ピクシブ百科事典

龍騎の世界

りゅうきのせかい

特撮番組『仮面ライダーディケイド』及びその派生作品に登場するパラレルワールドの一つ。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーディケイド』の第6話・第7話の舞台となった世界
光写真館の背景ロールは「大空を翔るドラグレッダー」。
この世界におけるの役割は弁護士
当時問題になっていた裁判員制度を痛烈に皮肉る内容となっており、恐らく原作と最もかけ離れたリ・イマジネーションライダーワールドである。

7話終盤で辰巳シンジタイムベントのカードを使用し、彼と士、鎌田以外の時間が6話の序盤の出来事まで巻き戻されたため、夏海やユウスケ達からはここでは特に何もせずに次の世界に行くという認識になっている。

原典との差異

本作に登場する仮面ライダーは、選ばれた者なら誰でもなれる。これは原典と同じだが、戦いの目的は「願いを叶える」ことではなく、なんと裁判に勝つために、関係者が鏡の中で戦い合って主張を通す」というものになっている。
事件が発生すると、被害者遺族、被害者の関係者一同、弁護士検事警察官、その他裁判関係者に(恐らく国から)カードデッキが支給される。(ただし辰巳シンジがディケイド本編以降の時間軸である映画MOVIE大戦2010」でもカードデッキを所持しているなど、詳細は不明である)
そしてミラーワールドでド突きあい、最終的な勝者の意見が裁判判決として下される。

“ライダー同士のバトルロワイヤル”という点は変わっていないものの、殺し合いではなく社会システムとしてのライダーとなった。
ミラーモンスターも仮面ライダーの使役する存在としてしか登場せず、市民やライダーがモンスターに食われる事は無い。この作風は、後の仮面ライダー鎧武初期のアーマードライダーとインベスゲームにおけるインベスの関係に近い。

なお、ミラーワールドは仮想世界のようなものであり、そこで倒されてもライダーの変身者はミラーワールドから強制離脱されるだけで死なない。しかしライダーシステムを現実世界に持ち込む事は可能で、現実世界で倒されれば、当然死ぬ。
その為、ライダーシステムを現実世界で使う事は法律で禁じられ、アドベントカードを使っても裁判の対象から外される(失格扱い)となる。

蟹終了のお知らせ


非常にとんでもない制度ではあるが、ライダーバトルで負けても裁判から降ろされる(ミラーワールドから追い出される)だけであり、契約モンスターに裏切られて喰われたり他のライダーに殺されたり時間切れで消滅したり野良モンスターに闇討ちにされたりする原典に比べれば遥かに安全と言えるだろう。
ライダーシステムは原典と大差ないが、他ライダーのアドベントカードを使用することが可能。(原典の場合、使用しても持ち主にしか効果が反映されない)

また、原典には登場しないオリジナルライダーとしてアビソドンと契約した型ライダー・仮面ライダーアビスが登場する。
原作に登場した小規模なWEB雑誌会社「OREジャーナル」は大規模な雑誌会社「ATASHIジャーナル」となっており、シンジやレンなどこの世界における主な登場人物の大半はここに勤務している。

元ネタ?

実は中世ヨーロッパには「決闘裁判」と言うものが実在していた。「神は常に正しい者の味方」の名の下に「決闘で勝ったほうの主張が正しい」と言う理論である。
とは言っても流石に実力差がありすぎると無茶なので(特に男女間の争いの場合は)ハンディキャップがつくこともあった。また貴族などは代理人を立てる事も(当然負けたあとに「代理人が悪い」と言う言い訳は不可能)。
一応は裁判なので裁判所の許可の下、立会人を交えて行われる。またあくまでも「決定的な証拠や証言がない」状況でのみ行われたのであって、決定的な証拠や証言を決闘裁判で覆す、なんて事は不可能。

関連項目

仮面ライダーディケイド 仮面ライダー龍騎 龍騎 
辰巳シンジ 羽黒レン 鎌田
戦わなければ生き残れない!
リ・イマジネーションライダー パラレルワールド
ミラクルワールド:微妙に違う

キバの世界 → 龍騎の世界 → ブレイドの世界

関連記事

親記事

リ・イマジネーションライダー りいまじねーしょんらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「龍騎の世界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20318

コメント