ピクシブ百科事典

アナザービルド

あなざーびるど

特撮番組『仮面ライダージオウ』に登場する怪人、アナザーライダーの一人。
目次[非表示]

「テニス… 空手… ベストマッチじゃない…」
「オレ、ビルド!オマエ、クローズベストマ~ッチ!!」

演/声:森大成

データ

  • 身長:196.0cm
  • 体重:99.0kg
  • 特色/力:人体を取り込んだ能力吸収/ビルドのフルボトルを使用したかのようなその吸収した能力に応じた特殊攻撃


概要

仮面ライダージオウ』EP01「キングダム2068」より登場するアナザーライダーの1人。TV本編で最初にジオウと対決した。
タイムジャッカーであるウールに見出された、車に轢かれて選手生命を断たれるはずだったバスケット選手が変身する
モデルは仮面ライダービルドラビットタンクフォーム

その行動原理はひたすら人間を襲って能力を奪い取り、ベストマッチを判別するというもので、言ってみればビルドたる戦兎が持っていた「ベストマッチを見つけることに対する好奇心」。
「ラブ&ピース」を掲げ正義のために戦っていたビルドとは全く異なる性格となっている。
後のアナザーライダー達と違って変身者たるバスケ選手本人の人格が残っているようには見えないが、これは何かしらの事情で現状を変える為にライダーの力を求めたのではなく、彼の場合アナザービルドになる過程で「事故を回避する」目的を達しているためにライダーの力に呑まれてしまったのかもしれない。
後に登場したアナザーゴーストも本人の人格を無視した暴走をしているが、変身者の要素が暴走しているあちらと比べるとこちらは戦兎の要素も強く影響している点で少し異なるとも言える。

この他、アナザーライダー共通の性質として、元となったビルドの力で倒さない限り、撃破しても何度でも復活する。

容姿

Another Rider BUILD 仮面ライダージオウ
アナザービルドさん


仮面ライダービルドを有機的にしてさらに歪めたような容姿をしている。
しかめっ面の人間のような不気味な顔だが、新たな能力を手に入れた際などは両目と口を大きく拡げてくしゃっとした(?)表情を見せることもある。
瞳はよく見るとビルドの象徴とも言うべき歯車の形状になっていることがわかる。

アナザービルド
アナザービルド Another Build


右胸に刻まれたBUILDのロゴがバスケットボールのユニフォームを思わせる。なお、背中には2017の年号が刻まれている。
その有機的なフォルムはさながら人造人間のようであり、「人体実験」というオリジナルのビルドの負の側面を受け継ぎつつ、機械的なフォルムのオリジナルとは対極の存在であることを示すかのようである。
腰に歪んだビルドドライバーがあるほか、体の所々に「戦争」の象徴ともいうべき弾痕のような意匠まであり、その「戦争のために生み出された生物兵器」といった出で立ちは「ラブ&ピース」の為に戦うオリジナルとは真逆の存在だと言えよう。

能力

アナザービルド
アナザービルド



ラビットタンクフォームの能力である左足のバネによるジャンプ強化や右足の無限軌道の回転によるキック力の向上といった原典のライダーの力も扱えるほか、物理学者だった本家とは違い、変身者がバスケット選手だったためかバスケットボール型の火炎弾を生み出しての遠距離攻撃を行うことも出来る。

また固有の能力としてボトルにスポーツ選手を吸収し、スポーツの力(水泳なら地面を液状化させて地中を泳ぐ、野球なら剛速球を投げる、など)を持つボトルに変えることができる。劇中ではテニス空手野球水泳弓道などの選手を吸収している。

能力はボトルを食べることで使用でき、さらに相性の良い“ベストマッチ”を見つけ出す事で自身の戦闘能力を上昇させることが可能(ベルトを使わないためか自力でベストマッチを判別できる模様)。
海外に起原がある所謂『スポーツ』と、日本にもともとある『武道』の組み合わせがベストマッチということなのだろうか。意味不明なのは本家と変わらず。

誕生による改変


活躍

  • EP01『キングダム2068』

2017年、とあるバスケット選手が屋外で練習中に車が突っ込んでくる。その瞬間、時を止めたウールが現れ、このままだと車に轢かれて今後の選手生命を失うが、契約すれば事故を回避できると持ちかけられ、それを呑んだバスケット選手はアナザービルドに変身させられる(この際、彼に衝突するはずだった車はウールにふっとばされ別の車に衝突して大破しており、「この車が事故を起こす」歴史自体は保持された)。
その後1年間スポーツ選手を襲い続けていたらしく、連続行方不明事件として新聞にも取り上げられていた。

2018年、常磐ソウゴと同じ高校の空手部員に襲い掛かっていたところをソウゴに発見され、ジオウの初陣の相手となる。バスケットボールの能力で翻弄するも、最後はジカンギレードによる「ジオウギリギリスラッシュ」を喰らい爆散。元のバスケット選手の姿に戻ったが…。


  • EP02『ベストマッチ2017』
ウールが気を失っていたバスケット選手に再びアナザーウォッチを埋め込んだ事で復活。戦闘中のジオウとゲイツに襲いかかり、何度倒されても復活を繰り返して2人を苦しめる。

2017年、生まれたてのアナザービルドはビルドクローズと遭遇。この時、本記事冒頭2つ目の台詞を言いながら万丈に抱きつこうとするも…

万丈「気持ちわるっ!」
戦兎「なんか妬けるな」

ここでタイムマジーンで時を越えジオウ・ゲイツが合流、アナザービルドと4vs1の戦闘を開始する。
しかしビルド・クローズは歴史改変の影響で力を失い、さらに地面や壁を水中のように潜りながら弓を撃つ「水泳選手×弓道」のベストマッチを発見し戦闘を優位に進める。

だが2018年の戦兎との会話からソウゴが攻略法を思いつき、ジオウ ビルドアーマーの「ボルテックタイムブレーク」とクローズライドウォッチを使ったゲイツのギワギワシュートを同時に食らい爆散。アナザーウォッチは砕け散って消滅、バスケット選手も元に戻った。
なお、元の時間に戻った際もウールがふっ飛ばした車はそのままだったため、結果的にバスケット選手は事故には遭わずに済んでいる(代わりに巻き添えになった別の車は悲惨なことになったが……)。


  • EP25『アナザージオウ2019』
冒頭でかつてアナザービルドに変身していたバスケ選手がアナザーオーズに襲われ、彼に宿っていたアナザービルドの力の残滓からアナザービルドウォッチが生成。アナザーオーズはアナザービルドに変身し姿を消した。

その後、かつてのアナザーエグゼイド・飯田を襲った直後にソウゴ・ウォズと遭遇。
倒したはずのアナザービルドが登場した事に対して動揺しつつもソウゴはジオウ・ビルドアーマーに変身、「ボルテックタイムブレーク」を喰らわせるが、爆炎の中からアナザーエグゼイドが出現。ウォズの判断によりソウゴ達は撤退した。


  • EP28『オレたちのゴール2019』
加古川飛流アナザージオウが率いるアナザーライダー軍団の一員として、恐らく無関係の一般人が変身させられたと思われる個体が出現。他のアナザーライダー達と共にソウゴに襲い掛かるも、ジオウⅡが繰り出した「覇王斬り」でアナザーエグゼイド共々倒された。


  • EP42『2019:ミッシング・ワールド』
何の因果か、「最低最悪の魔王とレジスタンスとの戦争」が繰り広げられている2019年にて加古川飛流アナザージオウⅡの配下として再登場。背中の年号が2019に変わっている。
劇中では飛流の命令を受け、アナザーカブトと共にツクヨミを付け狙う。途中で門矢士の妨害を受けたりツクヨミに時間を止められたりしたが、最終的にウールがツクヨミを捕縛し、ウォズがジオウⅡを足止めしている間に城まで撤退した。

なお、共にツクヨミの追っ手を務めたアナザーカブトとは原作において「ヒロインが大きな秘密を抱えていた」という共通点がある。


  • EP43『2019:ツクヨミ・コンフィデンシャル』
アナザージオウⅡが率いるアナザーライダー軍団の一員として再び出現。
一斉にジオウ達に襲い掛かったが、最後はウォズギンガファイナリーが繰り出した超ギンガエクスプロージョンでまたしても撃破された。

余談

  • 水泳と弓道のベストマッチ戦法の元ネタは「水中戦が得意」で「弓を使う」ベストマッチということで海賊レッシャーフォームを想起させる。
    • ただし、あちらは地面を泳ぎ回ることはできず、水中戦が得意というのも設定のみだが。
  • 作中初めて登場したアナザーライダーだけあって他のアナザーライダーと異なる点が多く、作品初期にありがちな設定が固まっていなかったゆえの描写が散見される…と思いきやよくよく見てみるとあちこちにビルド本編の要素が散りばめられており、リアルタイムでビルドを視聴していたならばピンときた人も多いことだろう。
    • 後のアナザーライダーと異なり、自在に変身と変身解除ができず、変身しているうちは言語どころか人格すら失われる。→ビルド本編の「スマッシュ」に近い性質
    • 人間を無理やりボトルの成分にしてしまう→ファウストの悪行
    • ウールに言われるがままにアナザービルドに変身してしまうバスケット選手→本編における仮面ライダービルドの成り立ち、そして「再始動」の経緯と対照的
    • ひたすらにベストマッチを求め彷徨う姿→見方によっては記憶喪失(自分が何者か見失った)のままの戦兎
    • 仮面ライダービルドが「創造」の象徴であったように、アナザービルドはアナザーライダーの概念、「今日から君が仮面ライダー〇〇だ」という決め台詞、しいては仮面ライダージオウの物語を「創造」するきっかけとなっている。
  • 理不尽な出来事に巻き込まれて人生が終わりかけたスポーツ選手という設定は、戦兎の相棒である龍我に共通するところがある。
    • なお、龍我に抱きついたのも単に設定上の相棒というだけでなく、同じ体育会系として何か感じるところがあったからなのかもしれない。
    • また、変身者がバスケット選手である事も、肉体派のスポーツ選手と頭脳派の天才物理学者との対比によるものだろうか?
    • なお、加えて「龍我に親しげに駆け寄り抱き着くビルド」という構図はちょうど一週間前に放送されたばかりのビルド最終回のラストシーンをなぞっていることがわかる。
  • 他のアナザーライダーの契約者達は名前が明かされているのに対し、何故か彼だけは公式でも単に「バスケット選手」としか表記されておらず、個人名が明かされていない。
    • これはエボルトの謀略で片手間に命と顔を奪われ、“ヒーローをやらされる役”である戦兎=ビルドを生む素材扱いされた佐藤太郎(=ありふれた名前の一般人)を意識した演出とも取れ、EP02で佐藤が率いるツナ義ーズが大成している描写と対になっている。
  • 交通事故の救出を盾にアナザービルドを生み出したウールだったが、第17話では白ウォズによって、時間を何度も止めても再び動く車に轢かれそうになるという因果応報を受けている。
  • EP42でツクヨミを追いかける際に、障害物を飛び越えようとするも誤って転倒するシーンがある。
    • 同行していたアナザーカブトのこれに対する反応があまりにも素のものに見えるため、撮影中のアクシデントを本編に採用したのではないかとも噂されているが、今のところ詳細は不明。少なくとも、天才であるオリジナルとは真逆のアホっぽさを強調する演出としてはとても「らしい」と言える。


関連項目

アナザーライダー ビルド(仮面ライダー)
バスケ 
ドクロボール

ダイバー・ダウン 「水泳選手×弓道」のベストマッチ能力が似ている。
リューグ・タマテバッコ ニチアサで少し前に登場した、地面を泳ぐ怪人。ただしこちらは弓矢で射られる側であった。

デストロン怪人機械合成怪人 似たような種類の怪人たち

関連記事

親記事

アナザーライダー あなざーらいだー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザービルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119796

コメント