ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

霧島美穂

きりしまみほ

『劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』に登場するキャラクター。仮面ライダーファムに変身する。
目次 [非表示]

「あんた、馬鹿じゃない?そんなんじゃライダーになった意味がないじゃないの」


「私は……勝たなくちゃいけないのよ!どんなに汚い手を使ったって勝たなくちゃいけないんだ!!」


演:加藤夏希


変身する仮面ライダー

仮面ライダーファム


概要

18歳。結婚詐欺を働く女詐欺師(といっても劇中の相手も結婚詐欺師だったが)。

しかし男から騙し取った金は、浅倉威に殺された姉(演:英玲奈)の死体を冷凍保存するための費用になっていた。

仮面ライダーファムに変身する。


仮面ライダーになった理由は、浅倉に復讐する事と最後に残った者が手にするという力で姉を生き返らせるため。

また、北岡秀一とも面識があるようだが、『浅倉を死刑にしなかった』からか、彼に対しても恨みを抱いており、王蛇との闘いで苦戦をしていたところを加勢したゾルダに対し『余計な手出しはするな!!』と怒りを露わにして攻撃している(北岡は美穂に対し罪の意識を感じていたのだが、病状の悪化に加え彼女に明確に拒絶されたことも相まってライダー同士の闘いに虚しさを感じるようになり、自ら脱落することを選択した)


城戸真司を油断させてカードデッキを奪おうとしたり、浅倉を倒すために真司や秋山蓮に共闘を持ち掛けるなど、ライダーバトルの勝利に対する執着を見せているが、料理が得意だったり、真司の靴紐を結んでやったりと家庭的で優しい面も。

ちなみに青のりは歯につくので嫌いらしい。


2003年に刊行された、手塚海之が書いた(という設定の)「仮面ライダー占い」では、手塚が、「ファムが城戸真司にもう少し早く会っていれば彼女の運命が変わっていたかもしれない」という趣旨の発言をしている。


作中での活躍

結婚詐欺を働きながら姉の仇である浅倉威を倒す為に奔走するも実力不足を痛感する。

戦いの中でライダーバトルを止めようと奔走する真司に出会い、彼を利用して浅倉を倒そうと画策するも失敗。

その後、浅倉と再会して敵討ちに挑むも逆に追い詰められてしまう。後一歩のところで城戸真司に助けられたことで何とか窮地を脱し、ついに浅倉を倒すことに成功する。


最初は利用するだけだった真司にいつか好意を抱き始め、真司に仄かな想いを寄せつつライダーの戦いを止めようとも考え始めるが……。


白い鳥は都会の海に眠る

真司とのデート中、真司に化けて襲い掛かって来た鏡像の城戸真司こと仮面ライダーリュウガとの戦闘で致命傷を負ってしまう。

間一髪のところで真司に助けられ、彼の前では気丈に振舞うも、既に限界を迎えていた彼女は真司を見送った後に草木に倒れ、都会の喧噪の中で眠るように息を引き取った……。


「そろそろ、死ぬか……ごめんね、お姉ちゃん……真司……真司……靴の紐ぐらい、ちゃんと結べよな……」


余談だが、最後に彼女が真司の靴紐を結び直したのは右足。そして、リュウガとの最終決戦で龍騎がドラゴンライダーキックを放ったのも右足であった。


TVスペシャル版

真司を追い詰めるライダーの一人にファムが登場しているが、変身前は登場しない。

「それでもライダーなの?」と、追い詰められた龍騎ナイトに辛辣な言葉を浴びせていた。

また、リュウガと共闘しているかのような場面も見られた。

本編ではどちらかというと味方ポジションだったゾルダと同じく、本作では完全に悪役扱いとなっている。


小説版

設定はほぼ劇場版と共通しているが、職業は詐欺師ではなく耳かき専門店の店員。

こちらでは真司に仕事を依頼した際に出会う。仮面契約者になった理由は、浅倉に復讐することと、両親を生き返らせるため。

当初は真司を利用するために近づいたが、彼の純粋さに惹かれ変わっていく。真司との関係性も、映画より深く丁寧に描写されている。それ故、子供番組では絶対に描けないような場面もあるのだが…。


終盤に、浅倉がコンビニに立て籠り虐殺行為をしている現場に遭遇、ミラーワールドで交戦する。

映像作品を超える狂気を見せる王蛇に追い詰められるも、乱入してきた龍騎とナイトに助けられる形で遂に両親の仇である王蛇を倒す。

だが、美穂自身も既に致命傷を負っており、ライダーバトルを止めることを真司に約束した後は彼に自分の死を知られまいと、拾ったタクシーで海へ行き、身投げした……。


余談

劇場版予告における彼女のセリフ「あの男は人間じゃない…」は彼女の因縁の相手である浅倉威のことを指しているが、セリフが挿入されたタイミングが仮面ライダーリュウガが登場する場面であったため、映画を見ていない視聴者にとってはある種のネタバレになってしまっていた。


美穂を演じた加藤女史は過去に『燃えろ!!ロボコン』でロビーナを演じていた。後に『おねがいマイメロディ』で夢野奏役で出演しており、第34話『ヒーローになれたらイイナ!3』では仮面ライダー1号の変身ポーズを取るシーンがある。

また彼女は、『仮面ライダー555』で「仮面ライダーファイズメガブロックプーピィズ付CD」のB面曲である「All eyez on me」を歌唱している。


美穂の姉を演じた英玲奈女史は、6年後の『炎神戦隊ゴーオンジャー』にて、イエロー戦士を演じている。ただしこちらは完璧な悪女なので注意されたし。


関連タグ

仮面ライダー龍騎 EPISODE_FINAL 仮面ライダーファム

サブヒロイン 悲劇のヒロイン 井上キャラ

真美穂:カップリングタグ


稲森真由火属性の赤い龍がモチーフのライダーが主役の作品女性ライダーの後輩「年齢が10代」「主役ライダー同型の変身ベルトを使用してライダーに変身」「黒幕から変身能力を与えられる」「姉がいるが、既に亡くなっている」「蛇がモチーフの戦士に変身する人物に家族を殺される」「戦いの目的の一つが家族の仇を取ることである」といった多くの共通点がある。


朱月藤果多人数ライダー作品女性ライダーの後輩主役ライダー同じ変身ベルトを使用して剣型武器とを使用するライダーに変身」「家事上手な一面がある」「悲しい過去を持つ」「戦いの目的が復讐」「4号ライダーと因縁が深く、激闘を繰り広げる」「ダークライダーの攻撃を受けて致命傷を負ってしまう」「最終的には愛する人を思いながら死亡する」という多くの共通点がある。


刃唯阿令和ライダー初の女性ライダー。男勝りな口調や性格も似ている。


女性ライダー

霧島美穂三輪夏美


外部リンク

霧島美穂 | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

EPISODE_FINAL えぴそーどふぁいなる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294811

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました