ピクシブ百科事典

目次[非表示]

KUUGA AGITO RYUKI

戦士
AGITΩ


FAIZ BLADE HIBIKI

555
ブレイド
仮面ライダー響鬼


KABUTO DEN-O KIVA

Full Force
仮面ライダー電王
ウェイクアップ!


FINAL KAMENRIDE DECADE!

通りすがりの・・・



概要

仮面ライダーディケイド最強フォーム
ディケイドライバーのバックルを右腰に移し、ケータッチという専用機器に表示されているクウガからキバまでのライダーズクレストを決められた順番(放送順)でタッチした後、最後に自身のライダーズクレストをタッチし、ベルトの中央につけることで変身する。

特徴的なヒストリーオーナメントは肩から胸にかけて広がる。
キバのエンペラーフォームと同じくディケイド本当の姿という位置付けらしいが、ディケイドの展開と同様にこのフォームの誕生経路についても不明な部分が多く、「ケータッチは誰が開発したのか?」、「何故ネガの世界の宝として存在していたのか?」等、解明されていないフォームである。
又、劇中でコンプリートフォームが「世界の破壊者」と関連する繋がりはない。

最強フォームだけあって戦闘力は非常に高く、その特殊能力(後述)もあって本編では最終回でスーパーアポロガイストに敗北した以外では負け無しの強さを誇った。(ただし、最終回後の映画予告でキバーラの真の姿に苦戦する貴重なシーンがある)
2014年に放送された『ジェネレーション天国』の「三世代変身ヒーローSP」では先に海賊戦隊ゴーカイジャーを紹介したため、ディケイドの紹介の際にはカメンライドではなく後述のライダー召喚がメインでレビューされた。
また、仮面ライダーダークディケイドもこの形態に変身するが、姿形に違いはない。

なお、体を覆うアンダースーツ「ディヴァインスーツSt.」の公式説明文は「邪な者がその姿を眼にすれば身も心も焼き尽くされるであろう王者の用いる闕腋(けってき)の袍(ほう)であり帛(はく)の装束。」とやたら壮大であり、さも強いプレッシャーを放っているような表現をされている…が、今の所そのような能力は使用していない。(ディエンドも同様の説明文になっている。)

スペック

身長199cm
体重102kg
パンチ力12t
キック力16t
ジャンプ力50m
走力100mを4秒


ヒストリーオーナメント

コンプリートフォーム特有の戦闘スーツの装備。所有するライダーカードをそのまま貼り付け、インディアンポーカーよろしく額にも張り付けるという大胆さ。しかも額のカードは自身のものであるため、その額にも自身の顔が描かれたカードがあってその額にも自身の顔が描かれたカードが…と奥まで顔が無限に続く合わせ鏡状態になっている(変身シーンでも映像が額のカードに入り込みながら進んでいくという合わせ鏡のような演出がある)。
このため、「カッコ悪い」「遺影フォーム」と言われることもある。ネット版「スーパーヒーロー大変」でも、ディケイドを目の敵にする鳴滝から「ダサい」と断言されていた。
図鑑フォーム」と呼ばれることもあるが、初登場した第21話のサブタイトルが「歩く完全ライダー図鑑」であったため、こちらの呼称はあながち間違いでない。もちろんカッコ悪いという意見ばかりではなく、「これはこれで斬新でいい」「姿はアレかもしれないけど活躍を観れば普通にカッコいい」という意見も確かに存在する。
一応、仮面ライダーブレイドにもキングフォームという所有するカードを全身に貼り付ける「前例」があった。
実際製作スタッフ側でもこのデザインには否定的な意見があったようだが、物議をかもすほど強烈なインパクトを残す事を重視した結果こうなったようだ。

能力

当時の最強フォームとしては珍しく専用武器が存在しないが、クウガ~キバまでの9人のライダーの「最終」フォームを召喚し、同時攻撃する必殺技を持つ。

  1. 使いたい必殺技を持つ仮面ライダーのシンボルを押す。対応するライダー名が電子音声で流れる「例:KUUGA!」
  2. Fのロゴを押す。電子音声が流れる。「例:KAMEN RIDE ULTIMATE」
  3. ディケイドと動きがシンクロする最終フォームライダーの分身が生成される。
  4. 胸と肩に展示されてあるカードの絵柄が選んだライダーに揃う。
  5. ディケイドライバーに、分身ライダーに対応する「FINAL ATTACK RIDE」のカードを挿入。
  6. 最後にディケイドライバーを叩きカードを読み取る。(ケータッチのアイコンに存在しないライダーはこの工程のみで発動している)
これによって必殺技を繰り出す。ちなみにディケイド側のエフェクトは元のライダーの物をマゼンタ色に加工したかのような演出になっている他、武器を使う必殺技の場合はライドブッカーで代用する。

『HEROSAGA』版では、召喚した個体を自在に戦わせることもできる描写もあるが、本編でも使えたのかは不明。

余談だが、作中では披露しなかったが召喚したライダーの持つ特殊能力を自身に体現させて同等に使いこなすことも設定上は可能らしい。

使用した能力

召喚したライダー発動した能力備考
クウガアルティメットフォームアルティメットキック/パイロキネシスアタックライド『てれびくん』で召喚。後者はバトライド・ウォーシリーズでの必殺技。
アギトシャイニングフォームシャイニングクラッシュ/シャイニングライダーキック前者は衝撃波を放つ。後者はアタックライド『てれびくん』で発動。
龍騎サバイブバーニングセイバーツバイバーニングセイバー表記。元々はテレビマガジンで掲載されていた設定のみの技。炎の衝撃波を放つタイプと、すれ違いざまに切り裂く2バージョンが存在。
ファイズブラスターフォームフォトンバスター/フォトンブレイカー黄金のフォトンブラッド弾ではなく、極太の赤いビームを薙ぎ払うようにして放つ。ライドブッカーソードモードで発動。後者はアタックライド『てれびくん』で発動。
ブレイドキングフォームロイヤルストレートフラッシュ突進しての斬撃やビームではなく、地を這う衝撃波を放つ。
装甲響鬼鬼神覚声カマイタチに対して使用したバージョンを発動。アタックライド『てれびくん』ではヨブコに使用したバージョンが発動した。また、14の火球を切り払って防御にも使用した。
カブトハイパーフォームハイパーライダーキック/マキシマムハイパーサイクロン後者はライドブッカーソードモードで使用。カブトのカブテクターは展開しない。
電王ライナーフォームデンカメンスラッシュほぼ原作に近い。ただし、敵には命中せず。
キバエンペラーフォームファイナルザンバット斬三日月型の衝撃波を放つ。ポンプアクションは無し。
シンケンレッド烈火大斬刀&ディケイドエッジアタックライドで発動。ディケイドエッジはシンケンレッドが使用した。
アマゾンスーパー大切断ファイナルアタックライドアマゾンで発動、なお、必殺技はアマゾン一人が担当。
ディエンドディメンションシュートディエンドのカメンライドカードで発動。厳密には召喚というよりは協力技、近くにいたディエンドと共に放った。


単体での必殺技

  • 強化ディメンションキック

最終話で使用。カードをくぐり抜けない飛び蹴りとして放った。
クライマックスヒーローズでは発動の際に手元からカードが消えて自動でドライバーに装填、ライダークレストを潜り抜けてキックを発動するという演出になっている。

  • ディケイドアンリミテッド
ガンバライドで使用。
ディケイドライバーからカードで構成された黄金のリングが具現化し、中を潜り抜けてディメンションキックを叩き込む。
命中した相手はリングに封印され、立ち上る光の柱に呑まれて消滅する。

派生形態

コンプリートフォーム ジャンボフォーメーション

オールライダー対大ショッカーで登場した巨大なコンプリートフォーム。ファイナルフォームライドされたディケイドが仮面ライダーJの腰に装着されることで変身を果たす。

コンプリートフォーム(MOVIE大戦2010予告)

仮面ライダーディケイド最終回で放送された、MOVIE大戦2010の予告にのみ登場した姿。ヒストリーオーナメントが全てディケイド コンプリートフォームになっている。能力は不明。

最強コンプリートフォーム

MOVIE大戦2010に登場した所謂劇場版限定フォーム。後に仮面ライダーウィザード最終回にも登場。ヒストリーオーナメントがクウガ〜キバの最強フォームに変化している(劇場版とウィザード版では若干カードが異なる)。

コンプリートフォーム(オールライダー対しにがみ博士)

ネットムービー『仮面ライダーディケイド オールライダー対しにがみ博士』で登場。
正式名称は不明だが、ヒストリーオーメントに1号〜スーパー1の昭和ライダーのカードが並んでいるため「昭和コンプリートフォーム」と呼ばれている。
一瞬変身したのみなのでどのような能力を持つかは不明。変身した際は後ろに昭和ライダー達の姿が浮かび上がった。

コンプリートフォーム21

RIDER_TIME_ジオウVSディケイドに登場する新たなコンプリートフォーム。「ケータッチ21」を使用する。
平成二期ライダーに加え、令和ライダーであるゼロツーのカード、更には2号ライダーのカードまで付属した姿となっている。

仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム

これがボクのお宝さ


劇場版『超・電王トリロジー EPISODE YELLOW』で登場した、仮面ライダーディエンドのコンプリートフォーム。
詳細はコンプリートフォーム(ディエンド)の項目を参照。

余談

とにかくインパクト重視のデザインになった結果、フィギュア化しようとするとヒストリーオーナメントをフルカラーで再現する事が難しいという弊害が生まれてしまっている。このため、放送中に発売された「ファイナルフォームライドシリーズ」や、S.H.Figuartsではシールを使う事で再現する形を取っている。似たような事は後にグランドジオウでも発生した。

関連タグ

チートライダー 最強フォーム 最終フォーム

平成魂:こちらも歴代平成ライダーの力を集めた形態。ちなみに昭和版も存在する。

グランドジオウ:他のライダーの召喚というコンプリートフォームと似た能力を持つフォーム。こちらは
・過去の作品の場面を切り取る形による召喚
・召喚可能範囲は全フォーム
・ライダーの武器単体での召喚が可能
・複数のライダーの同時召喚が可能
といった相違点がある。

ゴーカイシルバー ゴールドモード:同じく各歴代戦士の面が貼り付いた強化形態。

ウルトラマンギンガストリウムウルトラマンギンガビクトリーウルトラシリーズにおける類似の形態(特に後者は歴代平成シリーズの戦士の力を持つという点も同じ)。歴代戦士の必殺技発動演出も似ている。


エンペラーフォームコンプリートフォームサイクロンジョーカーエクストリーム

関連記事

親記事

ディケイド でぃけいど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コンプリートフォーム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コンプリートフォーム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 736339

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました