ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ZECT幹部三島正人ネイティブ根岸の手によって変化した、コオロギに酷似した姿のワーム。身長2m25㎝、体重134㎏。
名前に「ワーム」と付くが、厳密にはワームではなくネイティブでありシシーラワームと同様、殆どがサナギ体であるネイティブの中でも、珍しい成虫体である。

能力

彼に光線技等の特殊能力は一切ない。両肩の鉤状の触手を伸ばして敵を突き刺してからの、左腕のでトドメを刺す攻撃を得意としている。

また、ネイティブ最強の戦士の名に恥じぬ怪力を誇り、マスクドライダーの装甲材質であるヒヒイロノカネさえも、容易く砕く握力を持っている。
小説版ではより詳細に掘り下げられており、装甲は『ヒヒイロノカネの強化版である「ヒヒイロノオオガネ」で構成されている』言う設定になっている。

活躍

初戦では仮面ライダーダークカブトを圧倒。全人類ネイティブ化を防ぐ為に、電波送信施設に侵入した仮面ライダーガタックも一蹴し、自身の必殺技でガタック=加賀美を瀕死状態に追い込んだ。

ネイティブの根岸による演説の最中に天道総司が出現。彼の言葉で配下のゼクトルーパーが造反。それを見て怒った三島はグリラスワームに変貌。天道はカブトに、加賀美も最後の力を振り絞ってガタックに変身。2対1の不利な状況でもグリラスワームは2人を翻弄した。

一瞬の隙を突からマキシマムハイパータイフーンを受けるが、耐え凌いでパーフェクトゼクターを破壊。しかし、カブトに止めを刺そうとした所に、ガタックのガタックブーメランを受け、続けて放たれたカブトのハイパーライダーキック、ガタックのライダーキックによるダブルライダーキックの直撃で遂に致命傷を負い、ダメージの影響で暴れまわって、最後は人類をネイティブ化する装置に激突して爆死した。

派生作品

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』では大ショッカーの大幹部の一人として登場している。

仮面ライダーウィザード』でも魔宝石の世界の怪人として登場したが、バッタっぽい見た目にも関わらずアマダム親衛隊には選ばれず、仮面ライダーオーズオーズバッシュを受けて他の怪人共々真っ二つにされた。

仮面ライダージオウ』ではカブト編にて成虫ワーム(2019年に落下した隕石から出現したワームが脱皮して発生したのでネイティブではない)として登場。
クロップアップ能力でゲイツファイズアーマーに一撃を加えたが、スピードに特化したゲイツリバイブ疾風ウォズフューチャーリングシノビの連携の前に敗北した。

立体化

食玩SHODO仮面ライダーVSにて立体化する。
約10cmながら、食玩と思えない造形クオリティーを誇るものの、肩部の装甲が胴体と完全に一体化している(これ自体はSHODOの造形再現故の美点にして、アクションフィギュアとしての難点)為、実質的に拘束具となって、肘関節以外ほぼ動かせない(しかも、腕接合部の設計ミスか、クリアランスの激しさか、無理に動かすと簡単に関節部から外れてしまう)と言う、極めて残念な事になっている。

余談

スーツはレプトーフィスワームの改造。
名前の由来はラテン語でコオロギを意味する「gryllus」だが、モチーフはイナゴ

関連イラスト

グリラスワーム
グリラスワーム



関連タグ

仮面ライダーカブト ラスボス 三島正人 コオロギ リオック

ガジャドム真ゴーヤーン:同時期のニチアサ作品におけるラスボス。

平成ライダーラスボス
ロクロクビ/サトリ→グリラスワーム→デスイマジン

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グリラスワーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46411

コメント