ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ファイズの世界

ふぁいずのせかい

特撮番組『仮面ライダーディケイド』及びその派生作品に登場するパラレルワールドの一つ。
目次 [非表示]

概要

仮面ライダーディケイド』第10話・11話に登場する世界。

光写真館の背景ロールは「青い蝶の前に立つオートバジン」。

の役割はスマートブレインハイスクールの学生

この世界で初めて仮面ライダーディエンドが登場する。


原典との差異

第10・11話はスマートブレインの経営する高校「スマートブレインハイスクール」が主な舞台になっている。(今になってみれば3代後の学園ライダーを彷彿とさせる)

原典におけるスマートブレインの幹部だったラッキークローバーはそれぞれ学園のアイドルという扱いになり、この世界のファイズ/尾上タクミ達もこの学校に通っている。

その他、原典TVシリーズではレギュラーメンバーの他、警察組織の一部にしか知られていなかったオルフェノクの存在が世間一般に知れ渡っている。

やはりというか原典を反映してか使徒再生で殺害される描写が多い(ただし、レントゲン写真が映るという演出は省かれているが)。


なお、原典の登場人物に相当するキャラクターは尾上タクミ、友田由理、ラッキークローバーのメンバーだけであり、木場勇治に相当するキャラクターや仮面ライダーカイザなどのサブライダーは登場していない(草加雅人と思われるカイザは第4話で登場)。


登場怪人

第10・11話に登場するオルフェノク



第10・11話以降に登場するオルフェノク


余談

本作におけるラッキークローバーのメンバーの人間名にはそれぞれ色に対応する名前が付けられている。


 メイン画像の左から順に


となっている。

ラッキークローバーのモチーフになったのは『キカイダー01』のハカイダー四人衆であるが、元ネタとは違いムカデが銀、エビが赤になっている。また、原作のクロコダイルオルフェノクに当たるポジションには本作オリジナルのタイガーオルフェノクが登場する。

なお、桃だけハカイダー四人衆の名前には使われていない(ダーク破壊部隊にならピンクタイガーという怪人がいたのだが)。

また、タイガーオルフェノク=百瀬を演じた三浦涼介氏は後に『仮面ライダーOOO』にてアンクを演じている。

なお、原典と違ってこちらはセンチピードオルフェノクが死亡退場する。


また、随所に劇場版555を意識した小ネタが見られる。

ラストとなる第11話にはオーガギア、サイガギア、デルタギア、スマートバックルが登場。

この内オーガギアは海東が奪っていった。

劇場版に登場しないデルタギアが混じっているのは、S.I.C HEROSAGA『MASKED RIDER 555 EDITION -ロスト・ワールド-』において、帝王のベルトはデルタギアを元に作られたベルトとして設定されていることを意識したものだろうか。


一見、ファイズと学校は無関係に思われがちだが、スマートブレインハイスクールの元ネタはおそらく流星塾からきているものと思われる。


関連項目

仮面ライダーディケイド 仮面ライダー555 仮面ライダーファイズ ウルフオルフェノク

オートバジン ファイズギア 尾上タクミ 友田由里 ディケイゴ 学パロ


  ブレイドの世界 → ファイズの世界 → アギトの世界

関連記事

親記事

リ・イマジネーションライダー りいまじねーしょんらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3487

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました