ピクシブ百科事典

ブラスターフォーム

ぶらすたーふぉーむ

仮面ライダーファイズの最終フォーム。
目次[非表示]

詳細

仮面ライダーファイズファイズブラスターにファイズフォンをセットし、「555」の変身コードを入力することで変身する、ファイズの強化フォームにして最終フォーム。
変身時にはファイズドライバーを再起動させる関係上、「Awakening」の音声が鳴る。

アクセルフォーム程の凄まじいスピードは無いが、能力が全体的にバランス良く向上しており、ファイズよりも高出力であるカイザデルタはおろか帝王のベルトと称されているサイガオーガをも凌駕する戦闘力を発揮する。
身体の赤い部分はファイズエッジのミディアムモードと同じ量のエネルギーが常に放出されているので、並のオルフェノクなら触れるだけで灰化してしまう
つまり、全身が常に必殺技を放出しているようなものである。

だが同時に、変身する者(=オルフェノク)にとっても全身に毒を浴び続けているに等しいため、使用するほどに全身の灰化が加速するという恐るべきリスクも抱えており、当然ながら並のオルフェノクには扱えない文字通り『諸刃の剣』となっている。

上記の通り設定上、毎回このフォームに変身して戦うのは無謀な為、使用回数はTV本編4回・劇場版1回と多くは無いが、ラスボスのアークオルフェノクを除いて殆どの強敵を圧倒している(例:ドラゴンオルフェノクオーガホースオルフェノク激情態など)。

外見

闇を切り裂き光を齎す者


スーツの黒い部分に赤いフォトンブラッドが流れる事で身体のメインカラーが赤色になり、フォトンストリームは逆にブラッドが止まる事で黒く変化する。背中のユニット「フォトン・フィールド・フローター」によって飛行したり、ユニットから両肩に砲身「ブラッディ・キャノン」を展開して遠距離攻撃を行う事も可能。

ファイズブラスター

ブラスターフォームへの変身に使用するトランク型ツール。特定コードの入力によって変身後も背部ユニットの操作に使用される他、大型銃のフォトンバスターモードや大剣型のフォトンブレイカーモードの2形態に変形させる事で武器としても使用できる。

ブラスタークリムゾンスマッシュ

空中を飛行し、上空から急降下してクリムゾンスマッシュを放つ。敵に当たるとフォトンブラッドが渦を巻き、周囲の建造物も破壊してしまう。

フォトンバスター

エクシードチャージしたファイズブラスターから強力なフォトンブラッドの光弾を発射し、巨大なオルフェノクも一撃で灰化させる。

フォトンブレイカー

空中を飛行し、ファイズブラスターからフォトンブラッドの刃を伸ばして敵を一刀両断に切り裂く。その威力はファイズエッジスパークルカットを大きく上回る。初披露時にはオクラオルフェノク電気機関車と共に斬った。電車斬りの元祖?

客演

仮面ライダーディケイド

第21話において登場。「ネガの世界」でのダークライダー戦にてディケイドコンプリートフォームに召喚され、フォトンバスター(何故かビームを発射する技に変更されおり、これ以降も時々この演出が使用される)で仮面ライダーオーガホースオルフェノクではない)を倒した。
完結編では尾上タクミ(大人の事情で変身前のシーンは無し)がディケイドの力で変身。スーパーショッカー最強の怪人・ドラス相手に、龍騎サバイブハイパーカブトと共に砲撃を行い反撃の嚆矢とした。

ハイパーバトルビデオにおいてはディケイドが他の最強ライダー達と共に召喚し、てれびバエくんにフォトンバスターを放った。

仮面ライダーウィザード

魔宝石の世界に召喚されたファイズ(多分巧)が変身し、仮面ライダーブレイドキングフォーム装甲響鬼と共にアマダムにトリプルライダーキックをかました。

仮面ライダー大戦

乾巧が終盤で変身。仮面ライダーX仮面ライダーウィザードインフィニティースタイルと共に変身し、バダン本部要塞に突入。X字斬やドラゴンストライクと同時にフォトンバスターをぶっ放し、メガ・リバースシステムを完全に破壊した。

関連タグ

仮面ライダー555 仮面ライダーファイズ アクセルフォーム ファイズブラスター 乾巧
仮面ライダーカイザ 仮面ライダーデルタ 仮面ライダーオーガ 仮面ライダーサイガ
最強フォーム

備考

ファイズアクセルと併用してアクセルブラスターフォームという究極形態に変身することもできる設定があるのが、この形態に変身すると、変身するオルフェノクに一切関係無く、身体がもたないとのことである。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラスターフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54560

コメント