ピクシブ百科事典

トリニティフォーム

しょだいてんこもり

トリニティフォームとは、仮面ライダーアギトの戦闘形態の1つである。
目次[非表示]

「三位一体の戦士」

概要

津上翔一が一時的に記憶を取り戻した事によって変身した仮面ライダーアギトの戦闘形態。グランドフォームをベースにストームフォームのスピードとフレイムフォームのパワーを併せ持つ。

再び記憶を喪失した後は使用しなくなり、後に記憶を取り戻した時にも既にシャイニングフォームへの変身が可能になっていたため使用されなくなった。

外見

胴体がグランドフォーム、左腕がストームフォーム、右腕がフレイムフォームになっている。
要するに「てんこ盛り」で、「電王」のクライマックスフォームや「キバ」のドガバキフォームなどの先駆けともいえるフォームである。

ツール

ストームハルバード
ストームフォームの武器。左手に持つ。
ジオウ』客演時にはストームハルバードを直接持たずに、空中でブーメランのように飛ばして出現させることで多数のアナザーアギトを攻撃している。
なにげにアギトではかなり珍しい飛び道具とも言える。

フレイムセイバー
フレイムフォームの武器。右手に持つ。

必殺技

ファイヤーストームアタック
フレイムセイバーと展開したストームハルバードで同時に攻撃する。
ジオウ』客演時にも使用し、多数のアナザーアギトたちを一網打尽にした。また、風と炎のエフェクトがより大きくなり、ド派手になっている。

ライダーシュート
クロスホーンを展開して放つ両足での跳び蹴り。
破壊力は45tで、ライダーキックよりも威力が高い。

六位一体


『ジオウ』客演時には、ジオウトリニティのトリニティタイムブレークバーストエクスプロージョンとの同時使用でアナザーアギト本体を撃破する戦績を挙げた。

本編終了後の活躍

平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』で久しぶりに登場。
仮面ライダースーパー1と対決し、ファイヤーストームアタックで相打ちとなった。

また、『仮面ライダージオウ』のアギト編後半にあたる第32話でも登場。トリニティフォームがテレビシリーズに登場したのは『アギト』第27話以来およそ17年振りである。
劇中では同じ“トリニティ”の名を関するジオウトリニティと共闘し、六位一体を披露した。
ちなみにこの時、戦闘時のBGMとしてアギトの挿入歌である「BELIEVE YOURSELF」が流れるというファン感涙ものの演出まで用意された(なお、ジオウ主題歌のOver"Quartzer"のアギトを意識していると思われる歌詞がサビ前に使用される「BELIEVE YOURSELF」である)。
ちなみにアギト本編でのトリニティフォーム時の挿入歌は「DEEP BREATH」の方であったため、わりとレアでもある。

映像作品では出番の少ないトリニティフォームだが、ゲーム作品では多く出演しており、
ガンバライド/ガンバライジングクライマックスヒーローズライダージェネレーションバトライド・ウォーといった多くのオールライダー系のゲーム作品に何らかの形で登場している。

余談

放送当時発売されてた「装着変身シリーズ」ではパーツの交換によってストーム、フレイムフォームを再現可能だが「それを合わせたらどうなる?」という視聴者の疑問に答えた形とも言える。

登場回数が少なく、『アギト』本編では第26話と第27話の2回しか使用されていない。
登場回数が少ない一因であると言われるのが、動きづらさである。2つの長物(しかも、そのうちの片方は本来両手持ちするもの)を同時に扱うため、かなりの負担がかかるとのこと。実際、トリニティフォームのスーツを着た高岩成二氏は「二度と着たくない」と述べたという。
以降の客演時でも、スーツアクターへの負担を考慮してか、ストームハルバードとフレイムセイバーを2つ同時に持っている際にはそこまで激しいアクションは披露していない。

関連タグ

仮面ライダーアギト

パーフェクトストライクガンダム…3フォームのてんこ盛り繋がり。

関連記事

親記事

グランドフォーム きんのあぎと

pixivに投稿された作品 pixivで「トリニティフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85429

コメント