ピクシブ百科事典

霧島美穂

きりしまみほ

『仮面ライダー龍騎』に登場するキャラクター。仮面ライダーファムに変身する。
目次[非表示]

演:加藤夏希

人物

劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」に登場する仮面ライダーで、本作の主役の一人。
18歳。結婚詐欺を働く女詐欺師。
しかし男から騙し取った金は、浅倉威に殺されたの死体を冷凍保存するための費用になっていた。
仮面ライダーになった理由は、浅倉に復讐することと、最後に残った者が手にするという力で姉を生き返らせるため。真司を油断させてカードデッキを奪おうとしたり、浅倉を倒すために真司や共闘を持ち掛けるなど、ライダーバトルの勝利に対する執着を見せているが、料理が得意だったり、真司の靴紐を結んでやったりと家庭的で優しい面も。青のりは歯につくので嫌い。
2003年に刊行された手塚海之が書いた(という設定の)仮面ライダー占いでは、手塚が、『ファムが城戸真司にもう少し早く会っていれば彼女の運命が変わっていたかもしれない』という趣旨の発言をしている。

最期

戦いの中でライダーバトルを止めようと奔走する真司に出会い、次第に好意を抱き始める。真司に仄かな想いを寄せつつ、ライダーの戦いを止めようとも考え始めるが、リュウガとの戦闘で致命傷を負ってしまう。
間一髪真司に助けられ、彼の前では気丈に振舞うも、真司を見送った後に倒れ、都会の喧噪の中で眠るように息を引き取った。

「そろそろ、死ぬか……ごめんね、お姉ちゃん……真司…真司…靴の紐ぐらい、ちゃんと結べよな……」

TVスペシャル版

真司を追い詰めるライダーの一人にファムが登場しているが、変身前は登場しない。
「それでもライダーなの?」と、追い詰められた龍騎達に厳しい言葉を浴びせていた。
また、リュウガと共闘しているかのような場面も見られた。
本編ではどちらかというと味方ポジションだったゾルダと同じく本作では完全に悪役扱いとなっている。

小説版

設定はほぼ劇場版と共通している。
こちらでは真司に仕事を依頼した際に出会う。仮面契約者になった理由は、浅倉に復讐することと、両親を生き返らせるため。
当初は真司を利用するために近づいたが、彼の純粋さに惹かれ変わっていく。真司との関係性も、映画より深く丁寧に描写されている。それゆえ、子供番組では絶対に描けないような場面もあるのだが・・・。

仮面ライダーファム」も参照。

関連タグ

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL
真美穂

pixivに投稿された作品 pixivで「霧島美穂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58712

コメント