ピクシブ百科事典

平成一期

へいせいいいっき

平成ライダーの第1作から第10作までを総称する区分。
目次[非表示]

概要

平成二期に対し、『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダーディケイド』までの10作を総称して呼ぶ区分。

特徴としては、

  • ストーリーは基本的に連続ドラマ形式である事が多く、また単純な勧善懲悪を持ち込まず、多くの伏線を取り入れるなど、子供だけでなく大人も対象に入れたハードな展開である事が多い。
  • アクの強い造形のキャラクターやネタキャラが妙に多かったりもする。

平成一期は石ノ森ライダーによる既成概念の脱却に大きく力を入れた作品であり、警察とライダーが協力する仮面ライダー同士でバトルロワイヤルする変身者が複数人登場する主人公の所属する正義の組織が第1話でいきなり壊滅するフンドシ姿の鬼がバイクにも乗らずに山の中を楽器片手に走り回る変身者がコロコロ変わる電車に乗る過去と現在が交差するストーリーで進むなど様々な画期的な試みが行われた。

該当作品

  1. 仮面ライダークウガ』(2000~2001年)
  2. 仮面ライダーアギト』(2001~2002年)
  3. 仮面ライダー龍騎』(2002~2003年)
  4. 仮面ライダー555』(2003~2004年)
  5. 仮面ライダー剣』(2004~2005年)
  6. 仮面ライダー響鬼』(2005~2006年)
  7. 仮面ライダーカブト』(2006~2007年)
  8. 仮面ライダー電王』(2007~2008年)
  9. 仮面ライダーキバ』(2008~2009年)
  10. 仮面ライダーディケイド』(2009年)


世界観

  • 世界観は基本的に毎年リセットされる。一部共演を行った作品も存在する(平成一期同士のつながりを参照)。
  • 基本的に劇場版の話は本編とはパラレルワールドである。(例外としてアギトディケイドは不明、電王は繋がっている)


平成一期同士のつながり

以下のほか、『ディケイド』以降の春映画やゲームなどでは、総括して同じ世界という扱いになることがある。

作品1作品2つながり
クウガアギト共通する用語が登場し、繋がっているようにも見えるがあくまで別時空である。詳しくは仮面ライダーアギトを参照。
『アギト』龍騎『仮面ライダー龍騎 ハイパーバトルビデオ』でアギトと龍騎が共演するが、夢オチであり本編と繋がっているわけではない。詳しくはミラクルワールドを参照。
電王キバ劇場版 クライマックス刑事』で電王キバが共演しているが、パラレル設定であり本編と繋がっているわけではない。
ディケイド前9作品10本目記念作品。『クウガ』から『キバ』までの9作品のパラレルワールド(9つの世界)を巡る物語。

昭和とのつながり

平成一期同士のつながり同様、以下のほか、『ディケイド』以降の春映画やゲームなどでは、総括して同じ世界という扱いになることがある。

作品1作品2つながり
クウガ仮面ライダー昭和と平成の第1作。一部の敵のデザインがショッカー怪人のオマージュ。劇中、城南大学の本郷という教授の話題が上がったことがある。
アギト『仮面ライダー』劇場版にて、本郷猛らしき人物(警視総監)が登場。『正義の系譜』でも共演。
『アギト』V3昭和と平成の第2作。一部の敵のデザインがデストロン怪人のオマージュ。『正義の系譜』でも共演。
『アギト』BLACK『アギト』と漫画版『BLACK』には、賢者の石という共通用語が登場。『正義の系譜』でも共演。
響鬼『V3』劇中、城南高等学校の風見という教員の話題が上がったことがある。
カブト『仮面ライダー』ライダーシステムの開発が開始された日が、『仮面ライダー』の放送開始日
ディケイド『BLACK』『RX』劇中、『BLACK』『RX』のパラレルワールドが登場。南光太郎倉田てつを本人が演じた
ディケイド『X』『アマゾン』劇中、『X』『アマゾン』のパラレルワールドが登場。

平成二期とのつながり


余談

アギト~剣まで主人公の髪型が4作連続で茶髪ロン毛のため、新規民と顔を見分けることが苦手な人と絵師の頭を抱えさせることに。

関連項目

仮面ライダー 平成ライダー
平成二期

関連記事

親記事

平成ライダー へいせいらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「平成一期」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46939

コメント