ピクシブ百科事典

風都探偵

ふうとたんてい

「風都探偵」とは、週刊ビッグコミックスピリッツ36・37合併号から連載される『仮面ライダーW』を題材にした漫画作品。
目次[非表示]

ビルが溶け、人が死ぬ
それは、この町ではありふれた出来事
だが、この街には探偵がいる
どんなときでも助けてくれる、二人で一人の名探偵がーー

さあ、お前の罪を数えろ。

概要

2017年8月7日に発売された週刊ビッグコミックスピリッツ36・37合併号より連載されている『仮面ライダーW』の漫画作品。
脚本:三条陸、漫画:佐藤まさき、監修:塚田正明、怪人デザイン:寺田克也
脚本、監修、怪人デザインはTV版にメイン格で参加していたメンバーが続投している。また掲載紙が青年誌であるため、残虐・性的描写も多い。

ストーリーはTVの続編になる事が公式より発表されているが、詳しい時系列については今のところ不明。
ただし第1話時点で「亜樹子の夫が風都署で刑事をやっていると明言されている」「リリィ白銀が祖父の経営する喫茶店のウェイトレスとして登場している」ため、少なくともW本編および『MOVIE大戦CORE』終了後であるのは確定しており、さらに『W RETURNS 仮面ライダーアクセル』の事件とそう離れていない(公式から「完全新規の続編」という発表があった事からすると、おそらくはそれよりも後?)と思われる。
また、照井と亜樹子の間に未だ子供がいないことから、「仮面ライダーチェイサー」よりも前の出来事であることが判明している。
最終話で出てきた依頼人、青山晶が中学生になっていることから、2012~2014年の間ではないかとも推測できる。(Wは最終回の時点で2011年である)
また、第4話の柱文において、「この連載は楽しい読書体験を作る企業・小学館の提供でおおくりします。」と、まるでテレビの仮面ライダーの提供テロップにおける、バンダイの紹介のようなコメントがついた。(バンダイは「楽しい時を作る企業バンダイ」と紹介されている)

本作からの登場人物

「tに気をつけろ」

ときめ
物語の鍵となる、記憶喪失の美女。破損したガイアメモリを所持している。

坪崎忠太
「tに気をつけろ」の依頼者。
ときめにバッグを盗られたが際に一目惚れし、捜索を依頼したのだが…。

ロード・ドーパント
『道』の記憶が内包されているガイアメモリを使用したドーパント。
超高速と超高熱を使い、異様な空間へ通じる「道」を作り出す。

オーロラ・ドーパント
「ガイアドライバー」らしきものを使用して変身している謎の人物。
詳細不明。

「最悪のm」

真島伸太郎
森口もな子/風祭メグ

関連項目

ビッグコミックスピリッツ

pixivに投稿された作品 pixivで「風都探偵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20439

コメント