ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ウィザード(仮面ライダー)

うぃざーど

特撮番組『仮面ライダーウィザード』において、主人公が変身する仮面ライダー。正式名称は「仮面ライダーウィザード」だが、番組と同名であるためこちらの記事で別個に取り扱う。
目次 [非表示]

「魔法使いってのは諦めが悪くてね…」

「さぁ、ショータイムだ!」


「聖なる輝き、まかり通る!」

「全ては魔法の煙と共に…」


CV:白石隼也

スーツアクター:高岩成二


変身者

操真晴人


概要編集

仮面ライダーウィザード』の主役ライダー。操真晴人ウィザードライバーで変身する。作中では「指輪の魔法使い」もしくは「ウィザード」と呼称されており、「仮面ライダー」と呼ばれたことは一度もない(前作の劇場版にて仮面ライダーフォーゼに便乗する形で名乗ったことはある)。


指輪をしているためか、全般的に格闘は足技とウィザーソードガンによる武器攻撃が比較的多い。

一方で「パンチは使用しない」という縛りがあったが、これは玩具のウィザードリングを使って遊ぶ子供たちが真似して怪我しないようにという配慮もあってのことだったらしい。なのでリングが壊れたら思い切り殴った。(玩具の問題が解消されたためか、以後ゲスト出演した際にはさりげなくだがパンチ攻撃も行っていることがある)

これだけでも歴代ライダーからアクションは差別化されているが、その動きは華麗でアクロバティックなものとなっている。


戦闘中は晴人の魔力を消耗し、魔力が減少するとリングを使おうとしてもエラーが鳴り不発するようになる。更に魔力が尽きると強制的に変身が解除されてしまう。


また、腰のローブ「ウィザードローブ」は巨大化させる事で敵の攻撃を防ぐ盾としても機能する。



外見編集

長い黒のロングコート「ウィザードローブ」に、『仮面ライダー響鬼』に登場する仮面ライダーの様に複眼の無いマスク(一応目の部分が縁取られてはいる)が特徴。

基本カラーは黒である。スタイルによってマスクなどの色と形が変化する。

肩にはウィザードラゴンを模したドラゴンズトーテムが刻まれている。

腰にはウィザードリングを収納する鎖型のウィザードリングホルダー(DX玩具版より)が備え付けられており、状況に応じてここからウィザードリングを取り出すが、武器のホルスターは存在せず、ウィザーソードガンはコネクトの魔法で異空間から取り出す。


後頭部に一部禿げたように黒い部分があり、おそらくこれは大きな指輪が頭にはまっている(首とこの部分で指を通す穴が貫通している)というデザインだと思われる。


マスクはダイヤモンドの10倍の硬さを持つドルイドクリスタルとソーサリウムという金属でできており、ソーサリウムはウィザードライバーにも使用されている。

マスク部分は「ベゼル〇〇」(※1)、魔力増幅器の腕輪と足輪は「〇〇レガード」と「〇〇スリーブ」(※1)、魔力制御バランサーである胸部アーマーは「〇〇ラングストーン」(※1)と魔力強化部位は「〇〇ペイル」(※2)と呼ばれ、スタイルチェンジの際に形状や色が変化する。

ただし、Oシグナルにあたる「ウィザーシグナル」は黄色のまま(ドラゴン系スタイルでは形状が変わる他、インフィニティー系スタイルではそもそも存在しない)。


視力は水平方向に300度(ウォーターは320度)、垂直方向に220度に及び、5km先(ウォーターは4km)の文字を読めるとされる。

ハリケーンスタイルはこれに加えて風の流れを、ランドスタイルは大地に宿る生命エネルギーを視認する能力を得ている。

聴力は10km先の人の呟きを感じ取る事が可能。


(※1)〇〇にはスタイルの名前が入る。ただし、ランドスタイルのラングストーンは「グラド」が入る。

(※2)フレア、スプラッシュ、グラド、ブロウイングといった各属性を連想させるワードが入る。


(参考:仮面ライダー図鑑「仮面ライダーウィザード」より)


スタイル編集

四大元素に因んだ属性を持つ。魔法やウィザーソードガンによる攻撃にも属性が現れる。

平成ライダーでは珍しく、各スタイルの専用武器は持たない。

なお、第1話のみ、どの形態でも変身の際に出現する魔法陣が赤いままである(第2話以降は対応するスタイルの色に変更されている。)


フレイムスタイル編集

仮面ライダーウィザード_フレイムスタイル

フレイムリングによって変身するスタイル。

属性は、顔のクリスタル(複眼)の色は「赤」で、形状は「円」。

仮面ライダーウィザードの基本形態。アンダーワールドでの戦闘もこのスタイルで行われる。


ウォータースタイル編集

ウォオウ↑タアァ↓

ウォーターリングによって変身するスタイル。

属性は、顔のクリスタル(複眼)の色は「青」で、形状は「涙滴型」。

4スタイルの中で魔力に優れており、また、水中で動くことが可能。


ハリケーンスタイル編集

仮面ライダーウィザード ハリケーン

ハリケーンリングによって変身するスタイル。

属性は、顔のクリスタル(複眼)の色は「緑」で、形状は「三角」。

4スタイルの中でスピードに優れ、体に風を纏い、高速の飛行が可能。

この形態、及びその派生形態の際は、ウィザーソードガン・ソードモードを逆手持ちで使用する。


ランドスタイル編集

仮面ライダーウィザード(土)

ランドリングによって変身するスタイル。

属性は、顔のクリスタル(複眼)は「黄」で形状は「四角」。

4スタイルの中でパワー・防御力に優れている。


ドラゴンスタイル編集

現実でもウィザードラゴンの力を使えるようになる、4スタイルの強化形態。

頭部と胸部にドラゴンの意図が現れ、ロングコートの色が属性に因んだ色に変わる。

専用魔法・スペシャルによってドラゴンの身体の一部が具現化する。


インフィニティースタイル編集

WIZARD INFINITY STYLE

インフィニティーウィザードリングで変身するスタイル。

一度は魔法が使えなくなった晴人だが、コヨミを助けたいという強い願いがウィザードラゴンを復活させ、晴人自身が生み出したインフィニティーウィザードリングで変身できるようになったスタイル。

全身のアダマントストーンはあらゆる攻撃を防ぐと共に、専用武器アックスカリバーによる強力な攻撃も兼ね備えている。


その他の形態編集

映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』に登場。

スペシャルラッシュウィザードリングで変身する。オールドラゴン同様、フレイムドラゴンをベースにウィザードラゴンの頭部、翼、尾、爪が具現化されている。


てれびくん超バトルDVD『仮面ライダーウィザード ダンスリングでショータイム!!』で登場。

ダンスウィザードリングの効果でウィザードとビーストがお互いの魔法を使用できるようになり、フレイムドラゴンが右肩にファルコマント、左肩にバッファマントを装備した姿。

一部資料では「ビーストスタイル」とも呼ばれている。


映画『劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land』で登場。

フィニッシュストライクウィザードリングで変身する。

インフィニティースタイルに、ウィザードラゴンの力が融合した姿。


映画『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』で登場。

フィニッシュストライクウィザードリングで変身する。

インフィニティードラゴン同様、インフィニティースタイルにウィザードラゴンの力が融合した姿だが、全身が金色に輝いている点やドラゴスカルが胸部から具現化している点が異なる。


アイテム編集

ウィザードライバー編集

ウィザードの変身ベルト。通常はベルトのバックル部分のみが出現しているが、

ドライバーオンウィザードリングをかざす事で出現する。

バックルのみの場合でも魔法リングの使用は可能である。


ウィザードリング編集

本作のキーアイテム。主に変身リングと魔法リングの二つが存在する。

変身リングはウィザード自身のスタイルの変更を行う。

魔法リングは変身前後問わず使用できる。


ウィザーソードガン編集

ウィザードのメイン武器。コネクトウィザードリングで呼び出して使用する。ソードモードとガンモードの2種類の形態を持ち、遠近どちらにも対応できる。側面についている手の形をしたパーツ(ハンドオーサー)と握手するような形でリングをかざすことで、そのリングの持つ属性や魔法をウィザーソードガンに付与し、強化することが出来る。


ドラゴタイマー編集

白い魔法使いの協力でドラゴンの力を限界まで引き出した事で、晴人の魔力が具現化した魔道具。使用することで3体のドラゴンスタイルを呼び出す事ができ(コピーとは違いそれぞれが独自に動く)、4体のドラゴンスタイルで戦う事ができる。


アックスカリバー編集

ウィザードラゴンが変化した、インフィニティースタイルの専用武器。持ち替えることで剣と斧の形態を使い分ける。

必殺技は、中央部のハンドオーサーにハイタッチすることでアックスカリバーが巨大化、相手を叩き切る「ドラゴンシャイニング」。


プラモンスター編集

ウィザードリングの魔力を開放することで使役することが出来る使い魔の一種。

魔力が尽きると消えてしまうらしい。


レッドガルーダ編集

ガルーダリングによって召喚される、プラモンスター。

主に空中からファントムやゲートとなる人間を捜索する。

響鬼アカネタカオーズタカカンドロイドに似ている。

鳥型サポートメカの例に漏れず偵察要員として活躍する。


ブルーユニコーン編集

ユニコーンリングによって召喚される、プラモンスター。

主に地上からファントムやゲートとなる人間を捜索する。

頭の角は鋭く、穴を掘って地中を移動することが可能。


イエロークラーケン編集

クラーケンリングによって召喚される、プラモンスター。

主に水中、空中から水中のファントムやゲートとなる人間を捜索する。


バイオレットゴーレム編集

ゴーレムリングによって召喚される、プラモンスター。

極度の人見知りでファントムやゲートの捜索はしないが、手先が器用で物作りが得意。


マシン編集

マシンウィンガー編集

ウィザードが使用するバイク。通常はコネクトウィザードリングで呼び出す。

また、晴人のファントム〈ウィザードラゴン〉と合体することも出来る。


ウィザードラゴン編集

ウィザードが使役する巨大ファントム。普段は晴人のアンダーワールドで行動を抑制されており、ゲートのアンダーワールドで巨大ファントム相手に戦闘を行う時ドラゴライズリングで召喚・使役される。


ゲーム作品編集

『ガンバライド』編集

06弾でのプロモカードで先行参戦して登場。

放送開始前からデータを開発していたためかセリフも声が違う謎ライダーとしての参戦。(一部では檜山修之氏ではないか?と言われている)

シャバドゥビ1弾から現行作品の主役ライダーとして参戦。

S1弾ではフレイムとウォーターがLRで、ハリケーンとランドがSRで登場。

S2弾ではフレイムドラゴンとハリケーンドラゴンが共にLRで登場。

ハリケーンドラゴンは強力なカードで、06-041オーズタトバコンボをコウエイにした通称「ハリドラタトバ」デッキは一時期大会を席巻した。

S3弾ではウォータードラゴンがSRで、ランドドラゴンがLRで登場。

S4弾ではオールドラゴンがLRで登場。

S5弾ではLRがインフィニティースタイルで登場。またそれまで劇場版のプロモカードのみだったスペシャルラッシュがSRで筐体収録された。

ガンバライド最終弾となったS6弾ではインフィニティースタイルがLRとCPで、フレイムスタイルがLRで収録された。

このフレイムスタイルはガンバライドのラストナンバーのカードで、ガンバライドの最初のカードである仮面ライダーキバのプロモカードと同じ構図になっている。


ガンバライジング編集

ガンバライジングでは1弾から参戦。

稼働開始時は前年の主役ライダーだったので基本4スタイルとフレイムドラゴンが参戦。

LR枠でも排出されている(フレイムスタイル→フレイムドラゴン)。

フレイムスタイル、ウォータースタイル、フレイムドラゴンは専用技が収録されたが、稼働初期はテンポ重視の演出となっており、ストライクウィザードなどはかなり端折っている。

長らくフレイムドラゴン止まりであったが、ナイスドライブ3弾でLRでインフィニティースタイル、そしてLREXのバースト面でガンバライドでは未登場だった映画のみの究極フォームであるインフィニティードラゴンが登場。

バッチリカイガン3弾では中間フォームにあたるオールドラゴンがLR枠で参戦。珍しく最強フォームより後回しの中間フォーム。

ライダータイム2弾では表面バースト面共にフレイムスタイルのカードがLRで登場。メモリアルフィニッシュとして最終回でグレムリンを倒したキックが「ホープストライク」として収録された。

ライダータイム6弾ではインフィニティースタイルがGLRで登場。バースト必殺技はインフィニティー版のストライクウィザード。

ズバットバットウ3弾ではフレイムスタイルがLRで登場。鎧武オレンジアームズと共にメモリアルタッグフィニッシュとして戦国MOVIE大合戦の「大玉オーバーヘッドストライク」が収録。

リリリミックス3弾ではインフィニティースタイルがLRで登場。鎧武オレンジアームズと共にメモリアルタッグフィニッシュとして特別編の「ストライクウィザード&無頼キック」が収録。またしても鎧武とのペアとなった。

ゲキレツグランプリ1弾ではウィザード10周年ということでフレイムスタイルがLR(50thanniversaryレア)で登場したが、ストライクウィザードはムービー技。

ガンバライジング最終弾となるゲキレツグランプリ3弾では10th Rebornとして1弾のフレイムスタイル→フレイムドラゴンがLRで登場。(演出は使い回しで能力だけ変更)


ガンバレジェンズ編集

第4弾でフレイムスタイルがLRで参戦。同時にランドスタイルへのフォームチェンジも実装。

先行実装によるオリジナル技や再現されてもタッグやムービー技だったストライクウィザードが3代を経てようやくリアルタイム技として実装された上にランドスタイルも7話のドリルキックを再現するなど大充実。

同弾には相棒のビーストの他に各作品の名場面を再現するイベントカードとしても選ばれ、なんとカード名は

希望ドーナツ…イラストの晴人の指にはちゃんとホープリングが填められているファン感類の1枚。

自分の攻撃とチームのクリティカルを強化するLRウィザードのアビリティとほぼ同じ方向性の効果かつ追加効果の発動にはウィザードを必要とするため、ファンデッキならず実用性も高い組み合わせ。

基本的に剣装備扱いで参戦する事が多いのだが主役ライダーの基本フォームを優先してLRにする方針から銃持ちのカードが少ない為LRはソードガンのガンモードで銃アイコンでLRというちょっと珍しいケースになった。(低レアは従来と同じソードモードの剣アイコンである)

なお、ローブのCGは、普段は脚に固定されているが、一部の演出時に物理演算が適用されるガンバライド時代と同様の仕様になった(ガンバライジングでは演出に関わらず常時固定だった)。



バトライド・ウォーシリーズ編集

無印よりプレイアブルキャラクター。ストーリー上の主人公でもある。

無印では必殺技にウィザードリングのスキャンモーションによる隙があったが、「Ⅱ」より通常技の直後に出すことで隙がキャンセルされ、コンボに組み込めるようになった。

ドラゴンスタイルは△+〇の必殺技使用時のみ変身する仕様だったが、「創生」より必殺技の使用後にドラゴンスタイルがしばらく維持されるようになり、その間の通常技、必殺技も変化するようになった。

無印での最強状態はオールドラゴンであり、インフィニティースタイルはDLCによる独立した追加キャラという扱いであったが、「Ⅱ」よりウィザードから二つの形態を選択できるようになった。究極状態もそれぞれから派生する形で「スペシャルラッシュ」、「インフィニティドラゴンゴールド」となる。


『ライダージェネレーション』編集

ライダージェネレーション2で隠しキャラとして参戦。

先行登場のため音声はベルト音声のみで、アビリティや超必殺技も持たない。


ライダーレボリューションでは正式参戦。

「チェンジリング」でフレイム、ウォーター、ハリケーン、ランドの4つのスタイルにチェンジ出来る。


コンパチヒーローシリーズ編集

スーパーヒーロージェネレーション編集

コンパチヒーローシリーズでの初登場作品。ウィザードのシナリオで初登場し、省略されているが、本編の中盤・終盤・特別編・劇場版などのシナリオが再現されている。

演出も凝っているが、今作では何故か基本形態はフレイムスタイルしか登場せず、残りのエレメントはドラゴンスタイルでしか登場しない。


ロストヒーローズ2編集

スーパーヒーロージェネレーションに続き登場。今作ではプロローグが終わった後の最初のプレイアブルキャラであり、パーティーが4人以上揃うまでは他のパーティメンバーとの会話はあるものの大体はウィザードの視点で進行していく事になる。この事やパッケージの立ち位置などからライダー側の主人公格としてプレイヤーからは扱われることがある。前作での反省からか今回は基本形態の4スタイルが全て登場し、1つの技の中で複数の魔法を組み合わせていることが多い。

使える技はEN攻撃が中心で、攻撃しながら自分にバフを掛けていくという戦法が得意。

エレメントチェンジを得意とするだけあって様々な弱点を持つ敵にも対応しやすい初心者向けのキャラクターである。

ただし、最強技の「ドラゴンシャイニング」は物理技である他、クロスオーバースキルも物理技中心なので物理ステータスを上げておかなければならず、単にEN攻撃を使いたいならダブルオークアンタユニコーンガンダムで済む話なので終盤では活躍の機会は減りがち。

しかも、様々な属性を使えるとはいえ「サンダー」の魔法が本作では使えないので唯一、雷属性が弱点の敵に有利を取る事はできない。


演じた人物編集

映像作品編集

俳優編集

白石隼也


声優編集

白石隼也


スーツアクター編集

高岩成二


杉口秀樹


西村信宏


今井靖彦


岡田和也


ゲーム編集

声優編集

白石隼也


関連イラスト編集

さぁ ショータイムだ仮面ライダーウィザード

フレイムスタイル仮面ライダーウィザード


関連タグ編集

仮面ライダーウィザード 操真晴人

ドラゴンライダーズ

仮面ライダー一覧


漆黒の魔法使い/黒いウィザード:小説版に登場する、ウィザードに酷似したダークライダー


アナザーウィザード:ウィザードの力を持ったアナザーライダー


レジェンドライダー関連

ディケイドウィザード ウィザードアームズ ウィザード魂 ウィザードゲーマーレベル2 ウィザードフォーム フォーゼウィザードフォーム ウィザードアーマー マジックショーイングウィザード 希望の竜使いウィザード クロコダイルゲノム/クロコダイルゲノミクス ウィザードフォーム(仮面ライダーギーツ) ガブットマジック ゴージャスウィザード


主役ライダー

フォーゼウィザード鎧武


○号ライダー

ウィザードビースト(2号)


外部リンク編集

仮面ライダーウィザード | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

ウィザードライバー うぃざーどらいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229903

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました