ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仮面ライダーカブトに登場した怪人宇宙人)軍団「ワーム」の一種で、ブドウにつく害虫、ブドウネアブラムシの怪人。
通常兵器を受け付けない強固な体になっており、両腕のと頭部の触手武器
胸のドクロマークや眼鏡のような顔立ちはサイボーグ009スカールがモデルらしい。
下記の2作品に登場した。

仮面ライダーG

CV:塩野勝美、人間体:上地雄輔

吾郎「ブドウの害虫は、僕が退治する!」
織田「我々に通常兵器が通用しないことくらい、わかっているだろう!?」

本作では宇宙人ではなく、シェード改造人間として登場。「ワーム」という呼称も一切登場しない。
シェードのリーダー織田大道の変身した姿であり、配下の蜘蛛男ザリガニ男カタツムリ男ダニ男と共にテレビ朝日を襲撃した。野球に関連するスラングを吐く口癖がある。
怪人態時には胸部のドクロに、人間態の顔が浮かぶのが特徴。

5体がかりでシェードを裏切った吾郎を攻撃し、吾郎を屋上から突き落とす。しかし、着地したショックで変身方法を思い出した吾郎は、配下の怪人共を瞬く間に全滅させてしまう。織田は一時人間形態に戻りヘリコプターで吾郎の元婚約者・エリを拉致し、追跡する仮面ライダーGをロケットランチャー砲撃する。しかし攻撃を躱された上に、Gのライダーブレイクでヘリは粉砕、エリも救出されてしまう。

地面に投げ出されて怪人態に戻った織田は、廃工場でGを追い詰めるも、次元を超えて現れた10人ライダーの応援で気力を振り絞ったGの「スワリング・ライダーキックを受けて吹き飛ばされ、「まだ……終わってねえぞ!」と叫びながら爆死した。

仮面ライダーディケイド

今日のディケイドさんたち-カブトの世界・後編


データ

身長228.0cm
体重145.0kg
特色/クロックアップ、触手攻撃、飛行能力
CV望月健一
人間体川岡大次郎
初登場話第17話「おばあちゃん味の道」


「クロックアップできないお前など、俺の敵ではない!」

カブトの世界』に登場。仮面ライダーカブトの変身者・ソウジ擬態する。
以後は「弟切ソウ」を名乗り、ZECTを掌握、仮面ライダーザビーの変身者となる。

カブトの攻撃によって負傷・隻眼となっておりカブトを激しく憎む。

クロックダウンシステムを完成させカブトを追い詰めるも、ディケイドの登場によって形勢逆転。最後は「ディケイドメテオ」を食らい大ダメージを受け、カブトとディケイドのダブルライダーキックで原子の塵にされた。

後にスーパーアポロガイストの力で復活を遂げ、最終回でディケイドに襲い掛かるも、仮面ライダーディエンドライダーキックを受け爆死。

「そもそもこちらで使うものを、仮面ライダーGに流用したのか?」あるいは逆なのかは正確には判明していない。

尚、『身を寄せ合うのは弱い者のする事だ』と吐き捨ててはいたものの、肝心の自分自身が群体生物、そして生態系の中でも弱い生物に位置している『アブラムシ』がモチーフなのは何とも皮肉な話である。

関連項目

仮面ライダーG 織田大道 
ネイティブ(仮面ライダーカブト):Gに出た個体は厳密にはこちらである。

仮面ライダーディケイド カブトの世界 ワーム(仮面ライダーカブト) 弟切ソウ 
大ショッカー アポロガイスト
バッファローロード タイガーオルフェノク パラドキサアンデッド 
ン・ガミオ・ゼダ ビートルファンガイア 

9つの世界のラスボス
アリゲーターイマジンフィロキセラワームバケガニ(魔化魍)

外部リンク

フィロキセラワーム(DCD) 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フィロキセラワーム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「フィロキセラワーム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2073

コメント