ピクシブ百科事典

レプトーフィスワーム

せいかがくえんにつたわるがっこうのかいだんのしんそう

レプトーフィスワームとは、仮面ライダーカブトに登場するキリギリスの能力を持つワーム成虫態の名称である。

概要

仮面ライダーカブト』第37話「学校の怪談」、第38話「あぶない妹」に登場するキリギリスに似た能力を持つワーム成虫態

70mの驚異的なジャンプ力を誇り、体内で練り上げた殺人音波の先から放ち敵を攻撃する能力を持った(以外にも)強豪怪人

7年前、天道義妹樹花が通う聖華学園の合唱部員全員と入れ替わったワームたちのリーダー格であり、その姿のまま全国大会に出場して優勝し、偶然真相を知った学園理事長に合唱部の部屋ごと封印されるも、結局学園の栄光欲しさから学園長と契約を結び結託。
学園長の流した“呪の鏡”のに釣られてやって来た生徒たちを次々に殺害して本物と仲間とをすり替え、本物に成り変わり、学園内部に潜伏していた。

その過程で小林恵子という女子生徒を狙い襲撃するが、駆けつけたライダーたちと交戦。

(おそらく)ウカワームの指示を受け監視役を務めていた黒装束の指示で、最も危険な人物であるカブトハイパークロックアップする前に始末しようとするが、何処からか飛んできたパーフェクトゼクターに圧倒され一端その場より逃走する。

その後、真相を知った天道たちの前に部下のワームたちと共に7年前に失踪した聖華学園合唱部の女子生徒に擬態した姿で現れると、契約者である理事長がに銃を向けられた際に擬態を解いて正体を現すと“生徒の望みを叶えただけだ”と自身の悪行三昧を棚に上げて開き直る理事長をその場に残し、その前のお祝い程度の軽い気持ちでに願い事をした樹花にすり替わるべくキャンプへと向かうバスを配下と共にトンネル内で襲撃するが、バスに乗り合わせていた加賀美たちに阻止される。

トンネルを抜け出したガタック、彼に加勢に駆けつけたサソードと激闘を繰り広げ2人を圧倒するが、樹花を助ける為に駆けつけたカブトハイパーフォームが2人に合流した事で形勢は逆転。

最後は発動された『マキシマムハイパータイフーン』に自ら突っ込んで行き、監視役の黒装束の女たち共々横なぎに両断され爆死した。

ちなみに、学園長は岬たちによって拘束されて逮捕された模様。

関連項目

ワーム(仮面ライダーカブト) キリギリス 仮面ライダーカブト

pixivに投稿された作品 pixivで「レプトーフィスワーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28

コメント