ピクシブ百科事典

コキリアワーム

こきりあわーむ

コキリアワームとは、仮面ライダーカブトに登場するワーム成虫態の一種。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーカブト』第35話「地獄の兄弟」、第36話「赤い靴暴走」に登場する間宮麗奈ことウカワームを補佐する役割りを持つワーム成虫態の1人でカタツムリに似た容姿と能力を持つ。

普段は喪服の様な装束を纏った女性の姿に擬態して行動している。

立川大吾という名の男性に擬態するネイティブの抹殺を使命としており、カタツムリのワームだけあって中での戦闘を得意としており、両腕に生えた触手を伸ばして相手を叩き伏せ、腔の触覚で獲物を刺し貫き全ての体液を啜り取る戦法を得意としている。

当初は立川を彼が働いている幼稚園で始末しようとするが、彼がドレイクに変身して反撃して来たため事で不利を悟り一端その場から撤退する。

その後、多数の部下であるサナギ体を引き連れて彼と彼の傍い似た天道を奇襲するもハイパーフォームとなったカブトの力を前にして再び撤退を余儀なくされる。

その後、三度目の襲撃っ時にはカブトに仕込まれていた赤い靴=暴走スイッチがは作動した事で傷を負った立川の殺害に成功。

更にガタック地獄兄弟たちに叩きのめされた天道が変身しるカブトをクロックアップで翻弄するが、最後はハイパーフォームへとフォームチェンジしたカブトの『ハイパーライダーキック』を受け爆死した。

余談

仮面ライダーGにおいてシェード改造人間という設定で登場している。
また、唯一の節足動物モチーフでないワームである。
(カタツムリは軟体動物で虫ではないが、デンデンムシという呼び方や子供たちに虫の仲間と認識され、中国では蛇やカエルも虫の仲間とされていたため、カタツムリがワームのモチーフになってもある意味おかしくはないだろう。)
また、当初の予定では立川の正体がコキリアワームだったようだ。

関連項目

ワーム(仮面ライダーカブト) カタツムリ 仮面ライダーカブト シェード 改造人間 仮面ライダーG

pixivに投稿された作品 pixivで「コキリアワーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18

コメント