ピクシブ百科事典

城戸真司

きどしんじ

『仮面ライダー龍騎』の主人公。
目次[非表示]

「モンスターから人を守るために仮面ライダーになったんだ!!」

演:須賀貴匡

人物

劇中に登場するモバイルニュース配信会社OREジャーナル記者見習い。年齢23歳。
物語開始前から相次いでいた連続行方不明事件の取材をしている最中に榊原耕一のアパートに訪れ、そこで偶然手に入れたカードデッキによって、仮面ライダー龍騎へと変身することになる。
変身後には胸の前で拳を握り、「っしゃあ!」と気合を入れる。

単細胞を地でいくキャラで、物事に首を突っ込まずにはいられない。
編集長曰く「祭りの取材に行ったらいつの間にか神輿を担いでいるタイプ」。記者としては未熟だが、探求心や行動力自体は職場の面々に評価されている。

不器用だがお人好しで正義感が非常に強く、良くも悪くもバカ
北岡秀一「城戸真司がバカだと思う人、手上げ」と呼びかけたときには北岡本人、は勿論のこと、浅倉も顔に笑いを浮かべながら手を挙げていた…まさに誰もが認めるバカである。

しかしその性格が殺伐とした印象のある本作の清涼剤となっているのもまた事実である。
ライダーが自分の目的のために戦う宿命にある中で、迷い苦しみながらもただひたすらに「人を守る」と言う決意を貫き通した。

一応学歴は大卒で、編集長の後輩にあたる。OREジャーナルにも彼のスカウトで入社した。
得意料理は餃子。苦手なものは犬。

初めて変身した際の折れたぁ!?と言う台詞はあまりにも有名。


第49話ネタバレ









最期
最終回手前、神崎優衣の真実を知り苦悩する中で事情を知った大久保編集長からアドバイスを受け、真司はようやく「戦いを止める」という自分の願いを見出した。
しかし、レイドラグーンに襲われていた女の子を庇い背中を刺される。

血反吐を吐きながらもナイトサバイブと共にモンスターを駆逐したが遂に力尽きてしまい、主役ライダーが最終回前に、一般怪人相手に、さらにサブライダーよりも先に死亡するというかなり異例の事態となった(後の作品でも主人公が死ぬ展開はあるが、仮死状態に近かったり、復活が前提の空気感があることがほとんどなので、よりその特殊性が際立つ)。


「俺さ…昨日から…ずっと、考えてて…それでも、わかんなくて…でも…さっき思った…やっぱり、ミラーワールドなんか閉じたい…闘いを止めたいって…きっと、すげぇ辛い思いしたり…させたりすると思うけど…それでも止めたい…それが正しいかどうかじゃなくて…俺の、ライダーの一人として、叶えたい願いが、それなんだ…」

蓮「だったら生きてその願いを叶えろよ!死んだら…終わりだぞ!!」

「そうなんだよなぁ…蓮…お前はなるべく…生きろ…」

蓮「お前こそ生きろ! 城戸…死ぬな…死ぬな!!」

「お前が、俺に…そんな風に言ってくれるなんてな…ちょっと…(続きを言おうとしてここで真司は力尽きる)」

蓮「城戸…おい城戸! 城戸ぉーーーーーーー!!!」



志半ばで倒れた真司だったが、彼の死によって蓮もまた迷いを振り切ることとなった。

その他の結末

劇場版では幼少期に優衣と出会っており、彼女と仲良く遊んだが、明日も遊ぶという約束を雨が降っていた為に破ってしまう。それが兄との別離で悲しみを抱えていた優衣を更に追い詰めてしまい、現実世界に戻れなくなるほど優衣がミラーワールドに入り浸った結果、彼女の二十歳における死とそれに抗うライダーバトルが引き起こされた。
終盤でその事を思い出し、自分がこの戦いと優衣の死を招いてしまったと罪悪感に駆られた真司に対し、鏡像の城戸真司は一体化しライダーバトルを勝ち抜く事で優衣を救うと持ちかけ融合するも、最終的に優衣が他人の命を奪ってまで生きることを拒絶した為、分離。リュウガを倒した後、蓮と共に現実世界に攻め込んだモンスターの大群に挑んでいった。

TVSPでは、コアミラーを壊すことで戦いを止めようとすることを選び、他のライダーたちに狙われる。
龍騎のカードデッキをオーディンに壊されたあとは、瀕死の蓮からナイトのデッキを受け継ぎ戦い続けるか戦いを止めるかの選択をすることになる。

井上敏樹

講談社キャラクター文庫の『小説仮面ライダー龍騎』では「龍騎」のリメイクということで大きく設定が変更され、記者ではなく便利屋を営む青年になっている。
この小説では山間部の田舎町に生まれ、幼い頃に両親を事故で亡くし、花火師の祖母に育てられたという来歴になっている。少年時代に町の一大産業であるリンゴ栽培がある理由で壊滅し、祖母が花火の事故で片目を失明したことから、人の役に立つために生きることを決意した。

HERO SAGA

本名は真二
粗暴で問題児だった双子の兄「真一」がいた。
真一は暴力的な性格で周りから煙たがられていたが、真二とは仲の良い兄弟だった。

しかし中学生の時、真一に恨みを持つ不良が真二を真一と間違えて襲うという事件が起き、真二を庇った真一はナイフで刺され、その傷が元でこの世を去ってしまう。
この際、両親が「死んだのが真二じゃなくてよかった」と呟いたのを聞いてしまい心に深い傷を負った真二は「乖離性同一性障害(二重人格)」となり、兄のような振る舞いをするようになる。

そして病気の治療のために改名され、真一との関わりを薄められた『城戸真司』となった。
この経緯から真司は、仮面ライダーリュウガの正体を未だ自身の心の内に潜んでいる兄の姿だと感じている。
本編とは関連しないパラレル設定。
しかし、神崎士郎タイムベントで何度も時間を巻き戻していた事からあり得たかもしれない時間軸の一つという可能性もある。

仮面ライダージオウ

2002→2019


仮面ライダージオウ第21~22話リュウガ編にて、上司・大久保大介と共に登場。
『龍騎』本編では長髪だったが、本作では髪型が変わり、短髪になって大分すっきりとした印象へと変わっている(これに関しては年齢や時代の流れもあるかもしれない)。

『龍騎』の物語自体神崎兄妹によってなかったことにされたため、真司の場合改変される歴史が存在しない。
ただ、職場であったOREジャーナルは既に閉鎖されており、「以前働いていた熱い記者」としてその存在が語られている。

城戸真司


第21話ではアナザーリュウガに襲われないよう、原典における先代のカードデッキ所有者と同じ方法で自宅の鏡やガラス等を目張りしていたが、ストーブをつけていたせいで一酸化炭素中毒に陥りかけソウゴ達に病院まで運ばれた。
その後、「本物が消えればアナザーリュウガも消える」という理由から白ウォズが変身した仮面ライダーウォズに命を狙われるも、ゲイツに逃がして貰い逃走。しかし逃げた先で、建物のガラスに映り込んだもう一人の自分と対面し……。

これまでゲーム用のボイスや『平成ジェネレーションズFOREVER』などで龍騎の声を担当していたため意外に思われるかもしれないが、須賀貴匡氏が真司として映像作品に登場するのは龍騎の本編終了後では今回が初めてであり、実に16年ぶりである。

RIDER TIME 龍騎

『仮面ライダージオウ』のスピンオフ作品として、2019年3月31日にauビデオパスで独占配信予定。
『ジオウ』準拠の世界観で本作の主演を務める。

余談

変身時に「っしゃあ!」と気合を入れたり、「闘魂Tシャツを着ていたり、アントニオ猪木の顔マネをしたりする時があるが、これは真司を演じていた須賀貴匡氏が熱心な猪木ファンである事から生まれたアドリブ。
真司のキャラにも合っているという事でそのまま採用された逸話がある。

平成仮面ライダーで主役を演じた俳優の方々はその後ライダーとの縁が薄くなり、ゲーム等では別人が声を当てることになりがちだが、須賀氏は数少ない例外の1人であり「超クライマックスヒーローズ」、「バトライド・ウォー」などで龍騎の声を担当している。
ジオウ本編登場直前に公開された「平成ジェネレーションズFOREVER」でも龍騎の声を担当した。

また、直前後の主人公と髪型が似ているからか特ヲタ絵師たちから「描き分けがめんどくさい」と言われることもある(人によってはも)。

関連タグ

仮面ライダー龍騎 龍騎


津上翔一城戸真司乾巧

pixivに投稿された作品 pixivで「城戸真司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 712693

コメント