ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

真木的ファクター

鴻上生体研究所の所長を務める天才研究員、年齢35歳→36歳。

オーメダルを用いるツールはほとんどが彼の手によるものである。仮面ライダーシリーズでは珍しい科学者のレギュラーキャラクター。

黒ずくめの服装で、無表情かつ無感情な長身(怪人態のカザリよりも背が高い。設定上カザリは身長212cm)の男性。

劇中での呼び名は主に「博士」及び「ドクター」、メズールからは「ドクターの坊や」或いは「紫のボウヤ」。

不気味な人形キヨちゃん(ちなみに女の子である)を常に左肩に置いている。この人形に話しかける形を取らないとまともに他者と会話ができない。そのためか、人形に危害が及ぶと激しく取り乱す。(終盤ではアンクにキヨちゃんを燃やされてトラウマをいつも以上に刺激された為か、消火の為に投げ捨てている)

また、研究室には「来たるべき終末」を表した絵画が飾られており、キヨちゃん同様大切にされていて、伊達に外されそうになった際には発狂していた。研究室を引き払った際にはカンドロイド軍団に運ばせていた。


ネット版『ネット版 仮面ライダーオーズ ALLSTARS 21の主役とコアメダル』では本編以上にネタキャラとして扱われている。特にFILEシャチ「メズールの終末?』では…。


完結編の前日譚『バースX誕生秘話』では何故かアンクが彼のポジションを担当している。


人物

誕生に価値があるとする鴻上光生とは正反対に、物事の終わりに価値観を見出している。

人はその人生を全うするまで、何者でもありません。終わって初めて、人として完成する」が劇中語られた彼のポリシー。

自分の研究以外には興味がなく、その過程でどれだけ犠牲が出ようと気にせず、人質を使う卑劣な作戦も厭わない。

それゆえ、日頃温厚な火野映司が怒りを露わにした数少ない人物であり、後藤慎太郎も当初仮面ライダーバースの変身資格を得たいが為に真木に接近していたが、その非道の数々を目の当たりにして、変身資格を蹴ってまで彼と決別している。

「世界の終焉」という目的のためなら敵であるはずのグリードとも手を組み、カザリとは利害一致で結託していたが、第29話で鴻上にバレていたことが発覚した(知っていてあえて泳がされていた可能性すらある)。


後藤が離反した後、鴻上によってバースの変身者として選ばれた伊達明と同居するが、彼の大雑把かつマイペースな性格が災いして、キヨちゃんを「このお人形さん、なんでこんなに怖い顔してるの?」と言われて取られそうになりもみ合ったあげくおでんの中に落としてしまったり、「来たるべき終末」の絵画を「物騒だから」と言われて外されそうになったりと、普段無表情な真木も「ん"やぁーめぇーろぉぉぉ!!」と取り乱す程のストレスの要因になっていた。

だが、無遠慮ながらも裏表がなく、誰もが敬遠する自分に対しても普通に接してくれる彼に対しては、ある程度の親近感は感じていたようだ。呆れたり怒ったりしながらも強引に追い出そうとしなかったのは、そういった感情があった為だろう。


伊達を自らの一味に引き入れる際に1億を払う契約をしたことから、金銭面に関してはかなり裕福であるらしい。反面、研究以外に無関心であるためか、自家用車は二昔前のフォルクスワーゲンビートル、それも壊れかけでボロボロのものである。

また、今まで姉以外に人との関わりを持たなかったためか女性に耐性がなく、話す分には問題ないものの、第37話ではメズール人間体に頬を軽く撫でられただけでアヘ顔状態になっている。

メズールへは「ダクタァ」と呼ぶように言うものの、「ドクターの坊や」と呼ばれている。


融通の利かないエピソードが多い一方で、ノリの良い面もあり、第27話と第28話では自主制作映画で『仮面ライダーオーズ対ショッカー』でカメラマンを務める傍、大幹部「死神大使」を熱演した事も。


ネットムービーでのイメージアニマルはトリケラトプス(どこからそんなイメージにつながったかは不明)。


第24話にて、伊達が持っていたクスクシエのチラシ兼割引券を偶々発見、プリントされていた白石知世子の顔を見るなり大きく動揺。

第26話にて、自分の親代わりとなって育ててくれた亡き姉と瓜二つであることが明らかとなった。


そして第29話、カザリの手によって自らの欲望からシャチパンダヤミーが生み出される。

当初はヤミーが人を襲っても意に介さずにいたが、知世子が標的になったのを察知すると手持ちのカンドロイドで応戦、ヤミーを止めようとして負傷。

続く第30話、事情を知らぬまま介抱しようとする彼女を真木は自身の邸宅に招く。そしてかつての自身と姉の写真を目撃してしまった彼女に、知世子と姉が瓜二つの容姿であること、および自身の過去を語る。


彼の過去

幼少時、両親を失った清人は年が離れた姉・仁美(墓碑によれば生年が1958年で没年が1986年)によって育てられた。

姉は母代わりとなって清人に愛情を注いだが、時は経ち、結婚を間近に控えるようになってから仁美は豹変。弟を疎ましく思った姉から、彼は疎外されるようになってしまう。

この時の仁美の顔は演出による効果もあってか、それ以前の清人の回想で登場した優しい時代からは考えつかないような禍々しい顔つきになっている。


姉の変化に傷ついた清人は、結婚式前夜彼女の部屋に侵入。そして眠っている姉を横目に、部屋に火を放ち殺害した。

(これが原因で、その部屋は現在の清人の目には常に燃えているように映るようになった)

そして彼は、「醜く変わる前に、美しく優しいうちに完成させる」という歪んだ使命感と終末思想に取り憑かれることになる。


当初、清人は姉の「優しい時代の姉」の記憶の方ばかり回想していたが、知世子と対面し自身の過去を打ち明けた結果、「忌まわしい姉」の記憶を思い出すことになった。


ただ、「物事は終わりを迎えて初めて完成する」という彼のポリシーは元々仁美が彼に言い聞かせ続けていた思想であり、仁美本人にも元から歪んだ側面はあった様子(なお、両親の葬儀の際の仁美の表情はかなり凶悪なものになっている)。

更に言うと、「優しかった姉」も「忌まわしい姉」も『真木の回想内』における彼女の姿に過ぎず、実際の彼女は親族が亡くなった時(あるいはそれ以前)から歪んでいた可能性、逆に結婚を機に自立を促そうとしただけの可能性もある。

また、彼女は幼い清人に「貴方は天才なんだから」と頻繁に言い聞かせてもいた。上記の考察を基にした場合、一見臆病な弟への激励に見えるこの発言も共依存に持ち込むための洗脳・刷り込みであった可能性が浮上する。


(……ただし、仁美の人物像は一貫して清人の視点・回想でしか語られず、客観的な視点で語られることはなかった。そのため、『本当の真木仁美』がどんな人間であったのか、真相は闇の中である)


彼が心を開いていた相手は生涯姉のみであったが、姉以外で自分に深く接した伊達明にも情を持ち合わせ、本気で仲間に引き込もうとしていた。

また、過去を思い出した動揺のあまり拒絶して追い返してしまった知世子にも思うところがあったようで、最終決戦の直前に自分と同じような格好にしたキヨちゃんを託している。これは公式によると伊達から「自分がいなくなった後も何かが続くよう、その人形を残してはどうか」と言われたことも影響しているようだ。

きな臭い言動が目立つ清人だが、こういった過去や態度から純粋悪とは言い難いといえるだろう。


こうした姉の人物像や彼の抱える歪みは自分の欲望から生まれたシャチパンダヤミーからも覗えるが、完結編を迎えた現在でも判然としない事が多い。


なお、キヨちゃんは元々、仁美から「自分の代わりと思え」と結婚直前に清人に押し付けられたものである。髪もちゃんとあったのだが、部屋に放火した際に燃えてしまい現在の姿となったので、アンクによって火をつけられた際には放火時のトラウマがフラッシュバックしていた。



終末に向けての行動

過去を克明に思い出した結果、真木は本来の目的を自覚し財団を離脱。

自らの邸宅を拠点に、アンク(ロスト)を一味に引き入れたカザリと行動するようになる。後にガメルとメズールも加わる(終末家族)。

その時に退職金代わりに持ち出した紫のコアメダル5枚を取り込み、恐竜系ヤミーを作ることができるようになった。さらに登場時紫の布が出現する(37話)、腕、影(42話)、後ろ姿など、徐々に身体がグリード化、そして43話で完全に恐竜系グリードとなった。

欲望の源泉である人間がグリード化した存在であるため最初から完全体であり、猫系コア8枚(ひび割れ1枚除く)+他のコア数枚のカザリを圧倒し、ひびが入ったライオンコアメダル1枚を残して彼の所持するコアメダルを全て奪い、消滅に追いやった。


最終決戦時には、今までに手に入れたほぼ全てのコアをウヴァに強制的に投入する事でメダルの器暴走形態を生み出し、世界の終末を引き起こす。

それを止めようとしたオーズを一度は退けるが、再戦時にはタジャドルコンボとアンクの連携攻撃に圧倒され、ロストブレイズの直撃で大ダメージを食らい、直後に発生したブラックホールにバラバラになりながら飲み込まれて消滅し倒された。


その後、最終決戦前に知世子に託した彼の格好をしたキヨちゃんはクスクシエに飾られていた。

真木本人はいなくなったが、キヨちゃんを残していくことで知世子や提案者の伊達らに自分のことを覚えていてほしい...と思ったのかもしれない。


名(迷)台詞

  • 口癖

「善き終末を…」


  • 姉が死亡した事件現場で過去を思い出した後

「世界は早く終わらせなければならない。美しく、優しい内に……いずれ、その人を醜く変える前に……善き終わりを……」


「んやぁーめぇーろぉ!!離ぁーなぁーせ!」


  • 肩の人形(キヨちゃん)が酷い目にあった時

「あ゛あ゛ああアアァァァ···」

「ぎゃっ、ナイヨ!?アッ、ナイヨ!?!?アッ、あったよ!」

「ファオッ!!」

「ああっ、ああぁぁぁぁぁーっ!(反射的に投げる)

駄目だからー!!投げちゃ駄目だからー!!

ナイヨ!?ナイヨ!?

ナゲチャダメダカラー!!

ナイヨ!?ナイヨ!?ナイヨ!?アレ!?ナイヨ!?メガネモナイヨ!

ア、ボクオヨゲタヨ!オヨゲタヨ!」


  • 最終決戦に敗北して、ブラックホールに飲み込まれて消滅する直前の最期の言葉

「私の終末……私が完成してしまう!!」


気になった方は、youtubeニコニコ動画「真木博士 発狂」「真木博士 ないよ」「真木博士 キヨちゃん」等で調べてみよう。


その他の作品での登場

小説仮面ライダーオーズ』では本編のサイドストーリーであるバースの章にて登場。バースドライバーにセルメダルを投入し、仮面ライダーデスを生み出した。

本編の後日談にあたる映司の章では、映司が本当は何が欲しかったのかを教えてくれた1人として映司自身が言及している。最終的に戦うことになった両者だが、映司は彼も大切な人と認識しているのだろう。


オール仮面ライダー ライダージェネレーション2』では、世界を支配しようとするゴウラの手によってオリジナルの真木博士の記憶を持ったコピー怪人として恐竜グリードが登場、各ライダー達と戦う事になる。


『仮面ライダーゴースト 伝説!ライダーの魂! 第5章「オーズ編」』では本人が恐竜グリードとして復活。

同じくきょうだいがいる仮面ライダースペクター(彼の場合は妹)と対決、終末思想は相変わらずであるが、断末魔のセリフから今ある世界を醜いとは見なさなかった模様。

オーズゴースト眼魂を作成するべく、フレイに協力を要請されたと思われるが、協力を承諾した理由は不明(伊達や知世子に対する思いなどから協力する余地は十分にあると思われる)。


memory_of_heroez』では恐竜グリードの姿で復活。

人格はあまりにも完璧に再現されているために相容れない思想を持つ黒幕に反旗を翻すつもりでいた。


余談

演じた神尾佑氏は、以降も特撮作品に数多く出演しており、『仮面ライダーフォーゼ』で城島ユウキの父親役でゲスト出演しているほか、『ウルトラマンX』では防衛チームの隊長役として真木とは正反対の非常にカッコいい姿を見せている。


ライダーシリーズでも数少ない、未成年で殺人を犯したキャラクターである。


ファン間での表記は「ドクター真木ィ!」。恐らく鴻上会長のシャウトを基にしているのだろう。


関連タグ

仮面ライダーOOO メダルシステム ライドベンダー カンドロイド 仮面ライダーバース

鴻上ファウンデーション 鴻上光生 火野映司 伊達明 後藤慎太郎

グリード(仮面ライダーOOO) ギル(グリード) カザリ アンク(ロスト) メズール ガメル 終末家族 映司グリード

白石知世子 キヨちゃん

シャチパンダヤミー プテラノドンヤミー ユニコーンヤミー アンキロサウルスヤミー

滅びの美学 哀しき悪役※解釈揺れあり

ラスボス


カップリングタグ

まきちよ


関連キャラクター

三島正人五十鈴大智:眼鏡を掛けており、人間をやめてになった人物。どちらも人類を裏切って怪人についている。三島とはラスボスである点も共通。


ラウ・ル・クルーゼエレン・イェーガー:人類の所業により招いた結果に絶望し、禁断の力を使って世界の終末を目論んだ似た者同士。どちらも真木と違い人類の良い面に対し一切の敬意が存在しない。


金本敦:同じく「ないよ!」の台詞がネタにされたキャラ。こちらは現実にある筈のない剣を抜こうとした主人公を嘲笑した。

関連記事

親記事

鴻上ファウンデーション こうがみふぁうんでーしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 525238

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました