ピクシブ百科事典

アンノウン(仮面ライダーアギト)

あんのうん

特撮ドラマ「仮面ライダーアギト」に登場する敵集団。
目次[非表示]

概要

地球上の生物に似た特徴を持つ超越生命体。本作における敵キャラクターである。
「アンノウン」の名は警察が氷川誠からの報告を受けて、未確認生命体に代わる新たな敵、謎の存在として警察が命名した呼称であり、軍事用語で「国籍不明機」を意味するunknownが語源。正式名称は「ロード怪人」であり、種族ごとに「(モチーフとなる動物の名前)ロード」と呼称されており、高位の怪人はエルロードと呼ばれる。
その正体はに仕える天使の如き存在…いわば本物の天使であり、ロードの名が示す通り厳密には人間以外の地球上の生物の原型でもある。
なお、ロード怪人には個体名が存在しているが、これは人間が便宜上付けた名前であり、本来彼らには個体名は存在していない。

アンノウンの目的

その目的は、人類を創造したとされる神の如き存在=闇の力が恐れるアギトの殲滅であり、主にアギトになる可能性のある人間(超能力者)を血族ごとに殺し回っている。それには、まだ産まれていない胎児も該当。殺人を行う際や特殊能力を発揮する際には、左手で右手の甲を闇の力の文字の形に辿るという、サインを切るような仕草をみせる。
殺害方法は、今までのライダー怪人が殴る蹴る斬り付けるを噴いて焼き殺す猛毒で溶かすなどといった原始的な方法を使っていたのに対し、彼らは人間を生きたまま木のウロに詰めこんだり、コンクリートの壁に埋め込んだり、高層ビルの屋上からを通過させて転落死させたり、さらには対象の体組織を別の物体に変えたりなど、人間には実行不可能な犯行を起こしていた。その能力から、彼らの起こした殺人は「不可能犯罪」と呼ばれる。これは、前作『クウガ』での怪人の殺人方法がリアルすぎて、子供の親から苦情が来たため、「あり得ない殺し方」をさせる必要に駆られたからである。
同族ならば殺害方法は共通する。一方で、闇の力が、自分の生み出した人間達を愛しているために、アギトの力を持たない人間を殺すことは極力禁じられており、ターゲット及びそれの殺害を妨害する者以外の人間は襲うことはなく、もし仮に禁を破ったアンノウンは闇の力から制裁が下される。

その他

どのアンノウンも能力の発動時や、ライダーの技を受けて爆死する直前に天使ののような円盤状の発光体が頭上に出現する。また、各自の武器はそこから召喚して装備する。
背中には鳥類系以外のアンノウンにも、未発達な羽を思わせる突起が生えている。彼らには種族的観念とそれに基づいた階級があるらしく、似た容姿で複数のアンノウンが同時に行動する際には、クイーンロードと呼ばれる指揮官らしき存在が登場した(なお、それら指揮官担当はいずれも女性である)。劇中で各アンノウンの名前が呼ばれることはなかった。また、総じて古代神話を意識したデザインがなされている。
ちなみに、人間の言葉を話すシーンは少なく、基本は唸り声や奇声を発しているが、実際には前作のグロンギとは違い、デフォルトで人間の言葉を話す事が可能(これは格下である人間の言語を使いたくないだけだという)。事実、それを証明するように、高位のアンノウン=エルロードは流暢な日本語を操っていた。
また、エルロードより少しくらいの低い階級のロード怪人はコルセットを身に付けており、仮面ライダーディケイドに登場したバッファローロードのように、エルロードと同格かそれに準ずる階級の者にはにロード怪人のシンボルマークが付いているようだ。

一覧





余談

  • モチーフとなる生物は、ニチアサで同時期に放映されていた『百獣戦隊ガオレンジャー』のパワーアニマルと被らないように気を使われていた。そのためにOPのイコンに描かれていても未登場のロード怪人が多い。最終話間際の地のエルについてはスーパー戦隊シリーズのほうが最終話が早いために「ガオライオン」と同じモチーフでも使用できたという。
  • 衣装に使用されている巻貝のような装飾は、共通の意匠、武装した貝アーマメントアンモナイトとして草彅琢仁によってデザインされた。


関連タグ

仮面ライダーアギト 怪人 アンノウン チート 大ショッカー

グロンギ← アンノウン →ミラーモンスター

pixivに投稿された作品 pixivで「アンノウン(仮面ライダーアギト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63076

コメント