ピクシブ百科事典

仮面ライダー555

かめんらいだーふぁいず

仮面ライダー555とは、2003年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第4作目である。全50話。
目次[非表示]

疾走する本能。
Open your eyes for the next φ's!

概要

怪人(オルフェノク)へと変わってしまった者の苦悩や変身ベルトの争奪戦、草加君などハードな描写やアクの強いキャラクターが本作の特色として挙げられる。

前作『仮面ライダー龍騎』では「ライダーだからといって正義の味方とは限らない」という構図が話題となったが、本作ではさらにライダー=正義 怪人=悪」という図式を排し、善か悪かなどという単純な価値観では割り切れない物語や、「正義とは何か?そもそも人間は守るに値する存在なのか?」という根源的なテーマを直球で投げつけてきた一作である。
人間関係が非常にドロドロした物語で、リアルないじめ嫌がらせの場面が多く、登場人物達の凄惨な経緯や末路の描写など、朝の特撮ドラマでありながら昼ドラ並の重々しいストーリーが展開されていき、それらは常に賛否両論の的となっていった。
全50話の脚本を井上敏樹がすべて担当していたこと、彼自らが執筆した小説版ではより陰惨な描写が増えていることも有名。

平成ライダー4作目なのに555という一見紛らわしいネーミングだが、これはメカニカルなライダーの原典である仮面ライダーXが仮面ライダーシリーズ三作目にして五人目のライダー、すなわち「仮面ライダー5号」であることから。

総合的な評価

平成ライダー初の怪人側のエピソードがある事で当初から波乱を呼んだ作品であり、怪人でありながら人間の心を持つ者と、人間でありながら悪事を働く者らが登場する等、龍騎同様にこれまでの仮面ライダーの常識を覆す作品としてニチアサ枠を飾った。

アクの強いストーリーや劇中描写故に苦手な人もいたらしく、当時はBPOテレビ朝日に「朝から重すぎる話を見せられて気分が悪い」「もっと子供に安心して観せられる内容を放送してくれ」等のクレームなど少なからず批判を喰らった。
一方で玩具や劇場版の売り上げは当時最高の記録を残している。

携帯電話を始めとする日用電化製品をモチーフとしたギミック豊かなライダーや主人公の純粋な格好良さと、ヒーローとは言い難い卑劣漢ながらも一概に悪人とも評し難い濃いキャラ性で人気を獲得した草加雅人影の主人公としてストーリー上で大きな存在感を示してくれた木場勇治、そんな彼らの裏でコメディでもシリアスでも良き狂言回しを務めた海堂直也などの個性豊かな味のあるレギュラーキャラ達の存在や、後のスーパーヒーロー大戦等の映画などの活躍により人気を高め、大人から子供まで広い範囲で愛される作品となっているといえる。
仮面ライダー4号」という、555そのものの続編と呼んで差し支えない話(ただし語り部は仮面ライダードライブ泊進ノ介)まで作られている。

主な登場人物

ライダー

本作には、本編では4タイプのライダーが、劇場版を含めると6タイプのライダーが登場する。
以下に示しているのは主にそのライダーに変身する人物であり、ファイズ、カイザ、デルタについてはベルトが奪われることで(敵を含め)他の人物が変身する場面もある。
なお、龍騎を除くそれまでの平成ライダーと同様に作中で「仮面ライダー」を定義するシーンはなく「ライダー」という呼称も使われていない。

乾巧 / 仮面ライダーファイズ
草加雅人 / 仮面ライダーカイザ
三原修二 / 仮面ライダーデルタ
木場勇治 /ホースオルフェノク / 仮面ライダーオーガ(劇場版)
レオ / 仮面ライダーサイガ(劇場版)
ライオトルーパー

スマートブレイン

村上峡児 / ローズオルフェノク
スマートレディ

ラッキークローバー
Mr.ジェイ / クロコダイルオルフェノク
澤田亜希 / スパイダーオルフェノク
琢磨逸郎 / センチピードオルフェノク
影山冴子 / ロブスターオルフェノク
北崎 / ドラゴンオルフェノク

その他

園田真理
菊池啓太郎
長田結花 / クレインオルフェノク
海堂直也 / スネークオルフェノク
花形 / ゴートオルフェノク
鈴木照夫 / アークオルフェノク
木村沙耶
阿部里奈

呼称表

が\に草加三原木場真理啓太郎結花海堂
草加三原木場真理啓太郎長田結花海堂
草加乾/乾君/乾巧三原木場真理啓太郎君/啓太郎??
三原草加木場真理???
木場乾君/乾草加君?俺/僕/私園田さん/真理さん(劇場版)啓太郎君長田さん/結花(劇場版)海堂
真理草加君/雅人(劇場版)三原君木場さん啓太郎長田さん海堂さん
啓太郎たっくん/巧(初期)草加さん三原さん木場さん真理ちゃん長田さん→結花さん※海堂君
結花乾さん??木場さん真理さん菊池さん→啓太郎さん海堂さん
海堂??木場真理ちゃん啓太郎結花俺/俺様

※直接の交流では「名字+さん」だがメル友として交流していた際には互いの正体に気づかぬまま名前で呼び合っていた。それを知ってからは直接でも名前で呼び合うようになる。

妄想戯画』に登場したライダーたち

『スマートブレイン社・秋の新作カタログ』一歩先の安全を貴方へ―
『555』でオルフェノクのデザインを担当した篠原保氏が、番組終了後に雑誌『宇宙船』の1コーナー『妄想戯画』で公開したオリジナルの仮面ライダーたち。
オルフェノクに世界が支配された劇場版『パラダイス・ロスト』の世界観を踏まえて、オルフェノク社会の統率者となったスマートブレイン社による民生用ライダーズギアの新モデル紹介という体で描かれている。
篠原氏いわく、これらのライダーはライオトルーパーのバリエーションのようなものとのことで、三本のベルトや帝王のベルトのような携帯電話型デバイスを持たないのが特徴。

SBU-001A『NEO-ALPA』:仮面ライダーネオ・アルパ

富裕層向けに販売されているスーツで、紹介されているモデルの中で唯一フォトンブラッド(色は赤)を使用していることが明言されている。キャッチコピーは「新たなる進化のカタチ」。
ギリシャ文字のαがモチーフで、右目に取り付けられた三連のターレット式センサーをはじめとする左右非対称のデザインが特徴。銀と黒のアーマーや赤いライン、クラッシャーのモールドなど、ファイズを思わせるような要素も見られる。
商品説明を読む限りではスーツや武器へのフォトンブラッドの供給はカートリッジで賄っているようで、公開された画像でも左胸やベルトなどにカートリッジとおぼしきパーツが見られる。武装としては麻酔銃とフォトンダガー(ファイズエッジやカイザブレイガンと同系統と思われる)の2形態に変形する「アルパライザー」のほか、ファイズショットに似た装備品が確認できる。
最近似た名前のライダーか登場して混乱を招きやすくなったが、こちらはアルパと読む。間違ってもあの親子ではない
ちなみに仮面ライダーアルファというライダーもヒーローショーで登場している。

SBO-750EX『SEEDA』:仮面ライダーシーダ

後述するオミクロンの後継機種と思われるモデル。キャッチコピーは「究極のスタンダード、という安心」。
ギリシャ文字のθを模したデザインで、外装の各部に派生元のライオトルーパーの名残が見られる。なお、カラーバリエーションが4種存在する
元が元だからか、全体的に廉価版という趣が強く、付属する武装もアクセレイガンに似た短剣1本のみだが、代わりに汎用性と拡張性に優れており、ベースとなったオミクロンのオプション装備を全て流用可能らしい。

SBR-816S『PYRON(白龍)』:仮面ライダーパイロン

専用バイク「ジャイロツアラー」との連携を重視したアクティブスポーツ用のスーツ。555ライダーにしては珍しくという漢字表記も存在する。キャッチコピーは「アクティブスポーツの魂が結集」。
モチーフはπ……と思わせておいてηを模しており、尖った形状の肩部アーマーをはじめ、ライオトルーパーをベースにカイザの意匠を取り込んだようなデザインとなっている。3種のカラーバリエーションが公開されていて、フォトンストリームに似たラインも見られるが、カラーバリエーションごとにラインの色が異なるため、単なる装飾の可能性が高い。
付属品は先述のジャイロツアラーのほか、シーダと同じアクセレイガンのような短剣が存在している。また、こちらもオミクロンのオプション装備をほとんど流用可能だが、スーツの用途の違いからか、シーダと違って制限の生じるものがあるらしい。

なお、ジャイロツアラーのエネルギーコアを利用した「アクセルモード」なる機能が存在するようだが、詳細は不明。ジャイロツアラー自体も、名称やデザインからジャイロアタッカーの民生用モデルと推測できるが、特に明言はされていない。

型番不明:仮面ライダーオミクロン

アルパやシーダの商品説明でベース機として挙げられるのみで、ビジュアルは公開されていない。
「ギリシャ文字のΟ(オミクロン)がモチーフ」、「スマートブレインのベストセラー商品」、「多種多様なオプションパーツが存在する」、「治安維持部隊などで正式採用されている」など、ライオトルーパーと一致する点が多々見られるが、同一モデルなのかは不明。

関連イラスト

ファイズとカイザ
open your eyes for the next φ's


仮面ライダー555
プリティでキュアキュアなホワイトとブラック描いてみた



関連タグ

特撮 仮面ライダー 平成ライダー
オルフェノク
パラダイス・ロスト 異形の花々
乾巧って奴の仕業なんだ 駈斗戦士

仮面ライダー龍騎⇒今作⇒仮面ライダー剣

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー555」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6531968

コメント