ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジオウⅡ

じおうつー

特撮番組『仮面ライダージオウ』に登場する主役ライダーの形態のひとつ。
目次 [非表示]

ライダータイム!

仮面ライダー!ライダー!

ジオウ・ジオウ・ジオウ!Ⅱ(ツー)!


ソウゴ「善も悪も、光も闇も、全て受け入れる!その力で俺は、未来を切り開く!」


ウォズ「王の凱旋である!

    祝え!全ライダーを凌駕し、時空を越え、

    過去と未来をしろしめす時の王者!

    その名も仮面ライダージオウⅡ!

    新たな歴史の幕が開きし瞬間である!」


ソウゴ「おぉ…ねね、久しぶりだね? ふふっ」


概要

正式名称は「仮面ライダージオウⅡ(ツー)」

ジクウドライバージオウライドウォッチⅡを使って変身する、ジオウの強化形態


ジオウにとってはディケイドアーマーに次ぐ2つ目の中間フォームにあたるが、直接変身できる点では中間フォームと言うよりは新たな基本形態と言うべきか(ポジションとしては闘魂ブースト魂に近い)。


容姿

仮面ライダージオウⅡ

「II」の名の通り頭部の針やバンドなどの時計のモチーフが2つ分になっており、肩部や首回りにオーマジオウを思わせる金色が追加されている。

顔の時計の針がさしているのはジオウでは10時10分だったが、ジオウⅡでは反転した2つの10時(10時と2時)。


スペック

身長202.0cm
体重96.4kg
パンチ力25.2t
キック力58.3t
ジャンプ力ひと跳び66.1m
走力100mを2.4秒(時速150km)

全身を覆う人工筋肉「ナノチューブ筋」の密度が2倍に増えた事により、全体の機能が2段階引き上げられている。それによってパンチ力、キック力は元の約3倍強。ジャンプ力、走力は元の約2倍強にまで強化された。

劇中では仮面ライダーゲイツの必殺技「タイムバースト」すら反射したアナザーリュウガの反射能力を許容範囲を超える攻撃力で突破している他、複数襲って来たヒューマノイズを通常のパンチやキックだけで難なく撃破している。


能力

特殊フィールド「マゼンタリーマジェスティ」を形成することによって攻撃・耐久性・損傷の修復スピードの倍速化などの強化がされ、特に攻撃にはアナザーライダーを撃破する力を与えることができ、対応するライドウォッチ無しでアナザーウォッチの破壊が可能。

「マゼンタリー」とは"Magenta"に接尾辞の「ly」を加えた造語と思われる。

マジェスティは「威厳」を意味するため、意味としては「マゼンタ=ディケイドの様な威厳」と言った所か。


また頭部の時計の針を模した「プレセデンスブレード」は長針センサー「バリオンプレセデンス」の回転により「起こりうる事象」を観測し、未来予知と言える程高精度の未来予測が可能(この際、ウォッチのD'9サイド=金の方が発光する)。

更にジオウライドウォッチⅡによる時間遡行ゲイツが死ぬ未来を改変している。

小説版では更に局所的な時間停止まで使える事が判明。但し、本編ではテストで問題を予知して楽をしようとしたが失敗しており、これらの時間操作能力はどの並行世界の「常磐ソウゴ」でも自在に使えると言う訳では無い様子。


「ライドウォッチによりほかのライダーの力を使う」ジオウから一気に「時の王者」たるオーマジオウに近い能力に進化を遂げている。

ある意味これこそが「ジオウ」固有の能力なのだが、オーマジオウに近い能力を得た事で物語は大きな影響をもたらす事になる…


使用アイテム

ジオウライドウォッチⅡ

ジオウⅡ

ライドウォッチIIでパワーアップ!

を目指す、仮面ライダージオウⅡ!


ジオウⅡへの変身に使用するウォッチ。

左右に分割でき、変身時はドライバーの左右のスロットにセットする。


サイキョーギレード

ジオウⅡと共に登場した、ジオウの顔を模した武器。

ジオウの能力に追随する形で強化され、ジオウにとっては常に最強の武器であり続ける。


必殺技

トゥワイズタイムブレーク

ライダーフィニッシュタイム!!

トゥワイズタイムブレーク!!

ベルト操作で発動する技。

EP24では腕にピンク色の光を纏って放つパンチを発動した。

EP27ではピンクと金色の「キック」のエフェクトで相手を囲む「タイムブレーク」の強化版のような形で放った。

玩具や字幕では「トゥワイ」の表記だが、公式サイトなどではトゥワイと呼称される。

英語ではおそらく「2度」「2倍」を意味する"twice"であり、この読みとしてはトゥワイスの方が正しい。


ライダー斬り

サイキョーギレードのフェイスが「ライダー」の時に発動する技。

刀身にピンク色の光を纏わせて敵を切り裂く。

この時点であらゆる攻撃を反射したアナザーリュウガの能力を打ち破る威力を持つ。


覇王斬り

サイキョーギレードのフェイスが「ジオウサイキョウー」の時に発動する必殺技。

時計の文字盤を模した七色の斬撃を飛ばして敵を切り裂く。

初使用時はヒットした際の余波で敵の背後の建物のガラスまで粉砕させてしまう程の威力を見せた。

ライダー斬りも併せて王の名の付く時空ライダーの「電車斬り」を思い出した視聴者も多かった様子(ただしあちらと違ってこちらは正式名)。


キングギリギリスラッシュ

【バトルスピリッツ】仮面ライダージオウⅡ

サイキョーギレードとジカンギレードを合体させた「サイキョージカンギレード」による必殺技。

「ジオウサイキョウ」と書かれた長大な光の刃で相手を一刀両断する。

シティウォーズでは「タイムⅡスラッシュ」という名称のものも存在し、こちらは時計の針の軌跡を描いて斬撃波を放つ技となっている。


機界戦隊ゼンカイジャー』第20カイ!では、ジオウのギアを使用したゼンカイジュランが未来予知と共に、自身の武器「ジュランソード」でこの技を発動した。


キングギリギリスラッシュ+トゥワイズタイムブレーク

トゥワイズタイムブレークを発動した状態でキングギリギリスラッシュを発動。

アナザージオウと相打ちになった。


バトルスピリッツ

「コラボブースター【仮面ライダー ~欲望と切札と王の誕生~】」にて初出。

煌臨による展開の時に、上記の時間遡行を再現したと思われるトラッシュの仮面ライダーをデッキに戻す効果と、アタック時に自分のデッキ枚数に応じて(間接的にはデッキ内の仮面ライダーの力を借りて強くなるとも言える)、相手に与えるライフダメージを増やすような効果を持つ。


一見するとそこまで派手な効果では無い上、TCGの一般論で言えばデッキの回転が遅くなるため推奨されないが、後者の効果はTCGでは非常に珍しい「自分のデッキ枚数が多ければ多いほど強い」能力であり、レジェンドライダーの力を継承することで強くなるジオウの特徴を良くも悪くも再現できていると言える。

ちなみに同ブースターの発売時点で、本編ではグランドジオウは登場していない上、結果的にあちらの効果もライダー召喚やライダーの効果を使うものであるため、あくまで自身のみの強化としてライダーの能力を活用しているこちらの再現度は高いと言える。


余談

主役ライダーの強化形態名が「ライダー名に追加される」パターンは龍騎サバイブ響鬼紅装甲響鬼に続く3人目。(超デッドヒートドライブは一応別ライダー扱い)


RKFシリーズでは細身かつ前垂れ状の下部バンドが脚と一体化しているため、アーマータイムさせることもできる。ただし頭部形状が特殊なため、頭部は差し替えないことを想定している様子(作例でもエグゼイドアーマーは頭部のみジオウⅡのままである)。


ジオウⅡの変身待機時に流れる音は、ジクウドライバーにツクヨミライドウォッチゼロワンライドウォッチ装着時の変身待機時にも同じものが使われている。


中間フォームのなかではかなり戦績がよく、『ジオウ』本編におけるガチバトルでは苦戦するシーンこそあれどアナザージオウⅡが出るまではアナザージオウ以外白星(アナザージオウは相討ちの為実質負け無し)と言う戦績を収めている(ただしEP41のゲイツとツクヨミに襲われた事と番外編も含めるともう2回敗北している)。

また、中間フォームは一度きりの登場だったり、後続のフォームが出るとあまり使われなくなっフォームが少なくなかったが、ジオウⅡは次の中間フォームが出た後も出番に恵まれ、最終フォームが出ても活躍している。これほど活躍する中間フォームはかなり珍しい

これはおそらく未来予知がジオウⅡにしかない能力である為だと思われる(グランドジオウなどが出来るのは時間操作のみ。別格であるオーマジオウやオーマフォームを除くと他に未来予知が出来るフォームはない)。



考察

王の凱旋

この形態になり金色が追加されたが、ジオウの未来の姿とされるオーマジオウが金主体のカラーであるため一部では「オーマジオウに近づいているのではないか」と考察されている。


ジオウライドウォッチⅡはオーマの日に使用するもの」としてウォズから与えられており、ソウゴの「俺がオーマジオウになるための」と言う問いに対して黒ウォズは「そうだ」と肯定しているため、オーマジオウに深くかかわるライドウォッチであることには違い無いと思われる。現状では少なくともオーマジオウの前段階とも言える形態である。しかし、ゲイツの回想では通常のジオウから直接オーマジオウに変化している。


また時を操る能力を知ったゲイツとツクヨミからはオーマジオウの能力として警戒される。それは今までソウゴがオーマジオウになることを信じ切れなかったツクヨミをして「時間や人の命を弄ぶことは許されることじゃない」と言わせる程である。


そしてEP23からツクヨミはオーマジオウを倒すことを目標とする白ウォズ側に付く事になった。

その一方ゲイツ「お前がオーマジオウになったら俺が倒す」とEP16で決意した為か、ツクヨミとは違いその後も変わらない共闘関係を取っていたが…


EP15でオーマジオウがソウゴに「安心するがいい。遠くない未来、お前もさらなる力を手に入れる。魔王に相応しい力をな」と予知めいた言葉を告げていたが、恐らくジオウⅡのことを言っていたのだろう。


尚、アナザーライダーをライドウォッチ無しで倒せる様になると言う事は「他のライダーの力を継承しなくても良い=他のライドウォッチを所有しているオーマジオウになる歴史から離れる事も可能」になると思われるが、ウォズやソウゴがどの様な思惑を抱いているかは未だ言及されていない。

ジオウライドウォッチⅡの使用を早めた事を「新たな歴史の幕が開く」と表現した可能性もある為、本来のオーマの日にジオウⅡになったのかもまた同様である。


尚且つ「縦に走る時計のバンド状パーツの走り方」や「2人のジオウが重なり合ったかのような容姿」。そしてはじめてその姿が披露された時期などから劇場版に登場した2体のアナザーライダーの要素も見出すことができる。


この他、ジオウⅡウォッチの成立経緯に自分の暗黒面が関わっていたり、変身後に「善も悪も、光も闇も全て受け入れる」と宣言しているが、最終回で変身したオーマジオウは文字通り、ダークライダーの歴史も継承している。ジオウⅡとはライダーの歴史を継承する覚悟を表すフォームだとも解釈できる。


関連タグ

仮面ライダージオウ

ZI-O オーマジオウ


ジオウライドウォッチⅡ オーマの日

アナザージオウⅡ


チートライダー


ジオウ 時の王者:挿入歌。


スーパールパンレッド:30分後の番組で登場した同じく未来予知が使用できるヒーローの強化形態。両作の共通出演者からは「スーパージオウⅡ」とネタにされていた。

ハイパーフォーム:同じく歴史改変が可能で2号ライダーの死亡を回避した。


中間フォーム(2つ目)

ラビットタンクハザードフォームジオウⅡシャイニングアサルトホッパー


ジオウの中間フォーム

ディケイドアーマージオウⅡジオウトリニティ































































本編終了後のネタバレ注意




























































ソウゴ「俺は王様になる。ただし……魔王にね」


仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』にも登場。

フィーニスがソウゴから平成ライダーの力を奪い取って変身したアナザー1号に対して変身、相変わらず強力な未来予知能力を活かしてアナザー1号の攻撃を回避しつつキングギリギリスラッシュで応戦する。

アナザー1号の攻撃力と機動力に苦戦を強いられてしまったジオウトリニティ以上に善戦していたが、途中でゲイツのタイムマジーンを取り込んでアナザー新1号への進化を許してしまい、さらに増大した一撃で吹き飛ばされて通常形態に戻されてしまった。

ちなみに、このときのサイキョージカンギレードはこれまでとは逆に先にサイキョーギレード本体をジカンギレードに合体させてからギレードキャリバー(ジオウの顔型のパーツ)を付け替えている。

関連記事

親記事

ZI-O かめんらいだーじおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 879006

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました