ピクシブ百科事典

ダミー・ドーパント

だみーどーぱんと

ダミー・ドーパントとは劇場版仮面ライダーW「ビギンズナイト」「MOVIE大戦2010」に登場したドーパントである(メイン画像右)。
目次[非表示]

※ネタバレを含むため閲覧注意

「素晴らしい! ココは天国か? わたしが好き勝手するには最高の世界だァハハハハハ!!」

概要

デス・ドーパントの真の姿であるドーパント。正体のロベルト志島の思い描く死神のイメージでデス・ドーパントに変身していた。ダブルとの戦闘で変身を解除させられ、再び変身した時のメモリ音声(他のメモリと異なり、とても弱々しい物になっている)で真の正体が発覚した。

ロベルト志島の持つ「D」のガイアメモリは「デスメモリ」ではなく「ダミーメモリ」であり(メモリの文字複製されるの形をしたDの文字で両方の意味にとれる)、「死人返り」の真相も「死者を蘇らせた」のではなく「自らが死者に変身した」のが真実であった(死者が姿を現した時本人は姿を消している)。

仮面ライダーダブルに正体を見破られて、タイヤに変身して逃走を図る。それを見たWはハードボイルダーでダミー・ドーパントを追跡するが、ディケイドの力により二人はオーロラを越えて「ライダーバトルの世界」へと飛ばされてしまう。
ダミー・ドーパントはスーパーショッカーのマンモスメカを見るや否や興味を引かれ、飛び乗ってダブルを倒そうとするが、ディケイドに叩き落されてしまいあえなく逃走。
そのまま情けなく敵前逃亡を繰り返すも、同じくスーパークライス要塞が崩壊して逃げのびてきたネオ生命体合体し「アルティメットD」へと変貌する。

外見

銀色ノッペラボウのような風貌で、亜樹子からは「ショボい」と言われた。

能力

本人の戦闘力は鳴海亜樹子に負けるほど低いが意外と頑丈であり、自分や敵対する相手のイメージから生物非生物問わずあらゆる物に変身し、その能力を擬態できる特殊能力を持つ。を見てタイヤに変身していたシーンを見る限り、自分の質量より大きい物には変身できないと思われる。
ネット版では井坂深紅郎から「最強のメモリ」と称された。

備考

スーツは仮面ライダードラゴンナイトに登場するミラーモンスターゲルニュートを改造した物。
劇場版第2作「運命のガイアメモリ」にもT2ダミーメモリとしてメモリのみが登場した。

考察

評論家の宇野常寛は『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)において、ダミー・ドーパントの特質は仮面ライダーディケイドと似通っていると指摘したうえで「矮小な人物として描かれ、ヒロインからも他人のまねをして格好悪いとまで罵倒される。(中略)このことからもわかる通り、『W』は確信犯的に『ディケイド』のアンチテーゼとして設計されている。その予定調和は、明確な意図のもとに提示されたものなのだ。」と述べている。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント デス・ドーパント

pixivに投稿された作品 pixivで「ダミー・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1269

コメント