ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ライダータイム!
仮面ライダー! ライダー!
ジオウ・ジオウ・ジオウⅡ!

ソウゴ「善も悪も、光も闇も、全て受け入れる!その力で俺は、未来を切り開く!」

ウォズ「王の凱旋である!祝え!全ライダーを凌駕し、時空を越え過去と未来をしろしめす時の王者
    その名も仮面ライダージオウⅡ!
    新たな歴史の幕が開きし瞬間である!」

ソウゴ「おぉ…ねね、久しぶりだね? ふふっ」

概要

正式名称は「仮面ライダージオウⅡ(ツー)」
仮面ライダージオウジクウドライバージオウライドウォッチⅡを使って変身する強化形態。

ジオウにとってはディケイドアーマーに次ぐ2つ目の中間フォームにあたるが、ジオウⅡへの変身能力を得て以降は殆どの場合、ジオウの姿を経ずに直接この形態へと変身しているなど、従来の作品における中間フォームとはやや立ち位置が異なる(ポジションとしては闘魂ブースト魂に近い)。
なお、ジオウの状態からこの形態への変身も可能であるが、ジオウライドウォッチの方も取り外さないといけないため、アーマータイム中だった場合は二つのライドウォッチを取り外す作業を行っている(この時、アーマータイムは維持されていた)。

容姿

「Ⅱ」の名の通り頭部の針やバンドなどの時計のモチーフが2つ分になっており、肩部や首回りにオーマジオウを思わせる金色が追加されている。
顔の時計の針がさしているのはジオウでは10時10分だったが、ジオウⅡでは反転した二つの10時(10時と2時)。

スペック

身長202.0cm
体重96.4kg
パンチ力25.2t
キック力58.3t
ジャンプ力ひと跳び66.1m
走力100mを2.4秒(時速150km)


全身を覆う人工筋肉「ナノチューブ筋」の密度が2倍に増えた事により、全体の機能が2段階引き上げられている。それによってパンチ力、キック力は元の約3倍強。ジャンプ力、走力は元の約2倍強にまで強化された。
劇中ではゲイツの必殺技・タイムバーストすら反射したアナザーリュウガの反射能力を許容範囲を超える攻撃力で突破している他、複数襲って来たヒューマノイズを通常のパンチやキックだけで難なく撃破している。

能力

特殊フィールド「マゼンタリーマジェスティ」により攻撃にアナザーライダーを撃破する力を与えることができ、対応するライドウォッチなしでアナザーウォッチの破壊が可能。
「マゼンタリー」とはMagentaに接続詞の「ly」を加えた造語と思われる。
マジェスティは「威厳」を意味するため、意味としては「マゼンタ=ディケイドのような威厳」といったところか。

また頭部の時計の針を模した「プレセデンスブレード」は長針センサー「バリオンプレセデンス」の回転により「起こりうる事象」を観測し、未来予知と言えるほど高精度の未来予測が可能。
さらにジオウライドウォッチⅡによる時間遡行ゲイツが死ぬ未来を改変している。

使用アイテム

ジオウライドウォッチⅡ

ジオウⅡ


ライドウォッチⅡでパワーアップ!を目指す、仮面ライダージオウⅡ!

ジオウⅡへの変身に使用するウォッチ。
左右に分割でき、変身時はドライバーの左右のスロットにセットする。

サイキョーギレード

ジオウⅡと共に登場した、ジオウの顔を模した武器。
ジオウの能力に追随する形で強化され、ジオウにとっては常に最強の武器であり続ける。

必殺技

  • トゥワイズタイムブレーク

ベルト操作で発動する技。
第24話では腕にピンク色の光を纏って放つパンチを発動した。
第27話ではピンクと金色の「キック」のエフェクトで相手を囲む「タイムブレーク」の強化版のような形で放った。
玩具や字幕ではこの表記だが、公式サイトなどではトゥワイスと呼称される。

  • ライダー斬り
サイキョーギレードのフェイスが「ライダー」の時に発動する技。
刀身にピンク色の光を纏わせて敵を切り裂く。
この時点であらゆる攻撃を反射したアナザーリュウガの能力を打ち破る威力を持つ。

  • 覇王斬り
サイキョーギレードのフェイスが「ジオウサイキョウー」の時に発動する必殺技。
時計の文字盤を模した七色の斬撃を飛ばして敵を切り裂く。
初使用時はヒットした際の余波で敵の背後の建物のガラスを粉砕する威力を見せた。
ライダー斬りも併せて王の名の付く時空ライダーの「電車斬り」を思い出した視聴者も多かった様子(ただしあちらと違ってこちらは正式名)。

  • キングギリギリスラッシュ

時冠王剣


サイキョーギレードとジカンギレードを合体させた「サイキョージカンギレード」による必殺技。
ジオウサイキョウ」と書かれた長大な光の刃で相手を一刀両断する。

  • キングギリギリスラッシュ+トゥワイズタイムブレーク
トゥワイズトゥワイズタイムブレークを発動した状態でキングギリギリスラッシュを発動。
アナザージオウと相打ちになった。

余談

主役ライダーの強化形態名が「ライダー名に追加される」パターンは龍騎サバイブ響鬼紅装甲響鬼に続く3人目。(これは一応別ライダー扱いである)

RKFシリーズでは細身かつ前垂れ状の下部バンドが脚と一体化しているため、アーマータイムさせることもできる。ただし頭部形状が特殊なため、頭部は差し替えないことを想定している様子(作例でもエグゼイドアーマーは頭部のみジオウⅡのままである)。

考察

王の凱旋


この形態になり金色が追加されたが、ジオウの未来の姿とされるオーマジオウが金主体のカラーであるため一部では「オーマジオウに近づいているのではないか」と考察されている。

ジオウライドウォッチⅡは「オーマの日に使用するもの」としてウォズから与えられており、ソウゴの「俺がオーマジオウになるための」という言葉に対して黒ウォズは「そうだ」と肯定しているため、オーマジオウに深くかかわるライドウォッチであることには違いないと思われる。現状では少なくともオーマジオウの前段階ともいえる形態である。しかし、ゲイツの回想では通常のジオウから直接オーマジオウに変化している。

また、時を操る能力を知ったゲイツとツクヨミからはオーマジオウの能力として警戒され、今までソウゴがオーマジオウになることを信じきれなかったツクヨミをして「時間や人の命を弄ぶことは許されることじゃない」と言わせる程。

そして第23話からツクヨミはオーマジオウを倒すことを目標とする白ウォズ側に付くことになった。
その一方ゲイツは「お前がオーマジオウになったら俺が倒す」と第16話で決意したためか、ツクヨミとは違いその後も変わらない共闘関係を取っていたが…

第15話でオーマジオウがソウゴに「安心するがいい。遠くない未来、お前もさらなる力を手に入れる。魔王にふさわしい力をな。」と予知めいた言葉を告げていたが、恐らくジオウⅡのことを言っていたのだろう。

なお、アナザーライダーをライドウォッチなしで倒せるようになるということは「他のライダーの力を継承しなくてもよい=他のライドウォッチを所有しているオーマジオウになる歴史から離れることも可能」になると思われるが、ウォズやソウゴがどのような思惑を抱いているかは未だ言及されていない。
ジオウライドウォッチⅡの使用を早めたことを「新たな歴史の幕が開く」と表現した可能性もあるため、本来のオーマの日にジオウⅡになったのかもまた同様である。

関連タグ

仮面ライダージオウ ZI-O オーマジオウ ジオウライドウォッチⅡ
スーパールパンレッド:30分後の番組で登場した同じく未来予知が使用できるヒーローの強化形態。両作の共通出演者からは「スーパージオウⅡ」とネタにされていた。
ハイパーフォーム:同じく歴史改変が可能で2号ライダーの死亡を回避した。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジオウⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 307563

コメント