2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「何百年も経つと、空も変わるのか?」

「クチヒコ様~!クチヒコ様~!ここ、我々の時代ですよ!?」
(どちらも『鬼ヶ島の戦艦』でのセリフ)

CV:塩野勝美(龍騎)/檜山修之鳥海浩輔丹野宜政(鬼ヶ島の戦艦)
登場話:第17話「嘆きのナイト」第18話「脱獄ライダー」 第27話「13号ライダー」 「仮面ライダー龍騎ハイパーバトルビデオ 龍騎VSアギト」など

データ

身長225.0cm
体重123.0kg
特色/力手のひらから発射する粘性の液、巨大な十字手裏剣


概要

仮面ライダー龍騎』に登場するイモリの特性を備えたミラーモンスターの1匹。鳴き声は「キィアアアアアッ」。

赤と黒の体色のモンスターで、対遠距離用の武器として背中に巨大な十字手裏剣を背負っている。
指先には特化した吸盤を持ちなどを自在に登ることができる。また、からは強粘性の液体を放出し相手を絡みとるほか、粘液ロープのように使用することも可能。
なお人間を捕獲する際には上半身だけを現実世界に出現させ、下半身はミラーワールドに置き去りにする。
動きも非常にトリッキーであり、仮面ライダーライアが「攻撃が読めない」と評する程。劇中では龍騎とコピーベントを使ったライアのドラグクローファイヤーをジャンプで回避した。

しかし狭い場所では俊敏さが生かせず、レストランでの戦いでは仮面ライダーガイのメタルホーンで攻撃を邪魔され、そのまま龍騎のドラゴンライダーキックを受け爆散。その魂はドラグレッダーに吸収された。

第27話では、神崎優衣に暴かれた鏡の中に蠢くミラーモンスターの1体として登場している。

他媒体での活躍

『仮面ライダー龍騎ハイパーバトルビデオ 龍騎vs仮面ライダーアギト』では偽アギト傘下の怪人として登場。

北米向けリメイク作『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』ではそのコミカルな動きがウケたのか、戦闘員ポジションのレッド・ミニオンというレギュラーキャラに昇格し、複数体のスーツを新造して登場した。

『仮面ライダーディケイド』第14話「超・電王ビギニング」、第15話「超モモタロス、参上!」にも登場。
この時、アメリカで撮影する為に複数体製作されたレッド・ミニオンのスーツ逆輸入され、『仮面ライダーディケイド』では劇場版の『鬼ヶ島の戦艦』においてオニ一族配下の怪人としてゲルニュート達が登場している。これとタイアップしたTV版の14話にもちょろっと登場しているぞ。
こちらではシアゴースト同様に完全に現実世界に適応しており、あろうことか日本語を解する。
デンライナー組の作った夜景(舞台装置)にアッサリ騙され、「見ろよー地面があるみてぇだぜー!」などと言っていた辺り、現代出身ではないようだ。

バトライド・ウォー』でもレイドラグーン共々戦闘員として登場する。

RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』ではシアゴーストと共に大量に登場。龍騎達に襲い掛かったが、一部は龍騎のドラゴンライダーキックで倒されている。

余談

  • 『龍騎』放送時に使用されたゲルニュートのスーツはブロバジェル改造された。『DRAGON KNIGHT』で新造されたスーツの1つはダミー・ドーパントに改造された。
  • 『龍騎』にはショッカーのような敵組織が存在せず、大量に登場する雑魚怪人の部類に当たる怪人も、劇場版初出で本編終盤に登場したシアゴーストレイドラグーンが存在したため、ゲルニュートは単なる普通の野良怪人にすぎなかった。ところが、この時の戦闘シーンが何故かセカンドエンディングテーマ「果てしない炎の中へ」が使われた唯一のシーンであったため、これが一部で「ゲルニュートのテーマ」とか呼ばれたりしている。
  • 忍者っぽいイメージからモチーフをイモリかヤモリにしようと考え、手裏剣を背負わせた。手裏剣のシルエットはヤモリの手を模したものだが、十字にして指が4本になった結果イモリモチーフで確定となった(『完全超悪』p141より)。


関連項目

ライダー怪人 巨大手裏剣

イモリゲス ニュートイマジン:イモリモチーフのライダー怪人たち。

外部リンク

Web archive「仮面ライダー龍騎」公式サイト ゲルニュート 

ゲルニュート 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

ミラーモンスター みらーもんすたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゲルニュート」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゲルニュート」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30109

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました