ピクシブ百科事典

泉京水

いずみきょうすい

「劇場版仮面ライダーWFOREVER A to Z/運命のガイアメモリ」の登場人物。
目次[非表示]

「イケメンで強いのね!嫌いじゃないわ!

演:須藤元気

概要

不死身の傭兵集団・NEVERのメンバーで、サブリーダー的ポジション。鞭と関節技を駆使して戦う。
独特のオネエっぽい喋り口調が特徴で克己を「克己ちゃん」と呼び慕う。
というか、戦いに乱入してきた謎のイケメンに思わず心を奪われたり、外伝作品で羽原レイカの美貌に嫉妬したりしており、オネエっぽいどころかガチで精神が女性である。
T2ガイアメモリの一つであるT2ルナメモリを使ってルナ・ドーパントに変身する。

性格は陽気でおしゃべり。劇中ではシリアスな雰囲気を(良い意味で)ぶち壊しにする迷言をいろいろと残している。
とは言えNEVERの一連の行動(ヘリ爆破や風都市民をネクロオーバー化する計画など)に特に疑問も持たずに従っているなど、冷徹な面も持つ。

劇場版の前日譚にあたるVシネマ「仮面ライダーエターナル」では、NEVERに加入する前の、生前の姿も登場。
性格や喋り口調はいかにもという感じのヤクザ者だったが、大道克己との出会いにより、全てが始まってしまった…。

余談

元々はオネエキャラでは無く「関西弁を喋るオラオラ系」と言う設定だったが、堂本剛三とキャラが被るという事で、代案として出されたのがオネエキャラであった。その為劇場版は脚本上は元の設定のままだが演じた須藤氏がオネエキャラに変換して演じるという形が取られたらしい。
そこから数々の迷言が生み出され、また一部のシーンの撮影中には須藤氏の演技に共演者が笑ったらしい。

Vシネマでは脚本の三条陸氏が、劇場版のアドリブを参考に京水のキャラをきちんと変更した上で脚本を作ったのだが、結局須藤氏がまたアドリブを入れまくったのでまた脚本とだいぶズレてしまったらしい。

関連タグ

仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ NEVER(仮面ライダーW) ルナ・ドーパント
仮面ライダーオーズ 須藤元気 嫌いじゃないわ!
仮面ライダーブラーボ・・・イケメンに心を奪われているオカマ繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「泉京水」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35004

コメント