2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アナザーアギト

かめんらいだーあなざーあぎと

アナザーアギトとは、『仮面ライダーアギト』に登場する仮面ライダーの一人。
目次[非表示]

「アギトは俺一人でいい…」

仮面ライダーを使う男

CV菊池隆則(現・樋口隆則)
スーツアクター白井雅士

曖昧さ回避

仮面ライダージオウに登場する怪人「アナザーライダー」としての「アナザーアギト」はアナザーアギト(2019)を参照。ただし、両者の外見は殆ど同じ。

概要

木野薫が変身ベルト・アンクポイント(普段は体内に収納されているが、必要に応じて出現)で変身するライダー。
アギトの一種であるギルスとは異なり完全にアギトの力をコントロールしている存在であるが、木野本人の歪んだ精神を反映しているかのように禍々しく、ギルスにも似た生物的な外見。もっと有り体に言ってしまえばバッタやイナゴのような姿をしている。
また、「エル」達の因子を受けているため、歯牙や羽などはアンノウンと共通している。両肩の肩甲骨の辺りから出ている2枚の羽根の様なマフラーは、仮面ライダーV3のマフラーを意識している。

津上翔一の変身するアギトとは似ても似つかない容姿をしているのだが、氷川誠は初めてアナザーアギトを見た際通常のアギトと見間違えてしまっていた
但し、翔一のアギトは主人公らしく見せる為の視聴者向けの描写に過ぎず、劇中人物には翔一のアギトもアナザーアギトと似た姿に見えていた、もしくは(アギトは翔一1人だけだと思われていた為)アギトの別形態と思われていたという意見もある(同じ容姿の人間が滅多にいないように、設定上はアギトの姿は一人ひとり異なる)。
これに関しては18年の時を経た「仮面ライダージオウ」にて、「アナザーアギトはアギトの一種であり、人によって見え方が変わっていた。氷川は純粋な心でアギトを見ていたため、アナザーアギトが普通のアギトと同じ姿に見えていた」という解釈が示された。

木野薫のダーティーなキャラクターと初代ライダーに近いデザインラインで、今もなおサブライダーでは非常に高い人気を誇っている。
腐食が激しかったため、ギルス共々当時のスーツは廃棄されている。
そのため、残念ながら後のクロスオーバー系統の実写映像作品では一切再登場していなかったが…。(後述を参照)

元々スポンサーの要求には無く、東映側が作りだしたキャラクターである。
その為放送当時はソフトビニール人形程度しか玩具が発売されておらず、プレイステーション用の格闘ゲームにも登場しなかった。
これと同じような例として、『仮面ライダー龍騎』のオルタナティブ(同・ゼロ)が存在する。

なお、S.I.Cでアギト・バーニングフォームとセットで発売された可動フィギュア「S.I.C.クラシックス2007」では、弟の右腕を移植したという設定を反映し、右腕だけデザインが違うものになっている。

2021年に行われたNHK主催のイベント「全仮面ライダー大投票」では、第90位にランクインした。

公式人気投票90位(95票)

スペック

パンチ力15t
キック力30t
ジャンプ力ひと跳び70.0m
走力100mを5秒
防御力硬度7

パワーの開放を現すクロスホーンが常時開きっぱなしになっているので、純粋なパワーだけならアギト・シャイニングフォームにも匹敵するが、代わりに固有武器を持たずフォームチェンジ能力もない。

必殺技使用の際には、口元のマスク状の部分(クラッシャー)を展開し、怪人のような歯を露出する。
クラッシャー展開によるスペックの変化は不明。

全身をダイヤモンド並みの硬度を持つ『ミューテートスキン』で覆っており、胸部を覆うのは賢者の石が生み出す『バイオアーマー』という自己修復能力を持つ生体装甲である。また、腕と足に『バイオクロウ』というか刃を装備しており、これが接近戦の武器となる。
これらの特徴だけ見ると、アギトよりもギルスに近い印象を受ける(実際にミューテートスキンもギルスが保有している部位の名称である)。ただし、通常のアギト同様に胸には『ワイズマンモノリス』が存在する。

背中から生えるマフラーは『ライブウィング』と呼ばれ、滑空にも使用される。

額には賢者の石と同等の物質で構成された『マスターズ・オーヴ』という器官があり、これでダークホッパーと意思疎通を取る。

なお、基本的には徒手空拳だが、リザードロードとの戦いではそこら辺にあった棒で竜神のトライデントと打ち合った。棒は折れるどころか竜神のトライデントをはたき落とし、リザードロードを吹っ飛ばす威力を見せていた。
第39話ではG3-XからGM-01スコーピオンを奪ってアギトを銃撃した。この時に尾室がトリガーカットを行ったが、どういうわけか無効化されている。
劇中で名言はないが、後者に関しては超能力やオルタフォースの力が働いてトリガーカットを無効化した可能性が高く、そこら辺にあった棒の件に関しても同様にオルタフォースによるバフが掛かっていたのかもしれない。

名称

「アナザーアギト」とは商品名で、劇中ではこう呼ばれてはおらずこの名前が使用される前は「木野アギト」等といった仮称が用いられていており、放送終了後に受注販売されたフィギュアでは「アナザー仮面ライダーアギト」という名称になっていた。
また、デザイナーである出渕裕の画稿には『仮面ライダールデス』の名が記されているが、非公式。

なお、前述の『仮面戦隊ゴライダー』にて、映像作品としては初めて「アナザーアギト」の呼称が木野本人の口から呼称された(ちなみにキャスト表記は他のライダーと違い「アナザーアギト」だけとなっている)。

「仮面ライダーアナザーアギト」の表記は商品や媒体の一部のみであったが、『仮面ライダージオウ』にて同名の怪人が登場したため、以降の公式名称となった。

必殺技

アサルトキック

クラッシャーを展開して口元を露出、足にエネルギーを吸収し、片足で飛び蹴りを放つ。

アサルトパンチ

発動方法はアサルトキックと同じ。腕にエネルギーを収束させ、ストレートパンチを繰り出す。
仮面戦隊ゴライダーで初使用。

ライダーマシン

ダークホッパー

Another AGITO


アナザーアギト専用バイク木野薫の私物であるバイクスズキDR250)がAGITΩマシントルネイダー同様、アナザーアギトに変身することでこの姿に変形する。

仮面戦隊ゴライダー

スーツが腐食しているためもはや再演は不可能だと思われていたが、新造されたスーツで変身前の姿と共に16年ぶりの再登場を果たす。
怪力と俊敏な動きを用いた、くどいようだが昭和っぽい無骨な戦い方はショッカーどもをぶちのめすにはもってこいで、スペース蜘蛛男蜘蛛糸で腕を絡め取られても逆に一本釣りした上でカウンターパンチをブチ込んで倒し、必殺のアサルトキックは仮面ライダーブレイドライトニングソニックに匹敵するほどの破壊力を見せた。

HEROSAGAのアナザーアギト

早瀬マサト氏による小説『MASKED RIDER GILLS -仮面ライダーになってしまった男-』にて登場。
アンノウン達との戦いから10年以上が経過したとき、葦原涼の前に現れた新たなアナザーアギト。
見た目は木野の変身したアギトをベースに、カラーリングはアギトのグランドフォームに似ている(モチーフには仮面ライダー2号もある)。木野のアギトとは異なり、紫のバーニングフォームへのフォームチェンジも披露している。
凄まじいパワーでギルスを圧倒するものの、アギトの力が暴走して制御することができていなかったため、狂戦士と化していた。アナザーアギトの正体を察したギルスが変身するエクシードギルスにアギトの力が吸収されることで正気と人間の姿を取り戻した。
その正体は、かつてギルスにアギトの力を託した真島浩二であった。

関連イラスト

アナザーアギト
「マサト・・・俺は間違っているのか・・・」


アナザーアギト
アナザーアギト



関連タグ

仮面ライダーアギト アギト 木野薫 ダークヒーロー
サブライダー ダークライダー


ショッカーライダー:主人公に対するアンチテーゼ的な存在。氷川の目にはダブルライダーとショッカーライダーの様にアナザーアギトとアギトの見た目が同一の物に見えていた
仮面ライダースナイプ:同じく変身者が闇医者。(こちらは後に特例で専門医に)
仮面ライダーアナザーパラドクス:同じく名前に「アナザー」が付いている仮面ライダー。

4号ライダー
アナザーアギト王蛇

○号ライダー
ギルス(3号) → アナザーアギト(4号)

関連記事

親記事

限りなく進化する力 かぎりなくしんかするちから

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アナザーアギト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アナザーアギト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 644818

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました