ピクシブ百科事典

仮面ライダーリュウガ

かめんらいだーりゅうが

『仮面ライダー龍騎』に登場する13人のライダーの1人。
目次[非表示]

「オレは最早…鏡の中の幻ではない……!!」
声:須賀貴匡 
スーツアクター:高岩成二岡元次郎矢部敬三

概要

映画『仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』及びTVSP『仮面ライダー龍騎 13RIDERS』のみ登場(TVSPは変身後の姿のみ)。
鏡像の城戸真司が変身する仮面ライダー
基本カラーは龍騎とほぼ同じ姿をしているが、スーツの色は全体的に真っ黒く、目の形は吊り上がり、ドラグクラウン(頭頂のライダークレスト)も龍騎のものより禍々しい形状になっている。
武器等の装備も龍騎の色違いだが、アドベントカードのAPがそれぞれ1000ずつ高く設定されている。

召喚機は暗黒龍召機甲(あんこくりゅうしょうきこう)ブラックドラグバイザー。
左腕に装備されているガントレットタイプの召喚機。ベントインの手法は龍騎と同じ。なお、この召喚機のみカード装填時のボイスがくぐもった様な声になっている(ディケイド版では他の龍騎ライダーと同じボイス)。

戦闘能力も極めて高く、剣術を得意とするナイトファムを軽々圧倒し、接近戦では無類の強さを誇る王蛇すらも追い詰めている。スピンオフではメタルホーンを装備したガイを丸腰のまま一方的に痛ぶっていた。

13RIDERSでは終盤に主君の分身である仮面ライダーオーディンと共に登場。龍騎とナイトを倒すため他のライダーたちと共に戦った。
変身者が鏡像の真司かは不明だが、劇場版を反映してか、ディスパイダーに苦戦していたファムを助けるようなシーンもあった。

それまでに登場していた「仮面ライダーの偽者」は、こいつらこいつこいつのように間抜けだったり実力で本物に劣るなど、どこかしょっぱい役回りが多かった。
しかしながらリュウガは高い実力と物語における重要な役割など、それまでの偽ライダー達とは一線を画する存在として描写され、視聴者に強い印象を残した。
これ以降、平成ライダーにおいて「主人公とよく似た姿のライダー」は強敵やストーリーで重要な役割を果たす存在とされることが多くなった。いわゆる「ネガライダー」の始まりである。後続のネガライダー達はその多くがリュウガと似た配色であり、開祖である彼が与えた影響は非常に大きいと言えよう。

スペック

身長190cm
体重90kg
パンチ力250AP(12.5t)
キック力450AP(22.5t)
ジャンプ力ひと跳び40m
走力100mを4.5秒


所持カード

カードの種類自体は龍騎のそれと同じだが、イラストは鏡写しのように左右逆の構図で、黒を基調としたカラーリングになっている。アドベントとファイナルベントは別デザインとなる。

黒いドラグセイバーを召喚する。3000AP。

黒いドラグシールドを召喚。3000GP。

原寸大


黒いドラグクローを召喚。3000AP。

幻影の黒龍


ドラグブラッカーを召喚。6000AP。

君の為に最高のライダーを用意した。
仮面ライダーリュウガ


必殺技ドラゴンライダーキックを発動。7000AP。

契約モンスター

暗黒龍(あんこくりゅう)ドラグブラッカー

リュウガ

好きなライダーその2:リュウガ


黒い龍型のミラーモンスタードラグレッダーと同形だが、全ての能力おいて上回っている。
口から放つ火球は相手に命中すると石化し、固定させる効果がある。

最期

龍騎とのドラゴンライダーキックでの一騎打ちに敗れ、消滅した。
なお、APは上のはずなのに龍騎との打ち合いで負けた理由に関しては「ドラグレッダーが今まで倒した多くのモンスターを餌にした事で、カードに記載されている数値よりも強化され、通常よりもスペックが上がっていた為」という説の他、「真司が美穂に靴紐を結び直してもらったから」という意見もある。

リュウガサバイブ

Deadly Survive


HEROSAGAで初登場したリュウガの最強形態。
詳細は該当記事を参照。

龍騎以降での活躍

仮面ライダーディケイド

ファイズの世界」では鳴滝が召喚したライダーとして登場するが、ディエンドが召喚&FFRしたキバアローのFARにドラグブラッカーごと敗れる。

ネガの世界」ではダークライダーの1人として登場。ディケイド・コンプリートフォームが召喚した龍騎サバイブと共にファイナルアタックライドで繰り出されたバーニングセイバーで倒された。実は龍騎サバイブと対峙するのはこれが初めてである。

ファイナルステージでは龍騎に化けた偽物が登場。鍋の裏に鏡を仕込んだトリックを使ってディケイドとディエンドの苦手なナマコを鍋に仕込んで、恐怖と混乱の渦に陥れるが、トリックを暴かれて正体を現した。原典では見せなかったガードベントを両肩に装着した姿を披露するが、番宣の為に登場した仮面ライダーWの加わったオールライダーに敗れる。


超電王トリロジー

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ』ではディエンド・コンプリートフォームの「アタックライド・劇場版(GEKIJYOUBAN)」で他の劇場版限定ライダーと共に召喚されている。

仮面ライダージオウ

本編第21・22話のリュウガ編にて「EPISODE FINAL」での戦いが回想として描写されており、本作における鏡像の真司はアナザーライダーと化した存在「アナザーリュウガ」として登場。
仮面ライダーとしてのリュウガは下記のスピンオフでの登場となる。

RIDER TIME 龍騎

仮面ライダージオウのスピンオフ作品『RIDER TIME 龍騎』にも登場。上述の通り変身者は鏡像の城戸真司だが、劇中では本家と同様に真司の体を乗っ取る形でリュウガに変身している。本編では使用しなかったドラグシールドを召喚している。

DRAGON KNIGHT

名称は仮面ライダーオニキス。オニキスとは「黒瑪瑙」という意味。
最初はキットの悪夢の中に出現したライダーであり、悪夢の中でセイレーン(ファム)ウイングナイト(ナイト)を次々ベントした。
詳細は該当記事を参照。

ゲーム作品

ガンバライド

第3弾より参戦。
スーパーレアは後にダークライダーのお約束となる相手主人公指定のスキルの元祖。
(前弾で仮面ライダーネガ電王がいるが、こちらは属性指定)
第8弾でレジェンドレアに昇格。
実は今までファイナルベントが使えなかったためか実装祝いであろうと予測される。
今度のスキルは何と、味方に龍騎がいると発動
上昇値はあの悪魔スキルと同じなのだが、タイリョクが大幅に減ってしまう、何とも言えないスキルとなってしまった。
003弾で高体力龍騎であるレジェンドレア龍騎サバイブが参戦してからは大分使いやすくなったが。
また、上が50で下が100という変則的な数字のスロットを持つ。
06のリュウガは奥にいるドラグブラッカー共々眼が黄色で、どう考えても前述のオニキスである。裏のライダーズクレストも龍騎のものだったり…

ガンバライジング

ガシャットヘンシン2弾よりLRとCPの同時収録で参戦。
LRは相手よりライジングパワーが多いと発動する珍しいタイプのアビリティでバースト後も相手のカウンター発生率を下げつつラウンド毎にAPとゲキレツアイコンを増やす強力なアビリティを持っている。一方CPの方はAPバトルに勝つことが条件となるが必殺を吸収しつつテクニカルゲージを上げることが出来る。

関連項目

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL
劇場版限定ライダー ダークライダー/ネガライダー
鏡像の城戸真司 龍騎/城戸真司 城戸真一
アナザーリュウガ

仮面ライダークローズ:同じく龍をモチーフにしたライダー。演出などからオマージュ元ではないかと推測されている。変身者の名前が同じく「リュウガ」。

雲外鏡 ダークプリキュア5……同じく鏡と関連している偽物という点が共通。

偽物 偽ライダー

仮面ライダーG4仮面ライダーリュウガ仮面ライダーオーガ

ネガライダー

ミラージュアギト仮面ライダーリュウガ仮面ライダーダークカブト

関連記事

親記事

13ライダー じゅうさんらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーリュウガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 482801

コメント