ピクシブ百科事典

アナザーアギト(2019)

あぎとはひとりじゃない

仮面ライダージオウに登場する怪人「アナザーライダー」の1人。
目次[非表示]

『AGITΩ』

ソウゴ「アギ、あぎおめが……」
ウォズ「“アギト”だ。恐らくアレはアギトのアナザーライダー……」

スウォルツ「アギトは一人じゃない…!」

データ

  • 身長:195.0cm
  • 体重:95.0kg
  • 特色/力:人間を自身と同じ姿に変えて増殖する。(人間のアナザーアギト化)/アギトシャイニングフォームのような双剣の生成及びそれを使った攻撃(劇中未使用)


他のアナザーライダーの例に漏れず、身長と体重は津上翔一の変身する仮面ライダーアギトと同一(原典に登場したアナザーアギトこと木野アギトは身長200cm・体重97kg)。

概要 

第31話「2019:めざめろ、そのアギト!」から登場するアナザーライダーの1体。
本体の変身者は不明。
モデルは仮面ライダーアギト……ではなく、同作に登場するアナザーアギト

仮面ライダーアギト』本編に登場するアナザーアギトは命名方式や顎のクラッシャー部、歯牙の有無にデザイナーなどがアナザーライダーと共通しており、『ジオウ』本編において「アギトのアナザーライダーが現れたらどういったことになるのか」「名前はアナザーアナザーアギトかアギトアナザーにでもなるのか」と番組放送初期の頃から視聴者から注目を集めていた(白倉氏曰く、関係者からも同様の指摘を受けていたとのこと)。

固有の能力は「他の人間のアナザーアギト化」。生身の部分に噛みつくことでその人間の肉体を変化させ、アナザーアギトに変化させる。
G3を軽々と振り回すほどの怪力を持ち、皮膚は木野版同様に極めて頑健で、G3のデストロイヤーやスコーピオンを受けてもびくともせず、ゲイツリバイブジオウⅡの通常攻撃にも耐えうる。
なお、変化させられた側も「アナザーアギト」となるため撃破して変身解除に追い込めば元に戻る。

これまでのアナザーライダーと異なり、ジオウ達を全く相手にせず何故かG3のみを狙っているが、スウォルツが生み出した個体は彼の意志をある程度反映するようで、潜在能力の確認のためツクヨミを襲っている。
この状況から推察するに、変身者はG3ユニット装着者の審査を落とされた人の可能性がある。
また、他のアナザーライダーが暴走状態にあっても言葉を発していたのに対し、こちらのアナザーアギトは終始唸り声のみで言葉を一切発しないなど、理性無き怪物のように描写されている。

フォームチェンジはアギトの姿になってもできない代わりにフレイムセイバーやストームハルバード、シャイニングカリバーに近い性能の武器を召喚することができる事が明かされている。

容姿

その姿形は「原典のアナザーアギトとほぼ同じ」。ただし、ぱっと見ではわかりづらいが、よく観察すると、

  • 胸部にアナザーライダー共通の「2019」の年号と「ΑGITΩ」の名前が入れられている。
  • 複眼にアナザーライダー特有の瞳の造形が入れられている(複眼の内側にはアナザージオウのような瞳も見える)。
  • オリジナルに比べて色合いがやや明るくなっているほか、頭部のクロスホーンが若干大きくなっており、形状もやや異なる(オリジナルに近いのはG3装着用のインナースーツを着ているタイプ。なお、状況に応じてマスクが変わっているシーンもある)。
  • クラッシャーが常に開放状態で歯牙が剥き出しとなっている。加えてクラッシャーの口角部分がやや上向きになっていることから、その顔つきはまるで歯を見せて笑っているようなものになっており、アナザーアギトがベースであることも相まってか、アナザーライダーでも随一のイケメンぶりを誇る(尤も、元と比べて醜悪な笑みを浮かべているとも言えるが)。
  • 原典のアナザーアギトにおけるアンクポイントに相当する部分の発光体部分が赤くなっており、さながらフレイムフォームを思わせる(これはアギトの力の根源が火のエルにあるのは勿論の事、原典のアナザーアギトの色と合わせるとトリニティフォームになるという事を意識した一種のお遊びとも取れる)。
  • 装着するスーツアクターの都合か、オリジナルのアナザーアギトに比べて幾分細身で、怪物染みた演出(詳細は後述)のためか姿勢もやや猫背気味
  • こめかみに1号ライダーに似た菱形のモールドが存在する。

上記の通り、造形が細部で異なっており、従来のアナザーアギトではなく、あくまでも「仮面ライダーアギト」のアナザーライダーであると言えるだろう。

また、「普通の人間が突如アナザーアギトへと変貌した」「大量に登場する」「人間が変貌した個体は衣服を身に着けているという視聴者の予想を超えた要素もふんだんに盛り込まれており、原典でアナザーアギトの変身者だった木野薫「アギトは俺一人でいい…」 という台詞に対しての大きな皮肉を生み出している(そもそもタイムジャッカーがアナザーライダーを生み出す時の台詞は木野の台詞への意趣返し的な側面もあったと思われる)他、『アギト』終盤で示唆された「人類のアギトへの進化とアギトたちと人類の対立」を成立させてしまっている。

そのため、見た目こそ非常に似ているものの、誕生の経緯やその立ち位置などを鑑みると、似ているのは見てくれだけである。
そして、アギトだけでなく、ある意味原典のアナザーアギトとも全く真逆の存在、ひいてはギルスやG3に対しても皮肉めいた存在になっているとも言える。

誕生による改変

アナザーブレイドの時と同様、劇中では特に歴史の改変は発生していない。
これはソウゴより先にアギトのライドウォッチを手に入れようとするスウォルツの目論見が関係していると思われる。

なお、ツクヨミが見ていたG3ユニットへのアナザーアギトの襲撃を記事にした4月16日の新聞記事には、「九郎ヶ岳遺跡」らしき遺跡の調査隊が行方不明になったという内容が書かれている(もちろんだが2019年の新聞である)。

活躍

  • 第31話

「これ以上ソウゴ達にライドウォッチを集めさせるわけには行かない」としてスウォルツが生み出した。

最初の個体は警視庁のG3ユニット演習場を片っ端から襲撃しており、「警察の演習場にやってくる」というパターンをツクヨミが見抜いたことで先回りしていたジオウゲイツウォズと交戦。その最中、迎撃していた警察官(量産型G3)二人を襲ってアナザーアギト化させた。
さらにツクヨミにも襲い掛かったが、突如として時間が止められたことにより失敗。ツクヨミは己の未知の力に戸惑う事となる。

その後はジオウ達が増殖個体と交戦する中、ツクヨミが発動した力に目を付けたスウォルツが最初の個体をツクヨミにけしかけるも、そこに風谷真魚から連絡を受けた津上翔一仮面ライダーアギトが現れ交戦する。
しかしそれはスウォルツの罠であった。初めからスウォルツの目的はライダーの力を先んじて手に入れるべくアギトをおびき寄せることであり、ジオウトリニティと戦っていた増殖個体が次々とアギトの前に集まり始め……。

  • 第32話
次々と襲い掛かって来る増殖個体をフォームチェンジしながら倒していくアギトだったが、オーラがツクヨミを人質に取った事でアギトが動きを止め、ウールがアギトから力を奪ってアギトウォッチを生成。そのままアギトウォッチをアナザーアギト本体に埋め込み、アナザーアギトがアギトの姿に変貌してしまう(本物との違いはワイズマンモノリスに模様がついている、など)。

その後はウールに従う形で町中の人間達を次々とアナザーアギト化させていき、ジオウⅡゲイツリバイブでも倒し切れないほどにまで増殖。ジオウⅡ・ゲイツリバイブ・ウォズ・G3を装着した翔一に向かって襲い掛かったが、アギトに変身していた個体がジオウⅡの攻撃を受けてアギトウォッチを奪い返され、力を取り戻した翔一が再びアギトに変身。

ジオウトリニティアギト・トリニティフォームによる六位一体の力で増殖個体が次々と倒されていき、最後は2人のダブルライダーキックによって1体も残らず殲滅された。

余談

予告スチールや第31話劇中では一部のシーンにバッタヤミーが混ざって登場していたが、これは増殖演出のためにスーツを代用したからだと思われる(アナザーアギト達が正面を向いているシーンでは合成なのか全員が同じ顔をしている)。
また、第32話では一部の個体の顔が過去の怪人を改造したと思わしき造形となっており、角が大きく口が小さめで目の間も大きく開いており、瞳にW字のようなラインが入っている。
この「似て非なる姿」は、アギト本編における「アギトにはそれぞれ個性がある」という裏設定や「資格が無い人間が変身する為に怪人のような姿になってしまう」アナザーライダーの性質を考反映させた、力に対する適性の個人差に応じた姿の変化ともとれる。
造形からイナゴ怪人、バッタヤミー、カマキリヤミー兵隊アリアマゾンが確認されている。

噛みついて増殖するホラーめいた演出から『アマゾンズかよ!』と突っ込んだ視聴者も見られている(ソウゴの「アギオメガ」ネタもあったことからアマゾンオメガを思い出した人も)。
最も、あちらの方はTV放送そのものが不可能なレベルでヤバい代物なのだが…
ちなみに噛み付く演出はアギト原典のギルスへのオマージュであり、ギルスにしても上記のアマゾンズにしても元々アマゾンの噛み付く攻撃を意識したものなのであながち間違いではない。

「アギトの力を持つものが人間をアギトに変えようとする」という展開は仮面ライダーアギト本編における「あかつき号事件」のオマージュであると思われる。
アギトのライダーたちが「既に仮面ライダーである者」「仮面ライダーになろうとする者」「仮面ライダーになってしまった者」「仮面ライダーであろうとする者」と肩書がある事から、このアナザーアギト(というよりはアナザーライダーそのもの)は「仮面ライダーにされてしまった者」と言える。

翔一はかつて木野の変身したアナザーアギトと接触したことがあったが、今回登場したアナザーアギトと容姿が酷似している点については特に言及していない。同話ではアナザーアギトの力を察知して駆けつけるシーンもあり、見た目ではなくその力の異質さを感じていたのかもしれない。
なお、真魚からは「アンノウンみたいなの」と言われている。

劇中においては、仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVERに登場したアナザーWと同じく変身者が不明のままだったアナザーライダーである。これは「アギトの力」は全ての人間誰もが持っている事を表しているのかもしれない。

なお、『仮面ライダーアギト』においてはアナザーアギトもアギトの一種であり、人によって外見の見え方が変わっていた。純粋な心でアギトを見ていたG3装着者の氷川誠は、アナザーアギトが普通のアギトと同じ姿に見えていたらしい。

第32話終盤の決戦では、ジオウトリニティとトリニティフォームの共闘シーンでなんとアギト本編の挿入歌である「BELIEVE YOURSELF」が流れ、多くのアギトファンがこのサプライズに驚かされ歓喜する事となった。
「BELIEVE YOURSELF」を歌った風雅なおと氏も、レッスン生からアギト編の情報を知った事でジオウを視聴し、共闘シーンでは興奮のあまり立ち上がって踊ってしまっていた模様。

なお、最後のダブルライダーキックの場面ではすでにキックモーションに入っているにも関わらず増殖させたアナザーアギトをかき分けてまるで自ら当たりに行く(+キックを受けて滑っていく)というアンノウンをオマージュしたような描写となっているが、あまりに必死にかき分けて進んでいたことから「ダブルトリニティと挿入歌でテンション上がって技受けに行くアギトファン」とネタにされることも。

関連タグ

仮面ライダージオウ アナザーライダー AGITΩ
アナザーアギト/木野薫/真島浩二

量産型ライダー
オルフェノク…『仮面ライダー555』の敵怪人。人間が進化した存在。また、対象を殺す事で仲間を増やす点が酷似している他、HEROSAGAにおいては555とアギトの世界観は繋がっている(という設定だった。)。
ン・ガミオ・ゼダ…『仮面ライダーディケイド』の敵怪人。発生させた黒い霧により人間をグロンギへと変える。
アマゾン(仮面ライダーアマゾンズ)…『仮面ライダーアマゾンズ』の敵怪人。シーズン2に登場するアマゾンは主に一般人が怪人へと変貌した存在となっており、一部個体の衣服を着たデザインも共通している。

ゾンビ…噛みついて増殖する事から視聴者に例えられた。実際、倍々ゲーム方式は第1作『仮面ライダー』第2話の蝙蝠男が使用したシンプルにして最も手っ取り早い制圧方法である。

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザーアギト(2019)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7284

コメント