ピクシブ百科事典

コンプリートフォーム

こんぷりーとふぉーむ

ディケイド・ディエンドの強化フォーム
目次[非表示]

概要(共通)

仮面ライダーディケイド仮面ライダーディエンド最強フォーム
ケータッチという専用機器に表示されているライダーズクレストを決められた順番でタッチした後、自身のライダーズクレストをタッチし、ベルトの中央につけることで変身する。

ヒストリーオーナメント

コンプリートフォーム特有の戦闘スーツの装備。所有するカードをそのまま貼り付け、インディアンポーカーよろしく眉間にもカードを張り付けるという大胆さから、「カッコ悪いwww」「遺影フォーム」と言われることもある。ネット版「スーパーヒーロー大変」でも、ディケイドを目の敵にする鳴滝から「ダサい」と断言されていた。
図鑑フォーム」と呼ばれることもあるが、初登場した第21話のサブタイトルが「歩く完全ライダー図鑑」であったため、こちらの呼称はあながち間違いでない。もちろんカッコ悪いという意見ばかりではなく、「これはこれで斬新でいい」「姿はアレかもしれないけど活躍を観れば普通にカッコいい」という意見も確かに存在する。仮面ライダーブレイドにもキングフォームという所有するカードを全身に貼り付ける「前例」があったため、差別化を図ってこうなった可能性がある。

ディケイド版

クウガ アギト 龍騎 ファイズ ブレイド 響鬼 カブト 電王 キバ
ファイナルカメンライド ディケイド!

ディケイド コンプリートF


仮面ライダーディケイド最強フォーム
ディケイドライバーのバックルを右腰に移し、クウガからキバまでのライダーズクレストを放送順にタッチしたケータッチをつけて変身する。

特徴的なヒストリーオーナメントは肩から胸にかけて広がる。
キバのエンペラーフォームと同じくディケイド本当の姿という位置付けらしいが、ディケイドの展開と同様にこのフォームの誕生経路についても不明な部分が多く、「ケータッチは誰が開発したのか?」、「何故ネガの世界の宝として存在していたのか?」等、解明されていないフォームである。
又、劇中でコンプリートフォームが「世界の破壊者」と関連する繋がりはない。最強フォームだけあって戦闘力は非常に高く、その特殊能力(後述)もあって本編ではほぼ負け無しの強さを誇った。(ただし、最終回後の映画予告でキバーラの真の姿に苦戦する貴重なシーンがある)
『MOVIE大戦2010』では下記の『ジャンボフォーメーション』に酷似した、ケータッチを使用しない正体不明のコンプリートフォームも存在している。
2014年に放送された『ジェネレーション天国』の「三世代変身ヒーローSP」では先に海賊戦隊ゴーカイジャーを紹介したため、ディケイドの紹介の際にはカメンライドではなく後述のライダー召喚がメインでレビューされた。

スペック

身長199cm
体重102kg
パンチ力12t
キック力16t
ジャンプ力50m
走力100mを4秒


主な能力

ディケイドのコンプリートフォームは、クウガ~キバまでの9人のライダーの「最終」フォームを召喚し、同時攻撃する必殺技を持つ。

  1. 使いたい必殺技を持つ仮面ライダーのシンボルを押す。対応するライダー名が電子音声で流れる「例:KUUGA!」
  2. Fのロゴを押す。電子音声が流れる。「例:KAMEN RIDE ULTIMATE」
  3. 動きがシンクロする最終フォームライダーの分身が生成される。
  4. 胸と肩に展示されてあるカードの絵柄が選んだライダーに揃う。
  5. ディケイドライバーに、分身ライダーに対応する「FINAL ATTACK RIDE」のカードを挿入。
  6. 最後にディケイドライバーを叩きカードを読み取る。
これによって必殺技を繰り出す。

仮面ライダーディケイドコンプリートフォームジャンボフォーメーション

オールライダー対大ショッカーで登場した巨大なコンプリートフォーム。
詳細はジャンボフォーメーションの項目を参照。

最強コンプリートフォーム

MOVIE大戦2010に登場した、劇場版限定フォーム(後に仮面ライダーウィザードの最終回にTVに登場)コンプリートフォームがアップデートを果たした姿。
詳細は最強コンプリートフォームの項目を参照。

昭和コンプリートフォーム

『仮面ライダーディケイド オールライダー対しにがみ博士』で登場。
正式名称は不明だが、ヒストリーオーメントに昭和のライダーのカードが並んでいるためこう呼ばれている。
一瞬変身したのみなのでどのような能力を持つかは不明。

ディエンド版

G4 リュウガ オーガ グレイブ 歌舞鬼 コーカサス アーク スカル
ファイナルカメンライド ディエンド!

これがボクのお宝さ



TVシリーズ、2009年の劇場版では実現しなかったが、2010年の『超・電王トリロジー EPISODE YELLOW』で、ついにディケイド同様のコンプリートフォームが登場した。
ディエンドベルトに、「G4」「リュウガ」「オーガ」「グレイブ」「歌舞鬼」「コーカサス」「アーク」、「スカル」のライダーズクレストを順にタッチしたディエンド専用の青いケータッチをつけて変身する。
いずれも平成ライダーシリーズの劇場版作品で登場したライダーたちである。
なお、電王の映画に登場したにも関わらず、大人の事情なのか電王の映画に登場したライダーのカードは配置されていない。また、劇場版の無いクウガのライダーは当然ながら存在せず、スカルのみ平成二期の仮面ライダーであり、夏映画出典ではない。(今だったらこの人の役割だっただろう。)このためケータッチの各ライダーズクレストは8個しか無く、下段に妙なスペースが空いているのだがご愛嬌。一応ディエンドの胸のヒストリーオーナメントは4列×2段で綺麗に収まっている。
仮面ライダーディケイドがコンプリートフォームは、その見た目から「遺影フォーム」とファンに呼ばれることがあるが、こちらはカードに描かれているライダー全員が故人(スカルは微妙なラインだが)のため、「リアル遺影フォーム」と呼ばれることがある。

そのほか、カードを装填するディケイドライバーと異なり、デイエンドベルトに装着されていたエンブレムはケータッチでの変身の際に消滅する模様。

なお、本編で海東は劇場版ライダーに多く絡んでいる人物で、こうした縁からコンプリートフォームで召喚するライダーが劇場版関連となっているのかもしれない。
ちなみに各劇場版ライダーとの絡みは以下の通り。


スペック

身長201cm
体重107kg
パンチ力14t
キック力10t
ジャンプ力60m
走力100mを3.5秒


コンプリートフォームの能力は、上記8人のライダーを同時召喚し、ディエンドに合わせて一斉に必殺技による全力攻撃を行う事ができる。
「アタックライド:劇場版」
対となるディケイドは、ライダーの最強フォームを一体召喚、もしくは各ライダーと共闘していた場合それぞれを最強フォームに変身させられる事を考えると、非常に対照的と言える。

ちなみにこのフォームを見た(クライマックスフォームの)モモタロス曰く「なんだその格好」。言いたいことはわかるがお前が言うな
また、何故かファイナルアタックライドではなくアタックライド扱いである。
現時点では再登場はしていない。

関連タグ

極アームズ タイプトライドロン コズミックステイツ
ウルトラマンギンガビクトリー ウルトラマンギンガストリウム 平成魂

ディケイド版

仮面ライダーディケイド 仮面ライダークウガ 仮面ライダーアギト 仮面ライダー龍騎 仮面ライダーファイズ 仮面ライダーブレイド 仮面ライダー響鬼 仮面ライダーカブト 仮面ライダー電王 仮面ライダーキバ
最強フォーム

ディエンド版

仮面ライダーディエンド 仮面ライダーG4 仮面ライダーリュウガ 仮面ライダーオーガ 仮面ライダーグレイブ 仮面ライダー歌舞鬼 仮面ライダーコーカサス 仮面ライダーアーク 仮面ライダースカル
劇場版限定フォーム 劇場版限定ライダー

ゴーカイシルバーゴールドモード三代目遺影フォーム(実際死んでる人もいる)

pixivに投稿された作品 pixivで「コンプリートフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 436320

コメント