ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

契約モンスター

けいやくもんすたー

『仮面ライダー龍騎』において、仮面ライダーと契約を交わしたミラーモンスター。
目次 [非表示]

概要

 特撮番組『仮面ライダー龍騎』における仮面ライダーは、ミラーモンスターを借りることでベントカードを始めとした特殊能力を有する。そのライダーたちと契約したミラーモンスターの事を便宜上契約モンスターと呼ぶ。


 契約モンスターはライダーに使役される存在ではあるが、契約者がカードデッキ(より正確には契約のカード)を破壊されたり、契約モンスターに人間やミラーモンスターの魂を餌として与えなかったりすると契約者自身を「ただの餌」と見なし食い殺してしまう。第32話での浅倉威の発言によれば契約違反しかけている状態でも戦いに望むとなると素直に協力する模様。


通常はライダーがミラーモンスターを倒してモンスターに魂を与えるが、この魂は横取りが可能であり、第6話では龍騎が倒したボルキャンサーの魂をドラグレッダーにやる事を渋り、ナイトのダークウィングが搔っ攫ったり、第32話では王蛇らが倒したバズスティンガー3体の魂をダークウイングが食べようとした所をドラグレッダーによって妨害され、ベノスネーカーメタルゲラスエビルダイバーが食べるといったシーンが描かれた。


契約中でも食人願望は健在であり、ダークウイングのように隙あらば過去に捕食対象に定めた人間を食べようとする、都合良く戦いを降りようとしたインペラーの契約モンスターと思われる個体のギガゼールがインペラーこと佐野満の恋人である百合絵を襲うシーンが見られた。

殺人に躊躇いがないライダーの場合、能動的に人間を襲わせることもある(シザース王蛇、『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』のライアが該当する)。


小説 仮面ライダー龍騎』では、120時間おきに他のミラーモンスターや仮面ライダーを殺害してとして与えなければ契約を破棄し契約者を食い殺すという設定に変更された。


また、他のモンスターの例に漏れず、神崎優衣は襲えない(第14話より。ただし、第42話にてガゼール軍団はインペラーに指示されて優衣を襲っているあたり、個体差はある模様。なお、彼らは優衣が手をかざすことで指揮権を一時的に奪われている)。

 仮面ライダーたちは、身体の各所にあるデバイスポイント「ジペット・スレッド」(肩などにある銀色の丸いパーツ)によって、契約したモンスターを己が手足のように使役する。


基本的に契約は1ライダーにつき、1体しか契約できないが、「コントラクト」を複数枚所持している場合は複数のモンスターと契約できる(ただし、仮面ライダーの外見に反映されるのは王蛇の例を見るに、最初に契約したモンスターの要素のみの模様。デッキの内容は追加契約したモンスターに応じて増えていく)。

この他にも、契約モンスターと同じ種族のミラーモンスターが追加されるパターンもある。アビスラッシャーと契約した仮面ライダーアビスギガゼールと契約した仮面ライダーインペラーの2人が該当する。ただし、同族モンスターとはあくまでも契約は交わしていないため、デッキの内容は変動しない(なお、アビスの場合はアビスラッシャーアビスハンマーが合体する描写があった)。

これらの事例は一見すると手数が増えてお得に思えるかもしれないが、複数体分の餌を用意する必要があり、王蛇やインペラーはこのデメリットに苦しめられた


なお、ライダーが死ぬと契約モンスターが野良モンスターと化して人を襲う危険性がある。

作中ではボルキャンサーメタルゲラスエビルダイバーサイコローグデストワイルダーの5体が該当する。

契約者が死んで野良モンスターになったと思われる個体のうち、ドラグレッダー(第49話以降)、ギガゼールジェノサイダー(第50話での浅倉退場以降)は人を襲わなかった。『仮面ライダー龍騎 13RIDERS』ではバイオグリーザ、『劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』ではブランウイングが野良モンスターになったが、本編以外の作品でも該当するかどうかは不明である。


一方、契約中にモンスターが死ぬと、仮面ライダーは契約モンスターから与えられた力を失い、ブランク体に戻ってしまう。この弱点はライダーを退場させる上でのテクニックとしても活用でき、仮面ライダーリュウガジェノサイダードラゴンライダーキックでダイレクトアタックをかまし、王蛇を弱体化させた(契約モンスターを三体融合させていたのが仇になった)。


『ディケイド』版のリュウガや『RIDER TIME 龍騎』のオーディンのようにモンスターがライダーと共に倒されるというパターンもあるが、これらは特殊事例である。


仮面ライダーとはギブアンドテイクの関係にあるが、完全にそうとは言い切れない描写もある。

ドラグレッダーの場合は契約違反になりかけて真司を襲おうとしたことがあるが、ガイにアドベントカードを奪われ、事実上契約が果たせなくなった際には真司を襲うことはなく、劇場版では龍騎がピンチに陥った際にアドベントカードなしで現れるシーンが見られた。


メタルゲラスエビルダイバーの場合は主人が倒されて以降は浅倉を付け狙っており、契約後も浅倉の支配に抵抗するような描写が見られた。これに対し、第32話で蓮は、元は別のライダーの契約モンスターだったから、契約違反を望んでいる可能性があるのではないかと推測していた。このことから契約して以降も主人にある程度の反抗は可能であると思われる。


KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』では、名称が「アドベントビースト」に変更されている。

 

契約モンスター一覧


融合型契約モンスター


関連項目

仮面ライダー龍騎 ミラーモンスター ミラーワールド

駈斗戦士 13ライダー 疑似ライダー

関連記事

親記事

ミラーモンスター みらーもんすたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62076

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました