ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

仮面ライダーインペラー「分かってるよ。腹が減ってるンだろ、今すぐ満腹にしてやるから」


CV:柴本浩行(第3・4話の2体) 千田義正(第24話)

登場話:第3話「学校の怪談」第4話「学校の階段2」 第24話「王蛇の秘密」 第27話「13号ライダー」 第39話「危険のサイン」~第44話「ガラスの幸福」


データ編集

身長243.0cm
体重125.0kg
特色/力ジャンプ力、刺又状の杖、同種のミラーモンスターを支配
AP4000
ファイナルベントドライブディバイダー

概要編集

ミラーワールドに数多く存在するレイヨウガゼル)の特徴を備えたミラーモンスターの1種。

ドリル状のが特徴で体色は。緑色の個体も存在する。専用武器は二又に分かれたドリル状の刃がついた杖。


レイヨウ型ミラーモンスターに共通する特徴として驚異的な脚力による高速移動を得意としており、脚部の「ガゼルレッグ」は一跳び50mという驚異的なジャンプ力をもたらし、高みからの攻撃を得意とする。

頭部の2本の角「ガゼルトルネード」は岩をも粉砕する強靭さがあり、両腕に備えたダイアモンドすら両断する高周波電磁カッター「ガゼルカッター」を使って獲物を切り刻む戦法を得意としている。


また、四肢にある“電磁サークル”(体にある銀色の円形の部分)から発する電気信号で他のレイヨウ型ミラーモンスターと遠隔で意思疎通できる能力を持っている為、常に同種族で群れを成して行動する習性を持っている。

戦いの際はこれを駆使した物量戦や自らは姿を見せない戦いを得意としており、メリットとしては契約者は他のゼール系モンスターも使役することが出来る一方契約していないモンスターまで餌を集りにくるのがデメリット。


最初の第3・4話では野生モンスターとして登場。

ギガゼール2体(紫、緑)とメガゼールの計3体でとある小学校付近をテリトリーとして人を襲っていたが、1体がその小学校の女子生徒を捕食対象に定めて襲い掛かった際に城戸真司に阻まれ、仮面ライダー龍騎との交戦の末にドラグクローファイヤーで粉砕された。もう1体のギガゼールはメガゼールと共に生徒を襲うが真司と秋山蓮に妨害され、最後はアドベントカードで呼び出されたドラグレッダーに攻撃され弱った所へ「ドラゴンライダーキック」を受けて倒された。


その後も第24話や第27話等で他のミラーモンスター等と共に出現する。


その後、紫色の別固体が仮面ライダーインペラー契約モンスターとして再登場。

スピンベントで頭部を模した二股のドリル「ガゼルスタッブ」を与えたり、他のレイヨウ型モンスターを操ってインペラーをサポートする。


劇中では語られていないが、実はライダーバトルに乱入したレイヨウ型モンスターは全てインペラーに操られていた(『超全集 下巻』p35,46より)。

一方、ミラーモンスターの生みの親である神崎優衣には逆らえない(『超全集 最終巻』p56)。

インペラー死亡後の動向は不明。


『仮面ライダー龍騎ハイパーバトルビデオ 龍騎vs仮面ライダーアギト』、『仮面ライダーディケイド』第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」、『RIDER TIME 龍騎』にも登場。


その他のレイヨウ型モンスター編集


余談編集

当初はより人型から外れたシルエットが想定されていたが、後のミラーモンスターのデザインが辛くならないよう、人型に近づけたデザインとなった。

当初レイヨウ型ミラーモンスターは、1体分のスーツを流用して角パーツを差し替えることで別の個体に見せる予定だった(『完全超悪』p140より)。


ギガゼールの名前の由来は、英語で”大”を意味する「giga」と、レイヨウの一種である「gazelle」から。また、ギガゼールのデザイン時点ではインペラーの設定は存在しなかったため、デザインにあたってライダーとの連携は考慮されていない(『仮面ライダー龍騎』(ファンタスティックコレクション)p55,81より)。


関連タグ編集

ライダー怪人 仮面ライダー龍騎

シアゴーストゲルニュート:同じく「大量に出現する」ミラーモンスター。


外部リンク編集

Web archive「仮面ライダー龍騎」公式サイト ギガゼール


ギガゼール 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

契約モンスター けいやくもんすたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73382

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました