ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 2015年2月5日にバンダイナムコゲームスより発売されたコンパチヒーローシリーズニンテンドー3DS専用RPG
 前作『ロストヒーローズ』の正式な続編(大人の事情で、一部キャラには矛盾がある)であり、初回限定盤には『ロストヒーローズ』の改良版も付いてくる。今回は前作と同じく「世界樹の迷宮」のシステムを採用しながら、より強力な技を繰り出せる「ヒーローラッシュ」と言うシステムが採用されている。ただし、ヒーローラッシュでを倒せなかった場合、敵もより強い技を繰り出す「エネミーラッシュ」が始まるので注意が必要。
 また、前作で途轍もない難易度だった「ライドダンジョン」は消滅した。
一部のボスキャラクターには初回戦闘に限り、専用3DCGグラフィックが用意されている。
前作以上に原作再現を重視している一方で、原作再現に必要なキャラクターが登場していない事も。(イナズマンや一部のウルトラ8兄弟、殆どのソレスタルビーイング所属メンバーなど)

あらすじ

 前作のラストで「リジェス」を撃ち滅ぼしたヒーローたちだったが、その欠片を巡り、ひそかに生き延びていたウルトラマンベリアルは暗躍を開始。リジェスの欠片を集めて再び全世界の覇者になろうと目論むベリアルを倒し、リジェスの欠片を集めて処分しようとするヒーローたちだったが、リジェスを取り込みカイザーベリアルに進化したベリアルの攻撃を受ける。
 カイザーベリアルはウルトラマン仮面ライダー1号νガンダムのレジェンド三人衆を捕まえ、その場で処刑してしまった。
 こうして世界は再び融合を始め、ヒーローたちは悪の手からリジェスを奪い、この世から消し去るために活動を開始したのだった…。

参戦作品

ウルトラマンレオ
ウルトラマンティガ』(劇場版含む)
ウルトラマンメビウス』(後日談及び超ウルトラ8兄弟含む)
ウルトラマンゼロシリーズ』(ただし、ウルトラマンサーガは無し)
ウルトラマンギンガ
仮面ライダーBLACKRX』(前作『仮面ライダーBLACK』含む)
仮面ライダーW』(劇場版含む)
仮面ライダーオーズ』(劇場版含む)
仮面ライダーフォーゼ』(劇場版含む)
仮面ライダーウィザード
機動戦士ガンダムF91
機動武闘伝Gガンダム
∀ガンダム
劇場版機動戦士ガンダム00 A_wakening_of_the_Trailblazer
機動戦士ガンダムUC


※DLコンテンツで使用可能
ウルトラマン
ウルトラセブン
仮面ライダー』(仮面ライダー1号
仮面ライダー電王
機動戦士ガンダム逆襲のシャア』(νガンダム
機動戦士Zガンダム
※敵キャラのみ参戦
ウルトラマンA』(A自体は前作で登場)
新機動戦記ガンダムW』(ウィングガンダムゼロ自体は前作で参戦)
帰ってきたウルトラマン』(ジャック自体は前作で登場)
仮面ライダーV3』(V3はロストヒーローズシリーズには登場しない)

アシストキャラ

なお、前作に登場した00側からのサポートキャラが全く登場していない。

敵陣営


ステージ


登場エネミー(図鑑順)


余談

  • クリア後に行けるダンジョンにアビス・キューブが存在するが、名前の由来は機動戦士ガンダムSEEDDESTINYに登場するアビスガンダムだと言われている。
    • 一方前作に登場したカオスキューブの名前の由来はカオスガンダムまたはウルトラマンコスモスに登場したカオスヘッダーか。このことから次回作が出るなら隠しステージの名前はガイア・キューブになるのでは?と予想されている。しかし、SEED出典キャラクターは一切登場してない。
  • ストーリー中では散々存在を仄めかしていたダークルギエルだが、登場は隠しステージのボスという扱い。
  • 先頭にしたり、パーティに入れているキャラクター次第で、ストーリーの会話内容が変化する事もある。(DLCキャラクターは除く。)
  • ウルトラマンゼロ側の時系列は詳細に明かされており、前作の会話やジャンキラーへの反応と照らし合わせるとベリアル銀河帝国から分岐した世界線だと推測される。


関連イラスト

.



関連項目

版権クロスオーバー コンパチヒーロー バンプレスト
ウルトラマン 仮面ライダー ガンダム

関連記事

親記事

ロストヒーローズ ろすとひーろーず

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロストヒーローズ2」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ロストヒーローズ2」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16818

コメント