ピクシブ百科事典

平成ライダーネタキャラ四天王

へいせいらいだーねたきゃらしてんのう

平成ライダーにおいて、視聴者に笑いを提供した人物たちのこと。
目次[非表示]

概要

平成ライダーの作品はシリアスなものばかりであるが、その一方で視聴者を笑わせる場面も少なくない。そんな場面を生み出すのがネタキャラである。
コメディリリーフ的な立ち位置ではなく、「本人は至って真剣だが、端から見ていると笑える」というものが多い。

主な四天王

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


第一話での「物陰からそっとブレイドを見つめるギャレン」がジワジワと視聴者の腹筋にダメージを与えたのを皮切りに、「ニゴリエース」「オデノカラダハボドボドダ!」「ゲゲゲー!」などオンドゥル語のインパクトや絶妙なヘタレさ、物語中盤の「バーニングザヨゴー」等々すっかりネタに事欠かないキャラとなっていった。

どうせ、俺なんて・・・笑えよ、笑え!


初期はむしろカッコ良いキャラだったはずが、カブト抹殺に固執するあまり部下を見殺しにした事でザビーゼクターに見捨てられ、影山にも騙されていた事を知り完璧にやさぐれてしまった。そのやさぐれっぷりで「やさぐるまさん」と呼ばれる程だったが、同じように闇堕ちした影山と地獄兄弟結成後は、斜め上のカッコよさで人気が爆発するという珍現象に。

753


爽やかで高潔な上っ面と、小物かつ偽善者な本心が序盤から丸見えだった男。それ故に両極端、偏屈かつハイテンション。中盤にある人物と出会ったおかげで偏屈さが消え、偽善者でもなくなったが、ハイテンションさは残った。いや、残るどころか加速した。何もかも規格外であり、その行動はアンチさえファンに変えてしまう程にネタの塊である。

神の恵み


システムの開発者で理知的なキャラだったはずが、実は全ての元凶だったと判明するや、顔芸を連発し、を自称する傲慢な本性を現して大暴走。しかもあろうことか、一度死亡したのにバグスターとして蘇り、ライフが99もあるという反則ぶりで、正にゲームキャラのごときしぶとさを発揮し、最後まで物語を引っかき回した。更に2年後として颯爽と帰還し視聴者の度肝を抜いてくれた。

2期ネタキャラ四天王

1期と2期でそれぞれ別のネタキャラ四天王を分ける場合もあり、2期の作品だけで上記の黎斗も入れた場合は以下の通りになる。

当初はオラオラ系の関西弁キャラだったが、演者・須藤元気にキャラ被りを指摘されたためそれを避けるために台詞を全てアドリブにしたところ、強烈なオカマキャラになった。中には放送コードギリギリのアドリブもあるらしい。

配下のヤミーがやたら知性的なのに物を考えるのが下手、仲間を復活させる際に「俺より強いと困る」とコアメダルを盗んでおく、ほぼ(というか99%)アンクのお陰で甦っておきながら「俺の実力だ」とドヤる、など小物悪役の臭いをプンプンさせ続けた。
しかし「お父さん、悪いやつをいっぱいやっつけて凄いな!!」の輝く笑顔や、昆虫の生命力をフル活用した立ち回りなどで「憎みきれない小悪党」という立場にも置かれている。

ロイミュードの参謀的立場だったのに、メディックの登場によってハートの寵愛が彼女に移ってゆくと、嫉妬の顔芸を見せたり、ハンカチに固執したり、ジャンピング土下座したりと、一気にコメディキャラへとシフトチェンジ。しかしその最期はハートやメディックのみならず、視聴者をも涙腺崩壊させた。

その他のネタキャラ

ギジレ、バボボパスギ。


黒尽くめで見るからに怪しい人間態もネタにされたが、それ以上に仲間内での扱いも酷い。雑用係扱いされる程周囲に見下され、出てくる度に折檻されたり引っ掻かれたりと不遇。
しかし執念で己を磨きあげ、クウガさえ圧倒する究極態にまで行き着く。…が、直後にダグバに粛清された上死体を回収された事で未確認生命体の解析に貢献してしまった

氷川くん


生真面目かつ熱血漢と、ある意味誰よりも主人公的だが、とにかくその不器用さですべて台無しにしている男。


暑い??


大物気取りの嫌味な人物であるが、氷川の代わりにG3に変身したときにピンチになるとG3システムを捨てて逃亡したり、標識に巻き付かれたトラウマが原因で巻き寿司恐怖症になるといった小心者っぷりを見せている。

シリーズ始まって以来初となる「完全な悪の仮面ライダー」(ライダーと同格の悪役ならば存在していた)というスタンスながら、契約モンスターが何故かCGでなく着ぐるみだったり必殺技が飛鳥文化アタックに見えたり武器が「シザースピンチ」だったりとやたらネタにしやすい要素を持っている。

かつてはその退場の仕方のみがネタにされる事が多かったが、RIDER TIME 龍騎での衝撃的な追加設定をきっかけに人物的にもネタにされる事が増えた。


オンドゥル語とは別に「だが私は謝らない」という台詞が視聴者に印象を残している。

本来なら涙腺崩壊するべき死亡シーンだったが、その時の姿がお尻丸出しの全裸だったため後述の尻彦同様にネタにされてしまった。後に「初代尻彦」という愛称が付いている

ベテランなのだが、登場する度に作中に登場する鬼としては最年長といえる年齢が原因で敗北してしまうかませ犬

矢車想とセットで「地獄兄弟」として四天王の一枠にカウントされる場合もある。

当初は主人公・天道総司のライバルらしく登場したものの、世間知らずすぎてピエロになってしまった。


「チューリッヒヒヒ!」「ガーリッククク!」でおなじみの、色々な意味で危ない貴公子。

本編では一度しか使っていないが、響鬼編で発した「おのれディケイド」という台詞をインパクトを与えたほか、公式ブログでは「私もプリキュアと踊りたいぞ」と発したことから「プリキュアおじさん」という愛称が定着してしまった。

妙にいい声のおっさんライダー。「この私が死刑を申し渡す!」

独特の笑顔と台詞回しが短い出番でありながらオリジナル以上に視聴者の印象に残った。

上記の兄・純一とのやり取りだけでもネタにされていたものの、物語終盤、主人公である門矢士に固執するような態度が目立ったことからホモキャラ扱いされてしまった。

初登場時はお尻丸出しの全裸だったため「尻彦」という愛称が付いた。




上記の橘さんと同じ役者ということでネタキャラ化を予想されたものの、修学旅行先でフォーゼに負けて土下座してから橘さん同様にヘタレキャラになってしまった。





主人公のライバルだったものの仲間になるも、クールなキャラなのに言っていることが天然、声は良いのに棒読み(※演者の技量不足ではない)という、シリアスなライバルキャラから一転して脱力キャラになってしまったのが視聴者に受けてしまった。

超ハイテンション坊主。タケル殿ぉぉぉぉぉぉ!!」


新フォームが登場するたびに、グンダリを無断召喚した挙げ句にサンドバッグにされてしまい、付いた愛称が「グンダリ無駄遣いおじさん

小太りのおっさんなのにナルシストのプレイボーイ気取りで、怪人化すると甘い二枚目の諏訪部順一ボイスになるというイロモノキャラ。

今夜は焼き肉っしょ!

シリアスを破壊するレベルの重度のドルオタ

冷酷にして屈強な敵側の大幹部、という姿が長かったが仮面ライダーとなり仲間になった頃から化けの皮が凄い勢いで剥がれてゆく結果、壊滅的なファッションセンスをはじめ、「好き嫌いが多く特にピーマンが食えない」「灯りがないと眠れない」「タオルが良い匂い」などなどポンコツ系ネタキャラとなっていった。しかし戦闘力は非常に高く、劇場版ではシザーズロストスマッシュを単独で撃破し「本気出させやがって…」と呟いている。
なお一部では仲間になる前からネタキャラ扱いだった。



本人は到って真面目かつ重要な役回りながら、場の雰囲気を全力で無視して「祝え!!」を最優先させる祝福の鬼。

たった2話の登場ながら、マンホールを武器に暴れ放題の女王様として、世間の話題を独占した。ちなみに演じた役者が所属事務所とのギャラのことでトラブルを起こしていたと言われると「ノーギャラでマンホールを投げたのか」と言われてしまった。

昭和におけるネタキャラ


ゆ"る"さ"ん"!!」や「ゴルゴムの仕業か!」がネタとして広く知られ、また独特な歌唱力キャラとしてもネタにされ続けている。
とはいえネット界隈で誇張されているネタでもあるので、ファンの間で迂闊に言うと怒られかねないが。

本編は完全シリアスだが、「永遠の序章」とネタにされること幾星霜。ディケイドのスピンオフネットムービーでは、遂に続編が出そうになるが……。

令和におけるネタキャラ


プログライズキーを力押しでこじ開ける脳筋ぶりが毎回の名物シーンに。

こちらの世界の常識に疎く、「普通のホモサピエンス」発言をはじめ数々の真面目ボケをかます。


ネタキャラだけど微妙な方々

檀黎斗が入るまでは草加雅人が四天王扱いされることが多かったものの、やってる事が陰湿過ぎて笑えない事も多い為、ネタキャラと扱うかどうか意見が分かれていた。他にもネタキャラの比率よりはシリアス・ヘイト要素・悲劇・悪役部分が多い者はこちらに分ける。


関連タグ

仮面ライダー
平成ライダー
愛すべき馬鹿
腹筋崩壊
井上キャラ…該当者が多い

関連記事

親記事

平成ライダー へいせいらいだー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「平成ライダーネタキャラ四天王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2100

コメント