時点では、小説版を除き、生まれた年号が判明しているミライダーの中では登場した2019年からおよそ102年後というぶっちぎりで1番遠い未来である。もし現実で本当に2121年に放送される(もしくは記念作として作られる)のを目撃するとしたらかなりの長生きが必要だろう。

関連タグ

仮面ライダージオウ
ミライダー

ターミネーター:機械対人間という構図や敵側の機体の1つが味方サイドに寝返るという点が酷似している。

ロボライダー仮面ライダーゾルダロボットアクションゲーマーレベル3仮面ライダーグリス…歴代ライダーの中でも、その形態のコンセプトに「ロボット」が強く押し出されている仮面ライダー。中でもグリスのベルトは工具がモチーフである他、強化形態は氷属性をイメージした姿となっている。

仮面ライダーチェイサー仮面ライダーハート仮面ライダーブレン…レントと同じような人型ロボットが変身した仮面ライダー。特にチェイサーは「機械の守護者」という面で近いものがある。

仮面ライダー迅仮面ライダー滅…上記の3人と同じく人型ロボットが変身した仮面ライダー。

人造人間キカイダー…名前や設定などの元ネタと思われる石ノ森ヒーロー作品。更に変身者であるレントの演者は過去にキカイダーREBOOTにて主人公・ジローを演じていた。ジローもギターを弾くことが特技である。

仮面ライダーW:同じくキカイダーがモチーフと思われる仮面ライダー。

仮面ライダー555:同じくキカイダーをオマージュした仮面ライダー。人工衛星のバックアップを受けているという意味でも近しいものがある。劇場版の世界観はまさしくそれ。

ジャッカー電撃隊…燃える闘志と悲しみは冷たく暗いメカの中にある戦士。

仮面ライダーダークドライブ機械生命体によって制圧されている未来世界の仮面ライダー。元々は人類の希望とも言うべき存在だったのだが、敵に変身システムを奪われ悪の戦士となってしまった。

ゴルドドライブ…金と黒というカラーリングや複眼の形がそっくりであり、キカイの初登場時これを連想した人は少なくない。変身者機械生命体の体を借りている。

仮面ライダーカイザ…顔に大きなバツ印があり、また三角形に近い釣り目という共通点を持った仮面ライダー。名前がキ「カイ(χ)」だからだろうか。

仮面ライダーゼロワン…自我が芽生え始めるも悪堕ちされたAIロボットと戦う仮面ライダー。このため、ゼロワンの遠い未来がキカイに繋がるのではと考察もされた。

進撃の巨人:追い詰められた人類が安全圏を壁で囲い生活しているという点が似ている

???:遠い未来からやって来たロボット繋がり。しかし実際はキカイの方が後に誕生する事になる。

関連記事

親記事

ミライドライバー みらいどらいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーキカイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283561

コメント