ピクシブ百科事典

木野薫

きのかおる

『仮面ライダーアギト』の登場人物。アナザーアギトに変身する。
目次[非表示]

演:菊池隆則

人物

あかつき号事件でアギトの力に目覚めた者の一人。年齢32歳。あかつき号の乗客たちのリーダー的存在。
第35話より登場したが、他のあかつき号事件の関係者と同様葦原涼の父親・和雄の手帳に名前と住所が記されており、存在自体は物語当初から示唆されていた。第14話では手帳に記されていた住居を去っていること、第27話では相良克彦に涼を殺害するよう指示したことがそれぞれ言及されている。
彼の戦いぶりや生き様は、翔一や涼などアギトの力を持つ者達に大きな影響を与え、医者になることを強要されたことで親に反発し家出していた少年・真島浩二も、彼が命がけで手術をする光景を見て嫌っていた医者への道を志すようになった。

元々は医者であったが、雪山で遭難した際に目の前で弟を喪い、自らも右腕を凍傷で失い弟の腕を移植された。その際手術は不可能と判断した医学界により医師免許を剥奪され(現実世界ではそういった四肢の欠損や障害などで手術が不可能と判断されても医師免許が剥奪されるということはない)、以後は闇医者として活動。法外な報酬と引き換えに確実に手術を成功させる闇の名医として名を馳せていた。
その実力は本物で、本来3時間はかかるといわれる手術を約40分で終わらせたり、同時に複数の人物を執刀するほど。

元々は温厚で困っている人を放って置けない好人物だったが、弟を目の前で喪うという経験からトラウマと後悔の念に囚われてしまい、その光景が何度も悪夢として彼を苦しめるようになり「救いを求める人間は全て自らの手で救わねばならない」という考えを抱くようになった彼は「アギトは自分だけでいい」という歪んだ考えを持つようになった。
他のアギトに覚醒した者、もしくはアギトの因子を持つ人間を襲撃、排除しようとしたがその度に弟から移植された腕が拒絶反応を起こしたためいずれも失敗している。

最終的には、自身が倒したが真島からアギトの力を与えられエクシードギルスとなった涼に敗北。負傷して倒れていたところを涼に救われたことで仲間となる。

しかし、終盤でファルコンロードの攻撃を生身で受けてしまう。瀕死の重傷を負いながらもヘッジホッグロードの針を受けた翔一を緊急手術で救い、アギトらと協力しアンノウンを倒す。
しかし既に限界を迎えていた彼は、自宅で真島に「コーヒーを淹れてくれ」と頼んだ後、静かに息を引き取った。
彼が最後に見た光景は、弟と共に雪山から生還するというものであった…

仮面戦隊ゴライダー

アナザーアギトのスーツが腐食してしまった為、今後の再登場は二度とないだろうと思われていたが、ビデオパス独占オリジナルドラマ「仮面戦隊ゴライダー」にて、アナザーアギトの姿と共にまさかの再登場、現役医者ライダーである仮面ライダーエグゼイド=宝生永夢との共演も果たす。まさに16年ぶりの再演となる。

そして…

平成最後の仮面ライダージオウにおいて自らと似た名と姿を持つヒーローの紛い物達が登場。仮に木野が邂逅した場合、如何なる反応をするのかが気になるところ。
更に第31・32話では…。

木野の旅

バイク(ライダー)でキノ(木野)ということで某連作短編を想起する人も少なくないとか。

きのさん



関連項目

仮面ライダーアギト AGITΩ 仮面ライダーギルス 仮面ライダーG3/仮面ライダーG3-X
津上翔一 葦原涼 氷川誠
ドクターライダーズ
一条薫前作の登場人物。実は二作連続で、同じ「薫」という名前のキャラクターが登場している。
宝生永夢…ドクターライダーズ。上述の通りゴライダーでまさかの共演を果たした。
花家大我…同じく闇医者のドクターライダーズ。(ただし、大我は本編最終回でゲーム病専門医として正式な活動が許可されている)

関連記事

親記事

アナザーアギト あなざーあぎと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「木野薫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46369

コメント