ピクシブ百科事典

仮面ライダーカブト

かめんらいだーかぶと

仮面ライダーカブトとは、2006年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第7作目である。全49話。
目次[非表示]

天の道を往き、総てを司る!
俺が正義

概要

2006年1月29日から2007年1月21日までテレビ朝日系列で放映された平成ライダーシリーズ第7作目にして仮面ライダー生誕35周年記念作品
テーマは「最強の仮面ライダー」である(『仮面ライダーストロンガー』のオマージュとされている)。実際に主役ライダーカブト変身者共々チートライダーとして扱われる程の強さを誇っている。

同時に、これまでの仮面ライダーシリーズにもあった物語性やパフォーマンスを踏襲しつつ、随所に盛り込まれたお料理要素やコメディ描写など、これまでのシリーズとはまた一味違ったセンスが特徴といえる。公式サイトでも、テレビ朝日版に料理レシピが掲載されたり、東映版に料理シーン撮影の裏話が掲載されたりしている。

メインライターを米村正二、サブライターを井上敏樹、メインプロデューサー白倉伸一郎が担当。

本作より映像の画質が、従来の本シリーズの特徴でもあったビデオ収録映像特有のクリアで透明感のあるものから、シネライクガンマ処理による画像エフェクトからもたらされるフィルム的な粒子感の有る画質へと本格的に変化している。これは地上デジタルハイビジョン放送時代への対応を目的として『仮面ライダーアギト』以降の劇場版で使用されているHD24P撮影システムを使用し始めたためである。

物語

西暦1999年渋谷に突如として振り注いだ隕石により、人々は大きな痛手を受ける。
そして7年後の西暦2006年、その渋谷隕石と共に飛来してきた謎の地球外生命体・ワームが、渋谷隕石の落下地点である渋谷を中心に増殖し、猛威を振るい始める。
警察によって組織された対ワーム殲滅部隊・ZECTの隊員である加賀美新は、前線に出て人々を守ろうと熱意を燃やすが、後方支援にばかり回されその未熟さから空回りする日々が続いていた。そんな中、市街に現れたワームによって部隊が危機に瀕する。加賀美が新しく開発された新兵器・マスクドライダーシステムの力を借り、ワームと対峙しようとしたその時、謎の青年・天道総司が現れ、なんと仮面ライダーカブトに変身してしまう。

そしてこの時から二人は人類とワームの生存をかけた戦いの渦中へと飛び込んでいくことになる。

総合的な評価

平成二期の作風に慣れた人ならば特に驚かないかもしれないが、良くも悪くもとにかくぶっ飛んだ作風であり世界観こそシリアスで真面目な話も多々あるが、ある意味それ以上にギャグのインパクトが強く、当時、賛否両論になった。
また、多数の仮面ライダーが登場するのだが、出番が均等だとは言い難く活躍もかなりまばらである。しかし、主役ライダーであるカブト、5人目のライダーにして実質的な副主人公でもある仮面ライダーガタック、後半からの登場ながら視聴者に強烈な印象を与えた仮面ライダーキックホッパー仮面ライダーパンチホッパー、少ない出番の中で印象的な活躍を残した仮面ライダードレイク、本作一のギャグキャラにして戦闘力も高い仮面ライダーサソード、変身者によって戦闘スタイルが変化する仮面ライダーザビー、主人公と瓜二つの姿をした仮面ライダーダークカブトといった具合に、ライダー一人一人に個性・魅力が存在しており、見せ場もしっかりある点も注目されている。

そのため、良くも悪くも勢いが強すぎる展開の多さや上記にもあるようにライダーの出番がまばらなこともあり批判されることもあるが、「シリアスとギャグのバランスが良い」「見ていて楽しい」など肯定的な意見も多く、独特なストーリーや、スタイリッシュな戦闘シーンとライダーの純粋なカッコよさ、これまでの平成ライダーからやや離れたアニメチックな濃いキャラクター達による根強いファンが多い作品である。

主な登場人物

仮面ライダー


ZECT


その他


ライダーとしての能力

本作のライダーは、各ライダー専用のゼクターと変身デバイスで変身を行う。
戦闘には、各ライダー専用の武器や各必殺技・特殊能力を使用してワームを倒す。

ゼクター

マスクドライダーシステム変身アイテム
外見は掌サイズのデフォルメされたのような形をしている。
普段はZECT本部に収められているが、ワームによるテロを察知するとジョウントと呼ばれる移動方法で空間を引き裂いてワープし変身者の元へと駆けつける。
最大の特徴として、自らの意志を持っている事で、ゼクターに選ばれたものだけが、仮面ライダーに変身する権利を得る。
他にも各必殺技・特殊能力を使用する場合に各能力の状態をアナウンスで伝える機能も存在する。

キャストオフプットオンで切り替える2つのフォーム

ほぼ全てのライダーは、

の2種類のフォームを使い分ける事ができる。
詳細はマスクドライダーシステムを参照。

クロックアップ

全身を駆け巡るタキオン粒子によって、時間流を自在に行動できるようになる超高速の特殊移動方法で、各ライダーフォームやワームの成虫体が持つ能力。
ライダーの場合は腰部のベルトにあるスイッチに触れることで、ワームの場合は自らの意思で発動する。
スイッチはバックル中心部の両脇にあり、ライダーベルトカブトガタックダークカブトはプッシュ式のスラップスイッチゼクトバックルはスライド式のトレーススイッチである。
詳細は該当記事を参照。

ワーム

詳細はワーム(仮面ライダーカブト)を参照。

各話リスト

正式なサブタイトルは存在せず、サブタイトルとするものは新聞のテレビ番組欄やテレビ番組情報誌などに表記されている。
登場するライダーはカブトを除き、ダークカブト以外初登場時のものを記述。

話数サブタイトル放送日脚本監督登場するマスクドライダー、ワーム
1最強男2006年1月29日米村正二石田秀範アラクネアワーム・ルボア、アラクネアワーム・フラバス、アラクネアワーム・ニグリディア
2初2段変身2006年2月5日米村正二石田秀範アラクネアワーム・フラバス、アラクネアワーム・ニグリディア
3俺が正義!!2006年2月12日米村正二田村直己ランピリスワームベルクリケタスワーム
4愛を説く!!2006年2月19日米村正二田村直己ベルクリケタスワーム
5捕獲指令!!2006年2月26日米村正二長石多可男エピラクナワーム
6オレ様の花2006年3月5日米村正二長石多可男プレクスワーム
72号新登場2006年3月12日米村正二石田秀範仮面ライダーザビーベルバーワーム、ベルバーワーム・ロタ
8怒れる豆腐2006年3月19日米村正二石田秀範ベルバーワーム
9蜂の乱心!!2006年3月26日米村正二田村直己コレオプテラワーム・アエネウス、コレオプテラワーム・クロセウス、コレオプテラワーム・アージェンタム
10友じゃねえ2006年4月2日米村正二田村直己コレオプテラワーム・クロセウス、コレオプテラワーム・アージェンタム
11合コン燃ゆ2006年4月9日井上敏樹田崎竜太仮面ライダードレイクミュスカワーム
12化粧千人斬2006年4月16日井上敏樹田崎竜太ミュスカワーム
13チーム解散2006年4月23日米村正二長石多可男セクティオワーム、セクティオワーム・アクエレ
14裏の裏の裏2006年4月30日米村正二長石多可男白サナギ
15怪人名医!?2006年5月7日井上敏樹鈴村展弘フォルミカアルビュスワーム、フォルミカアルビュスワーム・オキュルス、フォルミカアルビュスワーム・マキシラ
16まさかの嵐2006年5月14日井上敏樹鈴村展弘フォルミカアルビュスワーム、フォルミカアルビュスワーム・オキュルス、フォルミカアルビュスワーム・マキシラ
17甦る記憶!!2006年5月21日井上敏樹田崎竜太ビエラワーム
18さらばゴン2006年5月28日井上敏樹田崎竜太ビエラワーム
19さそり富豪2006年6月4日井上敏樹長石多可男仮面ライダーサソードセパルチュラワーム
20ねぇじいや2006年6月11日井上敏樹長石多可男セパルチュラワーム、スコルピオワーム
21VSクワガタ2006年6月25日米村正二田崎竜太ブラキペルマワーム・オーランタム、ブラキペルマワーム・ビリティス
22誕生特別編2006年7月2日米村正二田崎竜太仮面ライダーガタックタランテスワーム・パープラ、ブラキペルマワーム・オーランタム、ブラキペルマワーム・ビリティス、スコルピオワーム
23謎+謎=X2006年7月9日米村正二田村直己ジオフィリドワーム
24ラーメン道2006年7月16日米村正二田村直己ジオフィリドワーム
25驕る捜査線2006年7月23日米村正二長石多可男ウカワームジェノミアスワーム
26激震する愛2006年7月30日米村正二長石多可男ジェノミアスワーム
27俺!?殺人犯2006年8月6日井上敏樹田崎竜太アキャリナワーム
28なぜ!?絶命2006年8月13日井上敏樹田崎竜太アキャリナワーム・アンバー
29闇キッチン2006年8月20日井上敏樹石田秀範キュレックスワーム
30味噌汁昇天2006年8月27日井上敏樹石田秀範キュレックスワーム、スコルピオワーム
31衝撃の事実2006年9月3日米村正二長石多可男フォリアタスワームシシーラワーム
32解ける謎!!2006年9月10日米村正二長石多可男フォリアタスワーム、シシーラワーム
33萌える副官2006年9月17日米村正二田崎竜太仮面ライダーキックホッパー、ウカワーム、キャマラスワーム
34砕け超進化2006年9月24日米村正二田崎竜太仮面ライダーカブト(ハイパーフォーム)、ウカワーム、キャマラスワーム
35地獄の兄弟2006年10月1日米村正二石田秀範仮面ライダーパンチホッパーネイティブコキリアワーム
36赤い靴暴走2006年10月8日米村正二石田秀範ネイティブ、コキリアワーム
37学校の怪談2006年10月15日米村正二長石多可男レプトーフィスワーム
38あぶない妹2006年10月22日米村正二長石多可男レプトーフィスワーム
39強敵黒カブト2006年10月29日井上敏樹田崎竜太ウカワーム、サブストワーム仮面ライダーダークカブト
40最大の哀戦2006年11月12日井上敏樹田崎竜太ウカワーム、サブストワーム、仮面ライダーダークカブト
41敗れる最強2006年11月19日米村正二石田秀範カッシスワーム・ディミディウス、ネイティブ
42最凶VS.最恐2006年11月26日米村正二石田秀範カッシスワーム・ディミディウス、カッシスワーム・グラディウス、仮面ライダーダークカブト
43俺を狙う俺2006年12月3日米村正二柴﨑貴行カッシスワーム・グラディウス、仮面ライダーダークカブト
44生きるとは2006年12月10日米村正二柴﨑貴行カッシスワーム・グラディウス、仮面ライダーダークカブト
45Xマス激震2006年12月17日井上敏樹長石多可男スコルピオワーム、カッシスワーム・クリペウス
46さらば剣!!2006年12月24日井上敏樹長石多可男スコルピオワーム、カッシスワーム・クリペウス
47最終章突入2007年1月7日米村正二石田秀範サナギ体、ネイティブ
48天道死す!!2007年1月14日米村正二石田秀範グリラスワーム、ネイティブ、仮面ライダーダークカブト
49天の道2007年1月21日米村正二石田秀範グリラスワーム、ネイティブ、仮面ライダーダークカブト

主題歌・挿入歌

作詞:藤林聖子/作曲・編曲:渡部チェル/歌:YU-KI(TRF
仮面ライダージオウ』のカブト編でもイントロが使用された。

  • 前期EDテーマ『FULL FORCE』(第2話〜第32話)
作詞:藤林聖子/作曲:nishi-ken/編曲:RIDER CHIPS・渡部チェル/歌:RIDER CHIPS

  • うきうきバースデイ』(第22話)
作詞:森由里子/作曲:いけたけし/歌:影山瞬内山眞人
影山瞬神代剣の誕生日を祝うために歌った(歌わされた)。

  • 後期EDテーマ『LORD OF THE SPEED』(第33話〜第49話)
作詞:藤林聖子/作曲:渡部チェル/編曲:RIDER CHIPS・渡部チェル/歌:RIDER CHIPS featuring 加賀美新佐藤祐基
仮面ライダーガタックテーマソング。
通称「ウンメイノー」。

余談

第14話では同時期に公開された『仮面ライダーTheFirst』の主人公本郷猛がゲスト出演した。

ニコニコ生放送で行われた一挙放送ではライダーがクロックアップを使うとコメントが流れるスピードが遅くなるというお遊びが行われた。
おい公式何やってんだよもっとやれ

放送当時はステーキレストラン「ステーキのどん」とタイアップしており、CMの設定では加賀美がここでバイトしていることになっていた。

関連動画




関連タグ

特撮 仮面ライダー 平成ライダー 平成一期
マスクドライダーシステム ゼクター ワーム(仮面ライダーカブト) ネイティブ(仮面ライダーカブト)
GOD_SPEED_LOVE
天道語録 駈斗戦士

ウルトラマンメビウス魔弾戦記リュウケンドー轟轟戦隊ボウケンジャーライオン丸G:本作とほぼ同時期に放映された特撮作品。

仮面ライダーストロンガー:仮面ライダーシリーズ第5作目にして7人目のライダー、すなわち「仮面ライダー7号」であり、旧世代の「最強」をテーマとした仮面ライダー。主人公が破天荒な性格をしている」「主役ライダーのモチーフがカブトムシ」「前作がシリーズの中でも異色の作品である」といった共通点がある。

仮面ライダー龍騎仮面ライダー鎧武:同じく多数の仮面ライダーが登場し、時に戦い合う作品。本作で三島正人を演じる弓削智久氏がレギュラー出演している。

ニチアサ同期
30分前轟轟戦隊ボウケンジャー
30分後ふたりはプリキュアSplash☆Star

仮面ライダー響鬼仮面ライダーカブト仮面ライダー電王

関連記事

親記事

平成一期 へいせいいっき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダーカブト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仮面ライダーカブト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7375713

コメント