ピクシブ百科事典

プトティラコンボ

ぷとてぃらこんぼ

オーズが変身する、恐竜をモチーフとした形態。他のコンボ、亜種を超えるスペックを持つ。所謂「最終フォーム」ポジション。
目次[非表示]

プテラトリケラティラノ
♪ プ・ト・ティラーノ・ザウルーゥス!!

パーソナルデータ

イメージカラー
テーマソングPOWER to TEARER
コアメダルテラ・リケラ・ティラ
頭部プテラヘッド。複眼の色は緑。頭部プテラノドンの翼「エクスターナルフィン」を展開し飛行できる。「プテラアイ」により赤外線や紫外線をも捉える事が可能。また、嘴型の宝玉「アンバーオークォーツ」により、周囲15km圏内の生物反応を感知する。
腕部トリケラアーム。両肩に伸縮自在のトリケラトプスの角「ワイルドスティンガー」、両腕にセルメダルの結合を切り離す「トリケラガントレクス」を装備。また、「トリケラショルダー」はグリードでも破壊に困難を極める防御力の高さを誇る。握力は高く、ヤミー程度なら握り潰して倒してしまえる。
脚部ティラノレッグ。ティラノサウルスの尾「テイルディバイダー」を装備、脚部の「レグステラネイル」で踏み込めば大地も割れるほどの威力を誇る。
コンボ特性極低温


概要

プトティラ


「プテラ」「トリケラ」「ティラノ」のコアメダルで変身する恐竜系コンボ(ただし、厳密に言うとプテラノドンは翼竜であり、恐竜というカテゴリーには含まれない)。
その変身肯定も他とは一線を隔しており、普段恐竜系コアは「器」である火野映司の体内に5枚吸収されているのだが、映司が危機に陥るとコンボを形成する3枚が自発的に分離し、強制的にプトティラコンボへの変身が行われる(その為、オーズの形態で唯一アンクがメダルの受け渡しをせずに変身出来る。なお紫のメダルはアンクでも取り込む事が出来ない)。他のコンボを圧倒するを秘めた存在であり、変身時には凄まじい冷気を放ち、恐竜のような咆哮をあげる(よく見るとコンボ時に小規模の放電が見える)。

オーラングサークルも他のコンボとは違い、タトバコンボタジャドルコンボの様な特殊なコンボと同じく金縁になっており、それら二つよりも金縁が分厚くなっている。

現生動物である他のコンボの生物と絶滅動物である恐竜とは相性が悪いために、メダルチェンジができず、亜種形態が存在しない特殊なフォームである(ガンバライド等のゲームでも亜種形態は登場しない。バンダイのオーズコンボチェンジシリーズやS.I.Cでは組み替え遊びが可能)。

基本能力は他のフォームを大きく上回り、強力な冷気発生能力や、エクスターナルフィンによる飛行能力、ワインドスティンガー・テイルディバイダー・専用武器のメダガブリューといった強力な攻撃性能を誇る一方、暴走の可能性を内包した危険なコンボでもある。
また、映司の体内に入り込んだ恐竜コアが、映司の「欲望の空白」を埋めてしまい、コンボの獲得とともに映司のグリード化、つまり800年前と同様にオーズ自身が暴走する危険性を生むことになった。
こういった数々のリスクに加え、他コンボがそれぞれ敏捷性やパワーなど、一つの能力に特化した形態である設定上、平成ライダー恒例の「最強フォーム」ポジションにあたりながらも、他コンボの完全な上位互換とはならず、戦況次第では他コンボの方が有利になる事もあった(これは前作の中盤におけるファングジョーカーとも共通する特徴である)。

その高い能力に加えて、紫のヤミーが持つ「欲望を持ち、メダルの能力を無力化する」という能力を受け付けない。このため、紫のヤミーに対して唯一優位に立って戦えるコンボと言える。
また、「欲望を無に返す力」を使うことで、本来ならば不可能であるはずのコアメダル破壊を実現してしまうため、アンク(ロスト)の意思が宿るコアメダルだけを破壊しアンクを取り戻すなど活躍した。これは別に必殺技などではなく、通常の攻撃でもコアメダルに直撃すればグリードを倒せる力を持っており、恐竜グリードも同様の力を持っているなど、紫のメダルの標準的な力である。

しかし、欲望こそが至上とする鴻上光生にとって、このコンボの持つ力は最も忌むべきものであり、基本的にグリードにすら肯定的な彼を以てしても、「紫のコアだけは破壊しなければならない」と言わしめた。

他のフォームでは黒だった強化皮膚オーズアーマーは、白銀の「エンシェントオーズアーマー」になっており、筋肉大型恐竜並みに強化され、熱や電流をも全く寄せ付けなくなった。
アックスモードとバズーカモードに変形するメダガブリューを生成し、装備する。

棘々しいデザインや紫のボディカラー、冷気能力など、悪役を連想させるその存在感は、歴代ライダーの強化形態だけでなく特撮ヒーローの強化形態の中でも一際異彩を放っている。ガンバライドでも、その禍々しさから主人公ライダーの最強フォームで唯一「」のライダータイプを持つ。
また、紫色が強いフォームであることの多いライダーシリーズだが、主人公の最終フォームとなったのはオーズが初である。

「変身時に人外と化すリスクを伴い、最悪死に至るフォーム」はこれまでにも多数登場していた。しかし、その中ですらプトティラコンボは一際異彩を放っているフォームである。
基本的にこの手のリスクを伴うフォームは、主人公が何らかの形でそのリスクを受け入れて折り合いをつけるか、完全な制御に最終的に成功するのが通例だった。しかしプトティラコンボの場合は、初登場から映司の体を無理矢理乗っ取って変身させては、何度も暴走を繰り返す。後に多少は制御出来るようにはなるものの、今度は力が体に馴染んだ事で色覚や味覚を喪失し、日常生活にも支障をきたすグリード化や変身者自体の怪人体が登場するようになる。そしてやがて再び暴走を行うようになり、いよいよ映司を本格的にグリード化させようとし始めるなど、最後まで主人公の映司が折り合いをつける事も、ましてや制御する事もできなかった。
このように、全体的に破滅に向かうリスクが他の作品よりも強く前面に押し出されており、歴代の最強形態の中でも主人公が手にした最強の力というよりも、強力な力と引き換えに大きな代償を伴う、本来変身してはならない極めて危険かつ厄介な最強形態という印象の方が非常に強い。
また、その「欲望を無に還す力」とは即ち、あらゆる存在や世界すらも無に還しうる危険性を孕んでおり、実際に主人公の最終形態であると同時に、並行してラスボスが世界を破滅させる為の力としても利用されなど、物語上でも徹底して本来なら存在してはならない忌むべき力として扱われており、最終的には紫のメダルは、ラスボス諸共最早ただの厄介者として映司達の手で纏めて葬られるという、仮にも主人公に最終形態を齎すアイテムとは思えないような扱いで終わった。

一応プトティラの専用挿入歌の歌詞は、「手懐けろ、太古から続く力を」だの「破壊者を守護者に変える」だのと、プトティラの力を制御するかのような内容だったのだが、結果は全くそんな事は出来ないままに終わってしまった。これについては、ファンの間では「挿入歌詐欺」などと言われる事もある。

加えて、後の作品でスーパータトバコンボという正統進化形態が登場した事で、オーズの真の最終形態はこちらだと認識しているファンも多い。

スペック

身長205cm
体重95kg
パンチ力10.5t
キック力20t
ジャンプ力ひと跳び210m
走力100mを3.3秒


必殺技

ブラスティングフリーザ
ワインドスティンガーで標的を貫き、そのまま羽ばたきによる冷気で氷漬けにした後、テイルディバイダーで粉々に打ち砕く。
破壊力は100t。

グランド・オブ・レイジ
メダガブリュー アックスモードで標的を両断する。
アックスモードの仕様上タジャドル以外のコンボで全て使用可能。使用するコンボにより、斬撃に電撃などを付加して攻撃力を高めることが可能。その際対応するコンボソングのカラオケサウンドが再生される。
破壊力は170t。

ストレインドゥーム
メダガブリュー バズーカモードからセルメダルのエネルギーを凝縮した強力な破壊光線を放つ。破壊力は200t。プットッティラーノヒッサーツ!
プトティラコンボのみが使用できる必殺技(ちなみにガンバライドではメダガブリューシュートという名称で同様の技を使用する。斬撃を叩き込んでからエネルギーを放つ連続技)。

プトティラ・アルティメット・スリー
ガンバライドオリジナル技。トリケラアームから伸びた角で相手を突き刺し、投げ上げたあとにティラノレッグで回旋蹴りを叩き込む技。
オーメダルセット4発売直後ではメダルスキャンで使用できたが、005弾よりメダガブリューシュートに変更された。その後は低レアリティのプトティラやオーメダルセット4付属のカードでしか使用できない。

メダガブリュー

ガブッ
ゴックン
プ・ト・ティラーノ・ヒッサ~ツ!!

プトティラコンボ


ティラノサウルスの顔を模したプトティラコンボ専用武器。メダジャリバーと違って鴻上ファウンデーションが作成したものではなく、タジャスピナーと同様にオーズが地面に手を突っ込み自ら生成する。
これを見た者は本能的な畏れを感じるという。

活躍

鴻上が発見し持ち帰った紫のコアメダル(絶滅種や空想上の動物のコアメダル。恐竜系とも呼ばれる)10枚のうち、5枚(プテラ2、トリケラ1、ティラノ2)は映司の体に入り、残り5枚(プテラ2、トリケラ2、ティラノ1)はカザリによって真木に投入され、それぞれを『器』として、カザリ曰く「人がグリードになろうとする」状態になった。

第32話で初変身。2体のプテラノドンヤミーに苦戦し、その能力により強制的に変身が解除されて危機に陥った映司だが、突如体内の紫メダルが攻撃から映司を守り、そのままプトティラコンボへと変身した。
強大な力を以てプテラノドンヤミーを撃破した後そのまま暴走し、伊達に斬りかかろうとするも間に比奈が割り込み妨害、理性でメダルを抑えこみ変身は解除され事無きを得た。

その後、映司は次第に紫メダルに適応し、第34話で自力で紫メダルを出せるようになり、第36話では意志を保ったままプトティラコンボで戦えるようになった。なお、36話の戦闘ではテーマソングも流れた。
しかし、第42話のアンク(ロスト)戦で久しぶりに暴走しており、メダガブリューの一撃でアンク(ロスト)の意識が宿ったコアを破壊し勝利している。

その後の第44話では、苦戦しつつもカザリ完全体を撃破、第45話でラトラーター形態のグランド・オブ・レイジでメズールを撃破し着実にグリードを倒していくが、アンクとの対峙時に真木により自身の紫メダルを投入され映司グリード化。その後プトティラコンボでの対決になるがアンクにより暴走が止められる(この時点でグリード化が進んでいる為か、プトティラコンボとの切り換えが映司の意志だけでオーズドライバーを用いずに行われている)。
その後、伊達や後藤と共に恐竜グリード、ウヴァ完全体と対決するが歯が立たなかった為に、映司は力を求め大量のセルメダルを体に投入。恐竜グリードとの最終決戦では映司の中の紫メダルを奪おうとしたところに冷気で足下を凍らせて動きを止め、吸収していた無数のセルメダルを使用したグランド・オブ・レイジで一度は倒すが、恐竜グリードはメダルの器から照射されたエネルギーフィールドの力により復活。一方の映司は凄まじい力を使用した反動で変身解除し再び暴走しかけるが、アンクにより正気に戻され、ここで本編での出番は終了する。

その後は、タジャドルコンボの必殺技ロストブレイズを利用して、映司によって彼が持つ7枚の紫メダルは恐竜グリードに打ち込まれ、そのまま恐竜グリードやメダルの器と纏めて、全ての紫メダルが完全に破壊された(作中で破壊描写があったのは打ち込まれた7枚のメダルだけだが、恐竜グリードの持つ残り3枚のメダルも共に破壊されている)。

劇場作品においては、時期設定が本編中である「将軍と21のコアメダル」にて、亜種を含む他の形態に変身するのに必要な分のメダルを奪われ変身不能に陥った映司が紫メダルを使うか迷うシーンがあるが、アンクがその身を挺したことでタトバコンボに、将軍がメダルを提供したことでブラカワニコンボに変身出来たため結局プトティラには変身しなかった。
その後映司の体内の紫メダル3枚をガラに奪われるが、真木の持っていたメダルから不足分がウヴァ経由で提供され、全コンボ揃い踏みシーンに参加。冷気攻撃で敵の動きを止める等、地味だが重要な役割を担う。

オーズ本編終了以降の作品となるMOVIE大戦MEGAMAXや、平成ジェネレーションズFINALでは破壊された設定を維持している為に、プトティラコンボの登場は回想シーンのみ。

ウィザードジオウ等の手によって召喚された場合は例外で、関連能力が全て使用可能になる。その為、ライダーリングで召喚された『MOVIE大戦アルティメイタム』のディレクターズカット版や仮面ライダーウィザードの最終回、平成が溢れ出した『Over Quartzer』ではプトティラコンボへの変身を披露しており、さらに本家とは異なり暴走などのリスクも無い模様。


スーパーヒーロー大戦』にてアイム・ド・ファミーユが変身。他のメンバーとは違い、近似色がなく、余っていたプトティラになった(劇場版限定フォームタマシーコンボブラカワニコンボを除く)。
特に説明なく紫メダルを取り出しており、(おそらく)本編終了後に何故紫メダルを所有していたのかは不明(一応、裏設定として『MOVIE大戦MEGAMAX』で紫メダルも戻ってきたとする資料もあるらしいが、これに関しても明確な出典が無い上に、さらにその後の時系列にあたる『平成ジェネレーションズFINAL』ではやはり紫メダルは所持していなかったので、その出典自体が誤りであるか、公式では既に採用されていない可能性が高い)。
ぶっちゃけ『スーパヒーロー大戦』シリーズは、本家を無視した設定や展開を平気でやる事も多いシリーズである為に、あくまでパラレルとしてあまり深く考えないのが正解だろう。

対応するグリードは真木と映司の、人間からグリードに変容したイレギュラーな存在である2人。
なお劇場版「MOVIE大戦CORE」では『ギル』という名のみが語られている(姿は描写されていない)が、ついにTV本編どころか公式サイトにさえその名を現すことはなかった。映画は本編とはパラレル設定らしい。と思いきや実は、恐竜メダルの存在自体は結構序盤時点で既に示唆されており、第8話のラストでアンクが閲覧していたメダルの枚数を表示したタブレットの画面に紫色の字で、???と表示されていたものがそれと思われる(しかもご丁寧に拡大までしてくれている上に、不穏な効果音まで流れるという何ともそれらしい演出だった)。

memory_of_heroez』では、本編終了後かつ本作はあくまで本編の設定に忠実である為、当初はプトティラコンボは使えなかったが、財団X製の恐竜系コアメダルを入手した事で、再び変身できるようになった。変身時には雄叫びこそ上げるが、あくまで複製品に過ぎない為、暴走のリスクはオリジナルよりかは低いのだと思われる。同じように財団X製の恐竜メダルで恐竜グリードも蘇った。


余談

ネットムービーでは、視力検査をしていた伊達さんにエヴァンゲリオン(一部伏字)と呼ばれていた。伊達さんのセリフから平成二期の世界にはエヴァのパチスロがあるそうな(単に岩永洋昭さんの体験談かもしれないけど)。
ファンの間でも色が似ているとたまにネタになる。

関連イラスト

プトティラ、グランド・オブ・レイジ!
プトティラコンボ


POWER to TEARER
仮面ライダーオーズ プトティラコンボ



関連リンク

仮面ライダーOOO 仮面ライダーオーズ 最強フォーム 暴走フォーム バイオレットヒーロー 
恐竜グリード 映司グリード 

アルティメットフォームキングフォーム極アームズ:同じ最終形態で暴走や怪人化の危険性があるフォーム。
ファングジョーカー恐竜モチーフで「暴走の危険性がある」、「亜種形態を持たない」、「変身アイテムが危険を感知し身を守る」など共通点が多い。
ガンフォーム:紫色かつ竜がモチーフで銃を使う。また、体内に取り込んだものが暴走することがあるという意味でも共通。
インフィニティースタイル:同じくが武器の最終形態で、存在するとは思われなかったイレギュラー形態。
サンダーブレスター:こちらも暴走の危険がある。
マグマトロン:ラトラーターコンボと同じくケツァルコアトルス・エラスモサウルス・ギガノトサウルスのコンボを期待した人がいたとかいなかったとか。
恐竜戦隊ジュウレンジャー:プテラもトリケラもティラノもいる上、メンバーの1人がメダガブリューに似た個人武器を使用する。ちなみにトラやゾウのキャラも存在し、メダルをバックルに入れて変身するなど、OOOとの共通点が多い。
爆竜戦隊アバレンジャー:初期メンバーがティラノ、トリケラ、プテラで、アバレンオーの頭部はプテラ、下半身はティラノで、上半身は(右腕だけ)トリケラである。さらに、串田アキラはアバレンジャーのエンディングテーマも歌唱している。
EVA初号機:「紫色でよく暴走する」共通点からか、 「ALLSTARS 21の主役とコアメダル」では伊達がプトティラを間違えて「エヴァンゲリオン?」(劇中では伏字で)と発言している。
ガングニール(シンフォギア):プトティラコンボと同様体内に変身アイテムが飛び込み変身、よく暴走し、人外化の進行による危険性がある。ちなみにどちらともそのリスクが発覚する回で主人公の過去のトラウマの詳細が明かされるなど共通点が多い。
範馬刃牙:1億9千万年の眠りから覚めたピクルとの対決に際し、ティラノサウルス・トリケラトプス・プテラノドンの形意拳「プトティラ拳」を開発する。
プリミティブドラゴン:荒々しい動きをする暴走フォーム。

サイクロンジョーカーエクストリームプトティラコンボコズミックステイツ

関連記事

親記事

仮面ライダーオーズ かめんらいだーおーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プトティラコンボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 937603

コメント