ピクシブ百科事典

ネガの世界

ねがのせかい

『仮面ライダーディケイド』に登場する並行世界の一つ。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーディケイド』第20話・21話に登場した世界。

この世界にはベースとなる原作世界は存在せず、光夏海が暮らしていた世界(第1話で怪人軍団攻撃を受けた世界)に比較的近いものになっている。
9つの世界を巡り終えた門矢士はこの世界に来るなり、天才バイオリニスト紅音也から熱烈な歓迎を受け「お前は生きるべき世界を手に入れた」との言葉を掛けられた。
なお、ディケイドこと士を激しく敵視し色々と邪魔をし続けてきた鳴滝も「これからの君には幸せな人生が待っている」と珍しく祝福の言葉を掛けた。そしてその言葉を肯定するかのように、この世界で撮影された写真はこれまでの世界と違い何の歪みも無くちゃんと撮れていた

なお、本エピソードはディケイド最強形態コンプリートフォーム」の初登場エピソードであり、脚本はあの井上敏樹執筆しているため、一部の視聴者からは「キャラの描写が19話以前とは異なりややダーティな部分(通称井上面)が強調されているように見える」との意見もあった。

この世界での士の役割は大富豪。第20話にて偶然入ったレストランで1万人目の来客者となり、そのレストランの先代オーナーが遺した遺言により100億円を手に入れ突然士は大富豪となったのだった。

しかし、光写真館の背景ロールは「爆炎から逃げ惑う人々」という不吉なだった(ここは1話の状況の再現で、これで夏海の世界と錯覚させた)。
更に士は上記の1万人目の座を射止めた事を初め、第21話でいきなりスカウトされ短期間で大スターに登り詰める等不自然な程次々と幸運な出来事に出くわしている。
このように一見平和なように見える世界だがどこか不自然な部分が多く見られる等どこか歪んでいて・・・。
 
以降、その正体。ネタバレ注意!







その正体

ネガの世界は、怪人たちの暮らす世界である。
音也は原作と上っ面だけはそっくりなものの、そのは紛れもない怪人のものであり、人間を弾圧し怪人たちを管理するダークライダーたちを統べる仮面ライダーダークキバ人間は本来鎧を纏う資格が無く、変身しただけで瞬時に死に至ってしまう。事実原作で音也は3回変身した後死亡してしまった)として暗躍していた。
 
また、この世界は見かけどおり1話の世界(通称「夏海の世界」)から派生したパラレルワールドであり、この世界にも別の「光夏海」は存在する。しかし夏海の友人たちは既に亡き者にされ、彼らの偽物リュウガオーガダークカブトとして活動していた。
加えて下級ダークライダーとしてオルタナティブも登場している。原典ではオルタナティブも人間だったものの、この世界では人間差別され迫害される存在でしかないため、改造人間異種族擬態である可能性が高い。
 
ちなみに上記の士の不自然なまでの幸運については士にこれ以上旅を続けさせない為では無いかと考えられる。
実際に正体を明かした音也が士に「この世界に留まればあらゆる願いを叶えてやる」といった趣旨の発言をしており、士がネガの世界に留まる事を拒んだ際には容赦なくダークライダー達が彼に襲い掛かった。
更に戦闘が終了した後には、ネガの世界そのものが不都合な真実をもう隠す必要はないと判断したと言わんばかりにそれまで普通の写真であった士の写真の明暗や色が反転しネガの状態に変化してしまった(一部除く)。
士を引き留めようとする音也が、夏海の世界で士をへと送り出した紅渡の父親であり、黒い仮面ライダーキバ・ダークキバである(無論、公式で同一人物とされている渡と違い原作とは別人だが)というのも、ある意味ネガの世界らしい巡り合わせであるとも言える。


関連項目

ダークヒーロー アンチヒーロー ディストピア レイドラグーン
ダークライダー ネガライダー
パラダイス・ロスト仮面ライダー555の劇場版。同じく怪人世界征服成功した世界を描いた作品。オーガは本作が初出。

  響鬼の世界 → ネガの世界 → ディエンドの世界

pixivに投稿された作品 pixivで「ネガの世界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 985

コメント