ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

初登場話:第35話「タイガ登場」


データ編集

身長245.0cm
体重280.0kg
特色/力鋼のごとき筋肉、鋭利な爪
AP5000

概要編集

 『仮面ライダー龍騎』に登場する白虎ミラーモンスター。契約者は仮面ライダータイガ東條悟

 二足歩行型であり、身長245cm・体重280kgとかなり無骨な外見をしているが、白地に青い縞模様の外見や両掌の肉球割かし可愛いという意見もある。

 全身の筋肉「ワイルドマッスル」は常に発達・成長しており、100tの鉄球を持ち上げる腕力と時速300kmで走る脚力を備えている。このワイルドマッスルを保護する外骨格「ワイルドプロテクター」は、鎧の役目を果たす。

 両手に備わる伸縮式の鉤爪「デストクロー」が武器で、その一撃はダイヤモンドをも切り裂く。100tの物体を持ち上げるほどの怪力の持ち主で、戦闘では死角から敵に飛びかかり地面へ押し倒したまま引きずり回して壁などへ叩きつける戦法を得意とする。こうした怪力と300kmもの走行力を生み出しているのは、ひとえに常に発達し続けるワイルドマッスルの働きによるものである。

 鈍重そうな見た目とは裏腹にスピードを活かした神出鬼没の攻撃を得意とし、策を弄した戦いや奇襲を好む東條にとっては相性の良い契約モンスターであった。


 東條の死後、契約が切れたことで野良モンスターとなり、無差別に人を襲撃して暴れ回っていたが、最後は龍騎サバイブドラゴンファイヤーストームで倒された。


 プレイステーション用3D格ゲー版では、条件を満たすことでプレイアブルキャラクターとしても使えるようになる。


RIDER TIME 龍騎編集

 原典同様にタイガの契約モンスターとして登場している。

 スーツがないのかCGで描かれている。


余談編集

 白虎は白虎でも単なるホワイトタイガーではなく、中国伝説上の「四神」の一角で西を司る架空の生物「白虎」がモデルであるという説がある。

 モチーフのドラグレッダーと契約した龍騎不死鳥モチーフのゴルトフェニックスと契約したオーディンと(幻獣的な意味で)釣り合いがとれるようにしたかったのかもしれない。

 はどうしたとか言ってはいけない。一応『仮面ライダー龍騎超全集 最終巻』p23にて、ミラーモンスターの元になった神崎兄妹の絵の中に亀を描いたと思しき物が混じってはいるが(最下段左から3番目と、下から2段目の列の左から4枚目)。


フィギュアは長らく放送当時のR&M版と、その塗装変更品である装着変身版しかなく、S.H.フィギュアーツ版も参考出品止まりだったが、2022年発売の「SO-DO CHRONICLE 仮面ライダー龍騎 デストワイルダー&サイコローグセット」で、ようやく劇中スーツに近い造形でフィギュア化されることとなった。


当初は商品化の予定が無かったため、武器となるギミックは少ない。名前の由来は「death」+「wild」から(『仮面ライダー龍騎』(ファンタスティックコレクション)p81,55より)。


関連イラスト編集

猫(科)の日年賀状用に描いた絵その3


関連項目編集

ライダー怪人 ミラーワールド 


外部リンク編集

デストワイルダー 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

契約モンスター けいやくもんすたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106957

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました