ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「チャージ、アップ!」

概要

仮面ライダーストロンガーブラックサタンの科学者であった正木博士の再改造を受け、体内に埋め込まれた超電子ダイナモを起動させてパワーアップした姿。
超電子ダイナモを起動させると、のカブテクターに白いラインが入り、のカブトショックが白銀となる。(角自体のサイズも増大している)

同様のパワーアップは、パワーアップして体色が変化した仮面ライダー1号(桜島1号、新1号)や、風見志郎にマーキュリー回路を埋め込まれた仮面ライダーXで見られるが、劇中で二段変身を遂げるのは初めて。

平成ライダーで定番化した強化形態(フォームチェンジ)の元祖といえる。

データ

身長183cm
体重78kg
ジャンプ力90m(ひと跳び)
キック力(※)


電気エネルギーに耐性をもつデルザー軍団改造魔人をも一撃で倒しうる凄まじいパワーを誇る。
設定ではストロンガーの100倍のパワーを誇り、それ以降は基本形態のパワーもアップしたようで、エレクトロファイヤーや電キックで改造魔人を怯ませるようになった。
さらに制限時間ギリギリになると最大のパワーを発揮することができるが、その後は無防備になってしまう(その弱点を突かれマシーン大元帥ら半機械人に拉致されてしまっている)。

ただし、超電子ダイナモは1分以上使うと自爆を招く欠点がある(クールタイムについては明確な描写がなく、33話ではAパートとBパートで連続変身している)、狼長官ジェネラルシャドウはチャージアップしても苦戦する強敵も存在する。

(※)『仮面ライダーの超常識』(双葉社刊、2016、P182)ではキック力は100tと記載されていて、wikipediaでもそれを引用して"100t"だと記述されている。尤も、この書籍は特撮制作サイドの東映の監修はされている一方で、原作サイドの石森プロの監修はなされておらず、"公式に設定された数値"だとは言い難いので注意が必要。おそらくではあるが、通常の100倍のパワーを持つという設定を拡大解釈した結果ではないかと思われる。

必殺技

  • 超電稲妻キック

空中で大の字になり、落雷を浴びてから放つ最強キック。

  • 超電急降下パンチ
空中からライダーパンチを放つ。
隊長ブランクに大ダメージを与えた。

  • 超電ジェット投げ
回転で勢いを付けたジャイアントスイング。
磁石団長とX達に投げ飛ばされたヨロイ騎士を激突させ、倒した。

  • 超電子ドリルキック
爆発のエフェクトから錐揉みキックを放つ。両足で放つと「超電スクリューキック」になる。
前者はドクロ少佐の首を蹴飛ばし、後者は狼長官に対して放った。

  • 超電三段キック
三連続キックと三段跳びからのキックの2タイプがあり、前者は岩石男爵に引導を渡した。

  • 超電大車輪キック
空中で時計回りを行い、必殺キックを放つ。
ヘビ女を撃破した。

  • 超電逆落とし
敵を抱えてジャンプし、回転をかけて敵の脳天を地面に激突させる。磁石団長に対して使用した。
恐らくは反転ブリーカーのチャージアップ版。

以上の技があり、『仮面ライダーSPIRITS』では「超電ウルトラサイクロン」でプロトタイプZX部隊を殲滅させている。S.I.CHERO SAGAではクロックアップ状態のディケイドカブトハイパーフォームを破っている

なお、エレクトロファイヤー系の技は使用していないが、使用できるかは不明である。

余談

スカイライダーで登場した際には怪人クラゲロンを超電子ドリルキックで葬り去っているが、なぜかこの時には外見の変化がなかった(予算の都合とか言ってはいけない。ライダー図鑑などではチャージアップせずに放ったとする文章がある)。

スーツはシンプルなカラバリ…と思われがちだがはアルミ板を丹念に貼り合わせサイズが増大、輝く白銀を表現しておりまた角の変化に合わせるためマスク部分も新造されている。
また胸のSマークを回転ギミックのためにモーターを仕込んだりなど一概にそうとは言い切れない一面もある

関連タグ

仮面ライダーストロンガー 最強フォーム

仮面ライダークロスセイバー:チャージアップをルーツとしているフォーム。角の増大、白銀に輝くなど、共通項も散見される

昭和ライダー
チャージアップ

平成ライダー
アルティメットフォーム

関連記事

親記事

ストロンガー すとろんがー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「チャージアップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25850

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました