ピクシブ百科事典

ハイパーフォーム

はいぱーふぉーむ

『ハイパーフォーム』とは、「仮面ライダーカブト」最強の形態である。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーカブトが左腰部に装着したツール「ハイパーゼクター」を使い、ハイパーキャストオフをした姿。劇中では、ライダーフォームの状態から三段階目の変身を行い、この姿となる。
ヒヒイロノカネの2倍の強度を持つ、「ヒヒイロノオオガネ」なる未知の金属で出来た装甲「カブテクター」で身体各部を覆っている。
ハイパーゼクターの力で、クロックアップを超える超高速移動能力「ハイパークロックアップ」の行使が可能となり、この能力で時間を超え、過去や未来にタイムスリップする事も出来る。
さらに、マキシマムライダーパワーを発動させることで、ライダーキックの破壊力を格段にアップする事が出来る。

仮面ライダーガタックHF


なお、カブトだけではなく、仮面ライダーガタックハイパーフォームになる事が可能である(他のマスクドライダーシステムに関しては不明)。
一応、CSMハイパーゼクターダークカブトゼクターを併用して仮面ライダーダークカブトハイパーフォームへの変身遊びをする事は可能である。(CSMハイパーゼクターにはカブトとガタックの強化音声しか収録されていないが、ダークカブトの場合はカブトの物で充分音声の代用が効く為である。)
また、ダークカブトのデザインは色以外カブトと全く同じである為、ハイパーフォームもカブト版と色以外全く同じである事が考えられる。(主人公と同じ外見のダークライダーの最強形態には前例あり。)


ツール

ハイパーゼクター
カブト(及びガタック)がハイパーフォームへの変身に用いるカブトムシ型のメカ。カブトムシの角に相当するゼクターホーンを押し倒すことでハイパーフォームへの変身である「ハイパーキャストオフ」が開始される。ハイパーフォームに変身してからスラップスイッチを叩く事で、カブテクターが開き、「ノーマルモード」から「ハイパークロックアップモード」という姿に移行し、「ハイパークロックアップ」を発動する。
もう一度ゼクターホーンを押し倒すと、『Maximum Rider Power』の電子音声を発し、マキシマムライダーパワーがチャージされる。

パーフェクトゼクター
ハイパーフォームの力を手に入れたカブトの元へ突如飛来した、対ワーム用の究極武器。大剣型のソードモードと銃型のガンモード、2つの形態を使い分ける。また、ザビードレイクサソードのゼクターを呼び出し、合体させてパワーアップさせる事が可能。当然、その間、3人のライダー達は変身不能となる。3つのゼクター全てを合体させると「All Zector Combine」という電子音声を発し、この状態を「パーフェクトモード」と呼ぶ。

必殺技

ハイパーライダーキック
ハイパーゼクターの発動する「マキシマムライダーパワー」を加えた、ライダーキックの強化版。破壊力は30t。通常時の回し蹴りと異なり、こちらは基本的に飛び蹴りで放たれる。
ハイパーゼクターのゼクターホーンを押し倒し、ライダーキックの手順を踏む事で発動する。
天道は毎回「ハイパーキック」と呼んでいるが、ゼクター側の音声は変化なくライダーキックと鳴る。そのためか、技名は両方を組み合わせたものになっている。
なお、初代仮面ライダーにて仮面ライダー1号ベルトのツマミを操作して「ライダーパワー」なる力を発動させ、窮地を脱したシーンがあり、それが「マキシマムライダーパワー」の元ネタとなった可能性がある。

マキシマムハイパータイフーン
「パーフェクトゼクター」(ソードモード時のパーフェクトモード)で発動する技。カブトホーンを模した巨大な光子の刃で敵に斬り付ける。

マキシマムハイパーサイクロン
「パーフェクトゼクター」(ガンモード時のパーフェクトモード)で発動する技。竜巻状の巨大エネルギー波を放つ。を一個木端微塵にするほどの効果範囲を持ち、命中すればどんな物体でも原子レベルまで分解されてしまう。悪魔か。
ちなみに発射の際、反動の相殺の為にカブテクターが自動展開される。
(それでも数メートル程下がる程の反動である)

関連タグ

仮面ライダーカブト(番組) カブト(仮面ライダー)
仮面ライダーガタック
パーフェクトゼクター マキシマムハイパーサイクロン
GOD_SPEED_LOVE 仮面ライダーコーカサス
最強フォーム
この世で一番速いヤツ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイパーフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79266

コメント