2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

Anything Goes! その心が 熱くなるもの
満たされるものを 探して
Life goes on! 本気出して 戦うのなら
負ける気しないはず!

概要

 平成ライダー第12作『仮面ライダーOOO』主題歌。
 『とにかく明るいロックサウンド』をテーマにしており、大黒摩季がボーカルを担当。明るい曲調と合間合間に挟まる英語歌詞が最大の特徴。大黒女史が活動休止前にリリースした最後の楽曲でもある(少し後に吉川晃司氏と共に「DAIKICHI」名義で『MOVIE大戦CORE』主題歌「HERAT∞BREAKER」を手掛けているが)。

 OP映像ではタイトルロゴと共に迫ってくる仮面ライダーオーズや「変身!」の掛け声など、一度見たら忘れられない仕掛けが施されているのが特徴。冒頭でのメダルチェンジが毎回違うので気になった人は是非本編を確認されたし。
 PV映像ではライブ会場を襲うウヴァと戦うオーズに大黒女史がアンクよろしくカマキリメダルを投げ渡して支援し、オーズがタカキリバにチェンジして戦うという作りになっている。
PVでもカマキリメダルは使いやすい設定のようである

 派生バージョンとして最終回で使われたバラード音源『Anything Goes! "BALLAD"』火野映司役の渡部秀とのコラボ版『Anything Goes! OOO Special Edit』やPVのスタッフロールで使われたインストゥルメタルのアレンジ版が存在している。
 2015年にはRIDER CHIPSによるカバー版が発表された。

 『オーズ!オーズ!オーズ!』と聞こえてきたら『カモーン!щ(゚Д゚щ)』と元気良く返すのがお約束である。間違っても『オーガ!オーガ!オーガ!』ではない。
なお、このオーズを呼ぶような部分は終盤にて最悪の形で回収されるように…。

 仮面ライダーシリーズ以外での楽曲使用例として、プロ野球中日ドラゴンズ森野将彦読売ジャイアンツ古城茂幸ら複数の選手が2011年シーズンの登場曲としても使用されている辺り、明るい曲調と歌詞が人々に親しまれているのだろう。

関連動画



余談

 OP映像におけるグリード達が色取り取りのシートを広げてわちゃわちゃするシーンは明るい曲調故に楽しそうなシーンと勘違いされがちだが、欲望が満たされないグリード達が苦悩するというかなり重いシーンとなっている。砂漠はグリードが世界を貪った後のイメージ映像であり、第41話で映司も真木清人からグリードとは何たるかを教授された際に砂漠をイメージしている。(本編での映司の言動から砂漠は映司の乾いた心を表しているとも取れる。)

上記の通りPVではタカキリバにチェンジするシーンがあるが、何故かオースキャナー(オーズドライバー)のスキャン時の発光がタトバコンボのものになっている

2022年4月ごろから、「オーズOP」としておもしろ動画とこのOPの入りを利用したネットミームが流行り始めている。さながら、to_be_continuedを彷彿とさせる。

関連タグ

仮面ライダーOOO 主題歌 タカキリバ
オーズOP ライドベンダー
負ける気しないはず

liveDevil仮面ライダーリバイスの主題歌でこちらもTV本編のオープニングで「変身!」と叫んだり同じ動物モチーフありの仮面ライダーと何かと共通点がある。

ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪海賊戦隊ゴーカイジャー:共にニチアサを彩ったOP曲。

W-B-X ~W-Boiled Extreme~Anything Goes!Switch On!

関連記事

親記事

仮面ライダーOOO かめんらいだーおーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207006

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました