ピクシブ百科事典

エルロード

えるろーど

特撮番組『仮面ライダーアギト』に登場する怪人、アンノウンの中でも最高位に属する怪人。
目次[非表示]

概要

特撮番組『仮面ライダーアギト』に登場するの使い「アンノウン」の中で、最高位に位置する怪人のこと。彼らもアンノウンと同様、闇の力に創り出された古代の生命体・マラークである。
闇の力に代わってアンノウンを指揮し、超能力者の抹殺を行う、まさに神の代理人・神罰の地上代行者といった存在。
ライダー怪人の中でも異質な能力を持つアンノウンの中でも最高の超能力を有し、仮面ライダーを苦しめた。そればかりか、闇の力の体内で更に自身を強化することさえも可能。

書籍『MASKED RIDER AGITO ART WORKS』によれば、アギトに等しい存在である。

下位のアンノウンよりも進化が進んでいるため、背の羽はより大型化している。知能・能力が発達したことにより、人間の言語を解し、話すことも可能。

作中で姿が確認された水、地、風のエルはライダーのような複眼を持つ。

作中登場した個体はそれぞれ陸海空に相当する名称を持ち、に似た水のエルライオンに似た地のエルに似た風のエルが登場している。なお、劇中では語られなかったが、オーヴァーロードと同じ容姿を持つ「光の力」の正体もエルロードの一人火のエルである。
OPに登場したイコン画には7体のエルロードらしきもの(三対の翼を持つ天使)が描かれており、実際はもっとたくさんいた可能性もある(イコンの中央には、剣で刺されて墜落していく天使の姿が描かれ、下方にも、墜落していく天使が何体か描かれている)。

放送当時に発売された「てれコロコミック」の漫画では白と黒のに似たライノロードを率いる、に似た大地のエルが登場し、アギトら3人のライダーと戦った。

余談

アギトの元ネタとなった聖書でも特に位の高い七大天使が存在しており、七人いたという設定もここから来ているものと推測される。誰がどの天使に対応するかについては不明。
宗派によれば孔雀の天使がいたり、獅子の天使がいるらしい。

ちなみに、劇中で登場したエルロードはちょうど四大元素に対応しており、古代ギリシャではこの四属性が世界を構成すると考えられていた。

関連項目

幹部 天使 オーヴァーロード/テオス
ゴルゴム:同じく陸海空モチーフの大幹部が登場する。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エルロード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40278

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました