ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「俺は、俺はもはや鏡の中の幻ではない・・・!!オレは存在する!最強のライダーとして・・・!!」

「変身…!!」


変身者

城戸真司(ミラーワールド)(『劇場版仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』)

佐藤博彦(『仮面ライダーディケイド


概要編集

映画『仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』及びTVSP『仮面ライダー龍騎 13RIDERS』に登場する(TVSPは変身後の姿のみ)、城戸真司(ミラーワールド)が変身する仮面ライダー。『HEROSAGA』での漢字表記は「龍牙」。

基本カラーは仮面ライダー龍騎とほぼ同じ姿をしているが、スーツの色は全体的に黒く、目の形は吊り上がり、ドラグクラウン(ライダーズクレスト)も龍騎のものより禍々しい形状になっている。

目は普段は発光しないが、戦意が高まると赤く発光するギミックが備わっており、複眼が吊り目になっているのは仮面ライダースーパー1のオマージュであるとされる(出典:『仮面ライダーの超常識』〈双葉社〉2016年・P179)。

変身エフェクトは他の13ライダーが白みがかった灰色なのに対して、リュウガのみ唯一黒く、変身完了音も異なる(この仕様はCSMでも再現された)。


召喚機は、左腕に装備されているブラックドラグバイザー。龍騎と同じ手法でベントインする。なお、この召喚機のみカード装填時の読み込む音声のトーンが低くなっている(『ディケイド』では、龍騎と同じトーンになっている)。


また、カードデッキの紋章などの装飾も、他のライダーのものは金色であるのに対し、リュウガは黒になっている。


戦闘能力も極めて高く、剣術を得意とする仮面ライダーナイト仮面ライダーファムを圧倒し、接近戦では無類の強さを誇る仮面ライダー王蛇すらも追い詰めている。『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』では、メタルホーンを装備した仮面ライダーガイを何も装備せず一方的にいたぶっていた。


しかも、龍騎が機転を利かせながらがむしゃらに戦うのに対し、リュウガは合理的かつ最低限に戦う戦法を取っている。

王蛇との戦闘では、王蛇のラッシュを素早く受け止めて蹴りで怯ませた所をすかさず、ドラゴンライダーキックジェノサイダーを倒し、王蛇との契約を解除させており、ファムとの戦闘ではファムが飛び掛かってきたタイミングでドラグブラッカーを召喚し、柱に複数回激突させて致命傷を負わせていた。さらには、ドラグクローファイヤーで追い討ちを掛けようとした

先述したようにガイ戦では格闘で戦っていたが、ガイが発動したアドベントカードを無効化するコンファインベントを持っていることを考えると、素手で圧倒するのは極めて理に適っている。しかし、そのような戦法を取れるのもリュウガが13ライダーでもトップクラスの戦闘力を持っている可能性がある。


仮面ライダー龍騎 スペシャル 13RIDERS』では、終盤に主君の分身である仮面ライダーオーディンと共に登場。龍騎とナイトを倒すために他のライダーたちと共に戦った。

変身者が真司(ミラーワールド)かは不明だが、劇場版を反映してか、ディスパイダーに苦戦していたファムを助ける描写もあった。


昭和ライダーに登場した偽ライダーは、ショッカーライダーカメレオンファントマドロリンゴのようにマヌケだったり実力で本物に劣るなど、どこかしょっぱい役回りが多かった。

しかし、リュウガは高い実力と物語における重要な役割など、それまでの偽ライダーたちとは一線を画する存在として登場し、視聴者に強い印象を残した。

これ以降、平成ライダーにおいて「主人公とよく似た姿のライダー」は、ストーリーで重要な役割を果たす存在とされることが多くなり、いわゆるネガライダーの始まりを築き上げた。『龍騎』以降に登場したネガライダーは、その多くがリュウガにならって主役ライダーに似た配色をしており、リュウガが与えた影響は非常に大きいといえる。


公式人気投票94位(86票)

スペック編集

身長190cm
体重90kg
パンチ力250AP(12.5t)
キック力450AP(22.5t)
ジャンプ力ひと跳び40m
走力100mを4.5秒

所持カード編集

カードの種類自体は龍騎のそれと同じだが、イラストは鏡写しの様に左右逆の構図で、黒を基調としたカラーリングになっている。アドベントとファイナルベントは別デザインとなる。

尚、アドベントカードのAP/GPがそれぞれ1000ずつ高く設定されている。


幻影の黒龍

ドラグブラッカーを召喚。6000AP。

閉鎖空間では影から出現する。


黒いドラグセイバーを召喚する。3000AP。


黒いドラグシールドを召喚。3000GP。

劇場版では使用されなかったが、『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』でのナイト戦で初めて使用された。


原寸大

黒いドラグクローを召喚。3000AP。

ドラグクローファイヤーを放つことが出来るが、龍騎とは異なり、放つ炎も黒くなっている。

劇中では仮面ライダーファムに対して放ったが、回避された。『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』ではドラグブラッカーを召喚せずに発動したが、ナイトのウイングウォールで防がれた。

KAMEN_RIDER_DRAGON_KNIGHT』でオニキスが使用したものは炎が赤くなっている(ドラグブラッカーの目も黄色くなっている)。


君の為に最高のライダーを用意した。仮面ライダーリュウガ

必殺技ドラゴンライダーキックを発動。7000AP。


その他

龍騎同様に昇竜突破や竜巻防御を繰り出している姿がカードダスで確認できる(RK-077とRK-078)。

APとGPはリュウガの持っているアドベントカードの法則性に倣い、1000P高くなっている。


契約モンスター編集

ドラグブラッカー

リュウガ
好きなライダーその2:リュウガ

黒い東洋龍のミラーモンスタードラグレッダーと同種のモンスターだが、全ての能力において上回っている。

口から放つ火球は相手に命中すると石化する効果がある。


最期編集

龍騎に一度はラッシュで圧倒されるが、パンチでマンションに生じた風穴まで吹っ飛ばして大ダメージを負わせた。

しかし、渾身のドラゴンライダーキックでの一騎打ちは龍騎が制し、爆炎の中に散って消滅した。

なお、APが高いにもかかわらず、龍騎との打ち合いで負けた理由に関しては「ドラグレッダーが今迄倒した多くのモンスターを餌にしたことで、カードに記載されている数値よりも強化され、通常よりもスペックが上がっていた」という説のほか、「真司が美穂に靴紐を結び直してもらったから」という説もある(なお、ドラグレッダーとドラグブラッカーはお互いに実力が拮抗していた)。


リュウガサバイブ編集

Deadly Survive

HEROSAGAで初登場したリュウガの最強形態。

詳細は該当記事を参照。


『龍騎』以降での活躍編集

仮面ライダーディケイド編集

ファイズの世界」では鳴滝を抹殺するために召喚したライダーとして登場するが、ディエンドが召喚し、FFRしたキバアローのFARにドラグブラッカーとともに敗れる。


ネガの世界」ではダークライダーの1人として登場。光夏海の友人の一人である佐藤博彦の偽物が変身するが、ディケイド・コンプリートフォームが召喚した龍騎サバイブと共にファイナルアタックライドで繰り出されたバーニングセイバーで倒された。実は龍騎サバイブと対峙するのはこれが初めてである。


ファイナルステージでは龍騎に化けた偽物が登場。鍋の裏に鏡を仕込んだトリックを使ってディケイドとディエンドの苦手なナマコを鍋に仕込んで、恐怖と混乱の渦に陥れるが、トリックを暴かれて正体を現した。原典では見せなかったガードベントを両肩に装着した姿を披露するが、仮面ライダーWが加わったオールライダーに敗れる。


『仮面ライダーディケイド オールライダー超スピンオフ』ではディケイドによって龍騎に変身させられた郡山郡司さん(40)を王蛇と共に襲撃した。これで生き残れという方が無理である


超電王トリロジー編集

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ』ではディエンド・コンプリートフォームの「アタックライド・劇場版(GEKIJYOUBAN)」で他の劇場版限定ライダーと共に召喚されている。ドラゴンライダーキックを発動(電子音声は鳴らず)しドラグブラッカー共々G電王に突撃した。


仮面ライダージオウ編集

本編第21・22話で、『EPISODE FINAL』での戦いが回想として描写されており、本作における城戸真司(ミラーワールド)はアナザーリュウガの変身者として登場した。


RIDER TIME 仮面ライダー龍騎編集

上述の通り変身者は城戸真司(ミラーワールド)だが、劇中では本家と同様に真司の体を乗っ取る形でリュウガに変身している。初対決となったガイを素手で完膚なきまでに叩きのめし、王蛇とは互角に渡り合った。ナイト戦では本編で使用しなかったドラグシールドを召喚し、ファイナルベントの撃ち合いでは競り勝っている。


MOVIEバトルロワイヤル編集

MOVIE大戦シリーズの第13弾作品『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』に登場。

ナイトや王蛇と共にデザイアロワイヤルに参戦し、龍騎とも再び対決する。

作中では、ギーツレイジングフォームタイクーンライブとも対決している。


また、ギーツとリバイバイスを追跡する際に入口の窓ガラスを割って店員を投げ飛ばした上でスシローに入店。さらには、戦闘中に寿司をドラグクローファイヤーで炙るシーンがある。


KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT編集

仮面ライダーオニキス」という名称で登場する。「オニキス」は黒瑪瑙を意味する。

最初はキットの悪夢の中に出現したライダーであり、悪夢の中でウイングナイトナイト)をベントし、セイレーンファム)を叩きのめした。

詳細は該当記事を参照。


ゲーム作品編集

ガンバライド編集

第3弾より参戦。

スーパーレアは後にダークライダーのお約束となる相手主人公指定のスキルの元祖。

(前弾で仮面ライダーネガ電王がいるが、こちらは属性指定)

第8弾でレジェンドレアに昇格。

実は現在までファイナルベントが使えなかったためか実装祝いであろうと予測される。

今度のスキルはなんと、味方に龍騎がいると発動

上昇値はあの悪魔スキルと同じだが、タイリョクが大幅に減ってしまう、何とも言えないスキルとなってしまった。

003弾で高体力龍騎であるレジェンドレア龍騎サバイブが参戦してからは大分使い易くなったが。

また、上が50で下が100という変則的な数字のスロットを持つ。

06のリュウガは奥にいるドラグブラッカー共々眼が黄色で、前述のオニキスと同じである。


ガンバライジング編集

ガシャットヘンシン2弾よりLRとCPの同時収録で参戦。

LRは相手よりライジングパワーが多いと発動する珍しいタイプのアビリティでバースト後も相手のカウンター発生率を下げつつラウンド毎にAPとゲキレツアイコンを増やす強力なアビリティを持っている。一方CPの方はAPバトルに勝つ事が条件となるが必殺を吸収しつつテクニカルゲージを上げる事が出来る。


仮面ライダーバトライド・ウォーⅡ編集

クロニクルモードの「EPISODE FINAL」の追体験エピソードに登場(開始前には龍騎の世界を肯定するバロンとそうでない龍騎との掛け合いがある)。


演じた人物編集


余談編集

  • 劇中でのスーツアクターは龍騎役の高岩成二も務めているが、これとは逆にメインのスーツアクターであった岡元次郎は後に『ネット版 仮面ライダーディケイド オールライダー超スピンオフ』のFile13「どれだ!高岩成二 恐怖の正体?」で龍騎のスーツアクターを担当している(この回は5人のライダーから高岩さんが演じているライダーを当てるクイズ方式だったが、体格はリュウガと同等であった)。


93位仮面ライダーサガ
94位仮面ライダーリュウガ
95位仮面ライダー最光

  • 史上初の先天的な人外が変身するライダーである。

関連タグ編集

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL 13ライダー

劇場版限定ライダー ダークライダー/ネガライダー ドラゴンライダーズ

偽物 偽ライダー

鏡像の城戸真司 龍騎/城戸真司 城戸真一

アナザーリュウガ

仮面ライダージオウ(ミラーワールドバージョン)

仮面ライダー一覧


関連・類似キャラクター編集


劇場版限定ライダー

G4リュウガ/ファムオーガ/サイガ


単独劇場版ボスライダー

G4リュウガオーガ


ネガライダー

クウガ・プロトタイプ リュウガダークカブト

関連記事

親記事

13ライダー じゅうさんらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 895331

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました