ピクシブ百科事典

ラビットオルフェノク

かげやまおるふぇのく

ラビットオルフェノクとは『仮面ライダー555』に登場するオルフェノクの一体(メイン画像右)。
目次[非表示]

概要

演:内山眞人

北崎が起こした大量殺人の被害者『小林義雄』が覚醒したオルフェノク
ウサギの特質を備え、4km先の物音も聞き分けジャンプ力は25m.

元々全く戦闘に向かない動物がモデルなだけあり、臆病な性格のため、入念に作戦を練ってからブーメランで不意打ちする攻撃を得意とする。
人間でなくなったことに絶望し、飛び降り自殺をしようとするも海堂直也に励まされ、オルフェノクとして生きようとする。
元々は純粋な性格であったが、ラッキークローバーに入るため、カイザギアファイズギアを奪おうとして失敗。その後、警官に変装し検閲と偽ってあっさりと草加変身ベルトを奪うことに成功する。

しかし、『ラッキークローバー』に入れるのは一人だけと村上にそそのかされ、海堂に対しては手のひらを返した挙句、長田結花人質に取るという卑怯な手段も辞さない凶悪なオルフェノクと化してしまう。

スマートブレインに献上し功績を認められるも、結局、人間らしさを捨てられなかった海堂の邪魔が入った挙句、花形によってベルトを取り戻した草加カイザゴルドスマッシュによって灰化した。
その際、格闘で圧倒され、やっとの思いで腹部に来た蹴りを受け止めるものの、そのままゼロ距離でポインターをぶちかまされ技を発動されるという、(初使用というのもあり)ゴルドスマッシュの使用シーンの中でも印象的なシーンとして数えられる。

備考

ファンからは後に演じる内山氏が影山瞬を演じたことにひっかけて『影山オルフェノク』と呼ばれることもしばしば。
また、ハイパーバトルビデオの『三本のベルト』のカイザがゴルドスマッシュを撃つシーンでは第25話の映像が使われており、そっち方面でもネタにされている。(俗に言う『オルフェノクはKO☆NA☆GO☆NA☆SA☆』とはこのシーンのこと。)
スーツはオクトパスオルフェノクに改造された。
草加カイザとラビットが戦ったスタジアムは東映特撮では頻繁に使用されており、仮面ライダーディケイド第4-5話ではディケイドと(草加?)カイザが戦っている。

ちなみに耳に当たる部分が垂れていることからモデルはロップイヤー系統の種だと思われる。

関連タグ

影山瞬・・・手のひらを返した結果、出世しかけるも地獄のどん底に堕ちたという意味では共通。演者も同じ。どん底仲間
千樹憐・・・演者が同じだが、こちらは最後まで純粋であり続け、最後まで人々のために戦い抜いた人物。
サラマンダーイマジン・・・演者が同じ怪人
地獄兄弟・・・演者が同じ影山が所属する。
山城(艦隊これくしょん)・・・地獄兄弟の弟分に何か似てる気がするが気にしてはいけない。どん底仲間。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラビットオルフェノク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 279

コメント