ピクシブ百科事典

風のエル

かぜのえる

仮面ライダーアギトに登場する幹部怪人である3体のエルロードの1人の名称。
目次[非表示]

「見たな…ここは聖地。人間の来るべき所ではない‼」
「ここは聖地…人間が踏みいってはならない」
CV/くじら

概要

最高位のアンノウンである3人のエルロード1人であるに良く似た超越生命体。
設定によると時速500kmもの猛スピードでを自由自在に飛び回り、を思いのままに操る能力を持つとされる。

ロード怪人たちの長でありでもあるオーヴァーロード/テオスが眠っている『聖地』を護る守護者兼彼のボディーガードの役割を担っており、そこに近づいた不届き者の人間がいれば(一応、警告を発した後)事故、故意に係らず問答無用で『憐憫のカマサ』と呼ばれる弓矢で射殺してしまう。
なお、この『憐憫のカマサ』で射抜かれた者は肉体が跡形も無く消滅してしまう恐るべき効力を持っている。

また、肉弾戦においてもエクシードギルスバーニングフォームを圧倒するほどの圧倒的な力を持っている。

最終回にて地のエルを追いかけて『聖地』に乗り込んできたアギトをテオスの計らいでパワーアップした地のエルと共に襲撃し圧倒し、変身解除までに追い込む。だが、そこへ駆けつけたG3-Xに妨害され、彼の参戦により予想外の苦戦を強いられるが、テオスの援護により一端はG3-Xをも退ける。
しかしそこへ、更に復活し駆け付けたエクシードギルスも参戦したため状況は一変。

アギトは地のエルに任せ、自身はエクシードギルスとG3-Xを標的に定め交戦するが、最後はG3-Xの『ケルベロスファイヤー』で怯み、隙が出来た所へエクシードギルスの放った『エクシードダブルヒールクロウ』を喰らい爆死した。


余談

鷹の超越生命体という設定だが、公式アートワークスによるとモチーフはフィリピンワシそもそも鷹と鷲は明確な区別が無いので、突っ込んではいけない。ただ、明確な区別がある生物なのに大人の事情でごっちゃになった怪人なら後輩にいるのだが。


関連タグ

仮面ライダーアギト アンノウン(怪人) 水のエル 地のエル オーヴァーロード/テオス 大怪人ビシュム過去の作品に登場した三幹部の一人でこちらもを司る。

pixivに投稿された作品 pixivで「風のエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6875

コメント